体の歪みチェック

なんで身体は歪んでしまうの?

身体の歪みは、自分ではなかなか気づかないもの。
でも、多くの場合、歪んでいることがほとんどなのです。

その理由は、さまざま。分かりやすいものであれば、交通事故や怪我などで身体に負荷がかかり歪んでしまうケース。
分かりにくいケースであれば、姿勢の悪さ・鞄を持つクセといった普段の生活そのものが、歪みを生んでしまうのです。

当院ではこの身体の歪みこそが様々な不調の根本原因だと考え、土台となる骨盤や身体を支える首~背中の骨を専門器具を使用して整えることで、多くの患者さまのケアにあたっています。

妊婦さん・産後のママさんの身体が歪みやすい理由とは?

妊婦さんが腰痛に悩まされる理由は、赤ちゃんを産むために靭帯が緩み骨盤が開くため。
妊娠中はリラキシンと呼ばれるホルモンが分泌され、骨盤周辺が緩むようになっているのです。
そのため妊娠中は骨盤が不安定になり、周囲の筋肉にも負荷がかかることで腰痛が起こることに。
さらにはお腹が重くなることで、より腰痛が酷くなってしまうのです。

産後のマタニティケアとしての骨盤矯正は、いまやママさんの間では常識となりつつありますが、産前の骨盤ケアも非常に重要です。
当院に来院された妊婦さんのなかには、「産前に骨盤矯正を行ったから、出産がスムーズだった」とおっしゃる方もいます。
産前のケアを受け入れてくれる接骨院はまだまだ少ないですが、当院では確かな技術でママさんをサポートします。

まずは自宅でセルフチェックを!

ポイントその1: 姿見で肩の高さをチェック

例えば、傾いたビルを想像してみてください。
土台が傾いていれば、おのずと建物自体も傾くはずです。
そしてこれは、ヒトの身体も同じことが言えます。
土台である骨盤が傾いていれば、建物である身体は傾いてしまうのです。

一番判りやすいチェックポイントとしては、肩の高さ。足を揃えて真っ直ぐ立ったとき、肩の高さが左右違うようであれば、あなたの身体は歪んでいると考えられます。

ポイントその2: 真っ直ぐ歩けるかをチェック

普段何気なく行っている「歩く」という行為ですが、きちんと歩き方をチェックしたことのある方は少ないのではないでしょうか。

チェック方法としては、まずは床に基準となる直線を決めます。
そしてその線を踏むように、左右の足を出していつものように歩いてみてください。
ヨタヨタと曲がり上手く歩けないようであれば、身体は歪んでいるといえるでしょう。

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

よの中央接骨院の口コミをもっと見る