院長の気ままブログ

2018.03.24更新

足や腰に痛みを感じる坐骨神経痛。痛みがひどいと眠れなくてとっても辛いですよね。そんな坐骨神経痛の痛みを和らげ、体を楽にしてくれる寝方があるのをご存知ですか?その詳細をご紹介いたします。

<目次>

1.坐骨神経痛は横向きに寝るのがおすすめ

2.坐骨神経痛の方におすすめの寝方

3.仰向け、うつ伏せはNG

4.坐骨神経痛の治療

 

1.坐骨神経痛は横向きに寝るのがおすすめ


http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0026353831-1.jpg
坐骨神経痛にお悩みの方は、横向きに寝るのがおすすめです。なぜ横向きがおすすめなのかというと、痛みのある方の腰や足を上にすることで圧迫感を感じることなく眠りにつけるということ、腰を動かしやすいということの2点がポイントです。腰の曲げ伸ばしが自然にできれば、眠っているときに痛みを感じても痛みが少ない体制に調整しやすいですよね。

2.坐骨神経痛の方におすすめの寝方


http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0110220437-1.jpg
では、横向きといってもどのようにして眠るのがいいのか、さらに詳しくご紹介いたします。
まずは痛みがある方を上向きにすること。上半身は軽く丸めましょう。膝も楽な体制に自然に丸めてください。このとき、膝と膝の間に枕やクッションなどをはさんでおくとより楽に過ごすことができますよ。
赤ちゃんがお腹の中で丸まっているようなイメージで、体が楽な位置を探してみてくださいね。

3.仰向け、うつ伏せはNG



坐骨神経痛の方に仰向けやうつぶせで眠るのはおすすめしません。仰向けになると、腰が伸びきった状態になってしまいます。腰を曲げたり伸ばしたりすることができず、長時間同じ体制を続けなければなりません。背筋が伸びることで坐骨神経も刺激され、痛みがひどくなってしまう可能性もあります。仰向けの方が楽と感じる方は、仰向けになった膝の下に丸めたタオルやクッションなどを敷くことで痛みが軽減されますよ。
また、うつぶせはとくにおすすめできません。うつぶせになると背骨が反るような形になり、負担が大きくなります。顔を横に向けることで背骨をひねることになり、痛みが大きくなってしまう可能性も。どうしてもうつぶせが好き!という場合でない限り、うつぶせで眠るのは控えた方がいいでしょう。

4.坐骨神経痛の治療ならよの中央接骨院へ



夜も眠れないほどの痛みを感じることもある坐骨神経痛。どうしても我慢できない!というときは、よの中央接骨院へご来院ください。一人一人の悩みとじっくり向き合い、あなたに最適な治療方法を提案させていただきます。
口コミでも高評価をいただいており、骨盤矯正や肩こり、腰痛の改善など、様々な施術を行っています。もちろん坐骨神経痛に対する治療も行っておりますので、まずはお気軽にご相談にいらしてくださいね。

banner

 

よの中央接骨院ヘルニア

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.03.16更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/9.jpg
坐骨神経痛とは、坐骨神経が圧迫されることによって腰や足に痛みが生じるというものです。この坐骨神経痛に悩まされている方の中には、原因がわからずお困りの方も多いのではないでしょうか。実は、坐骨神経痛はストレスが原因で引き起こされたり症状がひどくなることもあるんです。坐骨神経痛とストレスの関係性についてチェックしていきましょう。

1.自律神経と坐骨神経痛の関係


坐骨神経痛には自律神経も関係しています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、自分が意識しなくても常に働いています。この自律神経には気分を高めたりリラックスさせたりという働きがあり、バランスが整っていることで健康的な生活を送ることができます。
ストレスを感じるとこの自律神経が乱れ、血流が悪くなったり筋肉が緊張したりといった状態になり、頭痛や肩こり、坐骨神経痛といった症状となって現れるようになります。

2.ストレスで坐骨神経痛が悪化する


ストレスは坐骨神経痛の原因となりますが、自分ではストレスを感じていないと思っている方も多いようです。
しかしストレスを感じるような生活を続けていると、より坐骨神経痛を悪化させてしまう原因になります。
坐骨神経痛は悪化すると歩くのさえ難しいような状態になり、日常生活でもうまく体を動かせないことでストレスを抱えるように。この悪循環も、坐骨神経痛をひどくさせる原因となってしまいます。
坐骨神経痛になってしまっても、焦らずじっくり症状と向き合うことが大切です。

3.ストレスを解消するには?


ストレスによって症状が現れたり悪化してしまう坐骨神経痛。ストレスを解消するためにできることをご紹介します。
まずはゆっくり湯船に浸かること。毎日シャワーだけで済ませているという方は、体がしっかり温まらず筋肉の緊張をほぐすことができません。
湯船に浸かって体をしっかり温めることから始めましょう。筋肉の緊張をほぐす他、血行をよくして辛い腰痛の症状を改善することができます。
好きな香りや目的にあった効能の入浴剤を使用することで、肉体的だけでなく精神的にもリラックスでき、毎日のストレス解消にも役立ちます。
また、人間の体は眠っているときに成長ホルモンを分泌します。成長ホルモンは日中の疲れをとる力もありますので、日頃家事や仕事、人間関係などで疲れているという方はしっかり眠るというのもストレス解消に繋がりますよ。
質のいい眠りのためには薄着をしない、寝心地のいい寝具を用意する、ベッドに入る前に温かい飲み物を飲む、パソコンやスマホをできるだけ触らないようにするなどの工夫もおすすめです。

4.カルシウム不足はストレスの原因に

http://www.yono-chuou-s.com/asset/10.jpg
カルシウムが不足するとイライラしやすくなります。怒りを感じると体は血中のカルシウムを消費しますが、不足している分は骨から補われます。
骨が弱くなるとそれをカバーするために筋肉が余分に働かなくてはならなくなり、筋肉の緊張の原因に。
カルシウムはストレスを緩和させるだけでなく筋肉にも影響を与える大切な成分です。乳製品から摂取したり、苦手な方はサプリメントからもカルシウムを摂取するようにしていきましょう。

まとめ.坐骨神経痛の改善ならよの中央接骨院へ


坐骨神経痛とストレスの関係についてご紹介いたしました。
肉体的な疲労だけが坐骨神経痛の原因ではありません。常日頃ストレスと戦いながらがんばっているという方は、たまには自分の体を労わる工夫もしてみてくださいね。
また、坐骨神経痛の治療には接骨院や整形外科での治療が大切です。さいたま市中央区にお住まいの方は、ぜひよの中央接骨院へご相談ください。坐骨神経痛の治療の他、腰痛などの治療も行っています。

 

 

banner

 

よの中央接骨院ヘルニア

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内 腰痛 産前産後 肩こり頭痛 ひざ痛 坐骨神経痛 アクセス・受付時間 院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る

googlec12817d727eeafd2.html