院長の気ままブログ

2018.01.10更新

腰痛が続いて病院に行くと、椎間板ヘルニアと診断されたというケースは多いです。過去に一度椎間板ヘルニアを経験すると、その後もちょっとしたことで腰痛が再発することも。持病として諦めている方もいるかもしれませんが、正しい治し方を理解しておけば辛い腰痛から開放されるかもしれません。椎間板ヘルニアの治し方についてご紹介いたします。

1.椎間板ヘルニアとは?

 

よの中央接骨院
背骨には、腰を支える5つの腰椎という骨があります。この腰椎が背中を反らせたり正しい位置にするはたらきを担っていますが、年齢を重ねたり無理な衝撃が続くと、腰の反りがなくなり、背中の方に向けてまがったりしてしまいます。
腰椎の間には、腰の動きをサポートしたり衝撃を吸収する椎間板があります。椎間板ヘルニアは、この椎間板が本来あるべき場所から飛び出してしまっている状態のことを言います。
椎間板が飛び出すことによって背骨や腰周りの神経を圧迫し、腰痛の原因になってしまうのです。腰痛の他に、しびれや感覚の麻痺、筋力の低下など、生活していく上で様々な支障をきたすようになります。

2.椎間板ヘルニアの治療に手術は必要?


椎間板ヘルニアと聞くと手術が必要になるのではないかと怖くなってしまう患者さんも多いです。
確かに昔は椎間板を切り取る手術も行われていましたが、現在では手術をせずに治療する保存治療が一般的になっています。
ヘルニアは時間がかかるものの自然に体が吸収してくれると考えられるようになったため、自宅療養や整体院などでの治療でも充分に治すことは可能です。
痛み止めなども処方してもらえるため、痛みがひどい場合は怖がらずに病院へ相談しましょう。

3.椎間板ヘルニアの治し方

よの中央接骨院
では、椎間板ヘルニアの治し方をご紹介いたします。
まずは腰や背中に負担のかかる動きは控えるようにしましょう。スポーツをしている方や肉体労働をしている方は無理をせず安静に過ごすようにしてください。せっかくもとに戻ろうとしていた椎間板にさらに負担をかけることになってしまいます。
腰痛に効くストレッチや運動を行うのも効果的です。自宅で簡単にできるケアがたくさんありますので、自分の体調や痛みと相談しながら、少しずつ腰の負担を取り除くようにしていきましょう。
骨盤矯正ベルトやコルセットなどのアイテムを使って腰痛を軽減する方法もあります。ベルトやコルセットをつけると腰まわりが安定するため、生活もしやすくなるのでおすすめですよ。
しかしストレッチや体を締め付けるベルト、コルセットの着用は、無理をするとかえって体に負担をかけてしまいます。自分のやり方が合っているのか分からない、正しい使い方を教えてほしいという場合は、整体院など、専門家に症状を見てもらい、相談するようにしましょう。

4.椎間板ヘルニアの接骨院での治療法は?


接骨院では、骨盤矯正や背骨の位置を正しい位置に戻す治療を行います。
体の歪みを取ることによって姿勢のバランスがよくなり、血流を改善することができます。腰周りの血行がよくなると筋肉の緊張や疲れも取ることができ、腰痛の改善に効果的です。
椎間板ヘルニアは時間が経てば体に吸収されるものですので、椎間板ヘルニアそのものの治療というわけではありませんが、スムーズに腰痛を改善するためにも整体院での治療はおすすめです。

 

椎間板ヘルニアの治療ならよの中央接骨院


椎間板ヘルニアでお悩みなら、よの中央接骨院へご相談ください。
骨盤矯正や椎間板ヘルニアの治療に定評があり、今まで他の病院での治療に満足できなかったという方にも満足していただいています。薬や湿布など、その場しのぎの治療ではなくしっかり腰痛を治したい、昔患った椎間板ヘルニアの再発を予防したいという方にも当院の治療はおすすめです。

 

ご質問お問い合わせはこちらから!

↓                             ↓

友だち追加

 

バナー

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内アクセス・受付時間院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る