院長の気ままブログ

2018.03.24更新

足や腰に痛みを感じる坐骨神経痛。痛みがひどいと眠れなくてとっても辛いですよね。そんな坐骨神経痛の痛みを和らげ、体を楽にしてくれる寝方があるのをご存知ですか?その詳細をご紹介いたします。

1.坐骨神経痛は横向きに寝るのがおすすめ

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0026353831-1.jpg
坐骨神経痛にお悩みの方は、横向きに寝るのがおすすめです。なぜ横向きがおすすめなのかというと、痛みのある方の腰や足を上にすることで圧迫感を感じることなく眠りにつけるということ、腰を動かしやすいということの2点がポイントです。腰の曲げ伸ばしが自然にできれば、眠っているときに痛みを感じても痛みが少ない体制に調整しやすいですよね。

2.坐骨神経痛の方におすすめの寝方

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0110220437-1.jpg
では、横向きといってもどのようにして眠るのがいいのか、さらに詳しくご紹介いたします。
まずは痛みがある方を上向きにすること。上半身は軽く丸めましょう。膝も楽な体制に自然に丸めてください。このとき、膝と膝の間に枕やクッションなどをはさんでおくとより楽に過ごすことができますよ。
赤ちゃんがお腹の中で丸まっているようなイメージで、体が楽な位置を探してみてくださいね。

3.仰向け、うつ伏せはNG


坐骨神経痛の方に仰向けやうつぶせで眠るのはおすすめしません。仰向けになると、腰が伸びきった状態になってしまいます。腰を曲げたり伸ばしたりすることができず、長時間同じ体制を続けなければなりません。背筋が伸びることで坐骨神経も刺激され、痛みがひどくなってしまう可能性もあります。仰向けの方が楽と感じる方は、仰向けになった膝の下に丸めたタオルやクッションなどを敷くことで痛みが軽減されますよ。
また、うつぶせはとくにおすすめできません。うつぶせになると背骨が反るような形になり、負担が大きくなります。顔を横に向けることで背骨をひねることになり、痛みが大きくなってしまう可能性も。どうしてもうつぶせが好き!という場合でない限り、うつぶせで眠るのは控えた方がいいでしょう。

4.坐骨神経痛の治療ならよの中央接骨院へ


夜も眠れないほどの痛みを感じることもある坐骨神経痛。どうしても我慢できない!というときは、よの中央接骨院へご来院ください。一人一人の悩みとじっくり向き合い、あなたに最適な治療方法を提案させていただきます。
口コミでも高評価をいただいており、骨盤矯正や肩こり、腰痛の改善など、様々な施術を行っています。もちろん坐骨神経痛に対する治療も行っておりますので、まずはお気軽にご相談にいらしてくださいね。

banner

 

よの中央接骨院ヘルニア

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.03.16更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/9.jpg
坐骨神経痛とは、坐骨神経が圧迫されることによって腰や足に痛みが生じるというものです。この坐骨神経痛に悩まされている方の中には、原因がわからずお困りの方も多いのではないでしょうか。実は、坐骨神経痛はストレスが原因で引き起こされたり症状がひどくなることもあるんです。坐骨神経痛とストレスの関係性についてチェックしていきましょう。

1.自律神経と坐骨神経痛の関係


坐骨神経痛には自律神経も関係しています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、自分が意識しなくても常に働いています。この自律神経には気分を高めたりリラックスさせたりという働きがあり、バランスが整っていることで健康的な生活を送ることができます。
ストレスを感じるとこの自律神経が乱れ、血流が悪くなったり筋肉が緊張したりといった状態になり、頭痛や肩こり、坐骨神経痛といった症状となって現れるようになります。

2.ストレスで坐骨神経痛が悪化する


ストレスは坐骨神経痛の原因となりますが、自分ではストレスを感じていないと思っている方も多いようです。
しかしストレスを感じるような生活を続けていると、より坐骨神経痛を悪化させてしまう原因になります。
坐骨神経痛は悪化すると歩くのさえ難しいような状態になり、日常生活でもうまく体を動かせないことでストレスを抱えるように。この悪循環も、坐骨神経痛をひどくさせる原因となってしまいます。
坐骨神経痛になってしまっても、焦らずじっくり症状と向き合うことが大切です。

3.ストレスを解消するには?


ストレスによって症状が現れたり悪化してしまう坐骨神経痛。ストレスを解消するためにできることをご紹介します。
まずはゆっくり湯船に浸かること。毎日シャワーだけで済ませているという方は、体がしっかり温まらず筋肉の緊張をほぐすことができません。
湯船に浸かって体をしっかり温めることから始めましょう。筋肉の緊張をほぐす他、血行をよくして辛い腰痛の症状を改善することができます。
好きな香りや目的にあった効能の入浴剤を使用することで、肉体的だけでなく精神的にもリラックスでき、毎日のストレス解消にも役立ちます。
また、人間の体は眠っているときに成長ホルモンを分泌します。成長ホルモンは日中の疲れをとる力もありますので、日頃家事や仕事、人間関係などで疲れているという方はしっかり眠るというのもストレス解消に繋がりますよ。
質のいい眠りのためには薄着をしない、寝心地のいい寝具を用意する、ベッドに入る前に温かい飲み物を飲む、パソコンやスマホをできるだけ触らないようにするなどの工夫もおすすめです。

4.カルシウム不足はストレスの原因に

http://www.yono-chuou-s.com/asset/10.jpg
カルシウムが不足するとイライラしやすくなります。怒りを感じると体は血中のカルシウムを消費しますが、不足している分は骨から補われます。
骨が弱くなるとそれをカバーするために筋肉が余分に働かなくてはならなくなり、筋肉の緊張の原因に。
カルシウムはストレスを緩和させるだけでなく筋肉にも影響を与える大切な成分です。乳製品から摂取したり、苦手な方はサプリメントからもカルシウムを摂取するようにしていきましょう。

まとめ.坐骨神経痛の改善ならよの中央接骨院へ


坐骨神経痛とストレスの関係についてご紹介いたしました。
肉体的な疲労だけが坐骨神経痛の原因ではありません。常日頃ストレスと戦いながらがんばっているという方は、たまには自分の体を労わる工夫もしてみてくださいね。
また、坐骨神経痛の治療には接骨院や整形外科での治療が大切です。さいたま市中央区にお住まいの方は、ぜひよの中央接骨院へご相談ください。坐骨神経痛の治療の他、腰痛などの治療も行っています。

 

 

banner

 

よの中央接骨院ヘルニア

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.02.02更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/f6cef1cd26b92e3c2ab1665236071583_s.jpg

お尻や足にビリビリとした鋭い痛みが走る坐骨神経痛。一度なってしまうと治るのに時間がかかり、以前のように生活できないことをもどかしく感じてしまいますよね。坐骨神経痛のリハビリにはどのようなものがあるのかをチェックして、少しでも早く嫌な痛みから解放されましょう。

1.坐骨神経痛はどれくらいで治る?


坐骨神経痛はリハビリなど適切な治療を受けることでより早く改善させることができますが、一体どれくらいの期間が必要になるのでしょうか。
なにが原因で坐骨神経痛になってしまったかにもよりますが、椎間板ヘルニアが原因の場合は椎間板ヘルニアが治るまでに2ヶ月から半年、坐骨神経痛の痛みがなくなるまで半年から1年と言われています。
少しでも早く痛みから解放されるためには、接骨院などでの適切な治療が必要不可欠です。

2.坐骨神経痛のリハビリとは?

http://www.yono-chuou-s.com/asset/38aa6a4cdaab1fff9fbb3fec565b4699_s.jpg
坐骨神経痛はちょっと体を動かすのも辛いような痛みがありますが、そこで筋肉を休ませてばかりいると関節や筋肉が硬くなってしまい、より不健康な状態になってしまいます。筋肉が衰えることで治りも遅くなってしまいますので、辛くてもリハビリは行うようにしましょう。
しかし自己流で運動などを行っても余計に症状を悪化させてしまう可能性もあります。きちんとした接骨院や整形外科で、適切な治療を受けましょう。

3-1.坐骨神経痛のリハビリ 運動療法


坐骨神経痛のリハビリとしてメジャーなのが運動療法です。筋肉をほぐし、柔らかくすることで血流を改善し、坐骨神経痛の治りを早くしてくれます。また、痛みの原因を取り除いてくれます。体をほぐし、運動に慣らすことで、日常生活の質をあげることも可能です。

3-2.坐骨神経痛のリハビリ 温熱療法


坐骨神経痛は温めてあげることも大切です。接骨院などでは、痛みのある箇所を温めるというリハビリを行うこともあります。温めることで血管を広げて、症状の改善を目指します。
温熱療法の他にも電気刺激療法を行うところもあります。どのリハビリが自分にあっているのか、専門家と相談して決めていきましょう。

坐骨神経痛の治療なら「よの中央接骨院」


坐骨神経痛でお悩みなら、よの中央接骨院にご相談ください。多くのお客様からお喜びの声をいただいており、腰痛、肩こりから骨盤矯正、交通事故治療、坐骨神経痛の治療など、様々な施術を行っています。患者様一人一人にぴったりの治療法を提案させていただきますので、体の不調を感じたらなんでも相談しにいらしてくださいね。

 

banner

 

 

よの中央接骨院マナー

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.01.10更新

腰痛が続いて病院に行くと、椎間板ヘルニアと診断されたというケースは多いです。過去に一度椎間板ヘルニアを経験すると、その後もちょっとしたことで腰痛が再発することも。持病として諦めている方もいるかもしれませんが、正しい治し方を理解しておけば辛い腰痛から開放されるかもしれません。椎間板ヘルニアの治し方についてご紹介いたします。

1.椎間板ヘルニアとは?

 

よの中央接骨院
背骨には、腰を支える5つの腰椎という骨があります。この腰椎が背中を反らせたり正しい位置にするはたらきを担っていますが、年齢を重ねたり無理な衝撃が続くと、腰の反りがなくなり、背中の方に向けてまがったりしてしまいます。
腰椎の間には、腰の動きをサポートしたり衝撃を吸収する椎間板があります。椎間板ヘルニアは、この椎間板が本来あるべき場所から飛び出してしまっている状態のことを言います。
椎間板が飛び出すことによって背骨や腰周りの神経を圧迫し、腰痛の原因になってしまうのです。腰痛の他に、しびれや感覚の麻痺、筋力の低下など、生活していく上で様々な支障をきたすようになります。

2.椎間板ヘルニアの治療に手術は必要?


椎間板ヘルニアと聞くと手術が必要になるのではないかと怖くなってしまう患者さんも多いです。
確かに昔は椎間板を切り取る手術も行われていましたが、現在では手術をせずに治療する保存治療が一般的になっています。
ヘルニアは時間がかかるものの自然に体が吸収してくれると考えられるようになったため、自宅療養や整体院などでの治療でも充分に治すことは可能です。
痛み止めなども処方してもらえるため、痛みがひどい場合は怖がらずに病院へ相談しましょう。

3.椎間板ヘルニアの治し方

よの中央接骨院
では、椎間板ヘルニアの治し方をご紹介いたします。
まずは腰や背中に負担のかかる動きは控えるようにしましょう。スポーツをしている方や肉体労働をしている方は無理をせず安静に過ごすようにしてください。せっかくもとに戻ろうとしていた椎間板にさらに負担をかけることになってしまいます。
腰痛に効くストレッチや運動を行うのも効果的です。自宅で簡単にできるケアがたくさんありますので、自分の体調や痛みと相談しながら、少しずつ腰の負担を取り除くようにしていきましょう。
骨盤矯正ベルトやコルセットなどのアイテムを使って腰痛を軽減する方法もあります。ベルトやコルセットをつけると腰まわりが安定するため、生活もしやすくなるのでおすすめですよ。
しかしストレッチや体を締め付けるベルト、コルセットの着用は、無理をするとかえって体に負担をかけてしまいます。自分のやり方が合っているのか分からない、正しい使い方を教えてほしいという場合は、整体院など、専門家に症状を見てもらい、相談するようにしましょう。

4.椎間板ヘルニアの接骨院での治療法は?


接骨院では、骨盤矯正や背骨の位置を正しい位置に戻す治療を行います。
体の歪みを取ることによって姿勢のバランスがよくなり、血流を改善することができます。腰周りの血行がよくなると筋肉の緊張や疲れも取ることができ、腰痛の改善に効果的です。
椎間板ヘルニアは時間が経てば体に吸収されるものですので、椎間板ヘルニアそのものの治療というわけではありませんが、スムーズに腰痛を改善するためにも整体院での治療はおすすめです。

 

椎間板ヘルニアの治療ならよの中央接骨院


椎間板ヘルニアでお悩みなら、よの中央接骨院へご相談ください。
骨盤矯正や椎間板ヘルニアの治療に定評があり、今まで他の病院での治療に満足できなかったという方にも満足していただいています。薬や湿布など、その場しのぎの治療ではなくしっかり腰痛を治したい、昔患った椎間板ヘルニアの再発を予防したいという方にも当院の治療はおすすめです。

 

ご質問お問い合わせはこちらから!

↓                             ↓

友だち追加

 

バナー

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2017.07.14更新

さいたま市中央区で骨盤矯正・骨格矯正治療が好評な「よの中央接骨院」です。

 

 

「足の痺れがずっと続いて、病院で検査してもらったら椎間板ヘルニアって言われました。治療は手術しか無いって言われたのですが、何か他に治療はありますか?」

 

椎間板ヘルニア 

 1.病院で椎間板ヘルニアと診断されて


 

腰痛や足の痺れの原因になると言われる椎間板ヘルニア。結構な数の方が腰痛や痺れで病院に行くと「椎間板ヘルニア」って言われちゃいますよね。でもよくよく見ると、多くの場合が症状とヘルニアが一致しない・・・何故でしょうか?

 2.セカンドオピニオン


長い間左の足の裏からモモの裏側まで痺れがあり腰痛に悩まされている女性。お仕事が主にデスクワーク中心で机に長時間座りパソコンの入力を主にやっている方。かなり前に病院でヘルニアと診断されて治療は受けていたのですが、改善が見られないので当院にいらっしゃいました。症状は年々酷くなる一方だそうです。問診検査を行ったところ、右側の骨盤(仙腸関節)に異常が見受けられました。

 3.ヘルニアに骨盤矯正?


現状で飛び出してしまっている椎間板を元の状態に引っ込めることはできませんが、その骨盤の動きを正常にするような骨盤矯正を行い、症状の改善が見込まれるという事をお伝えしてから施術をスタート。骨盤の動きを良くするのは簡単にいき、その後再検査したところ、先ほどまで訴えていた症状がほぼ感じられなくなったとのこと。最初に来院された時は動くのが非常に辛そうでしたが、施術後にはすっかり何もなかったかの様に動いていました。

「こんなにすぐに楽になるなんてっ!」

走る

今回のパターンはヘルニアに対して直接的な治療をしたのではなく、他の部分に着目して、ヘルニア自体を引き起こした原因にアプローチした結果これだけの変化が出た、ということです。

出ている症状と椎間板ヘルニアの関連性はそれほど高くはなかった可能性がありますね。

いずれにしても、椎間板ヘルニアと診断され慢性腰痛でお困りの方は一度病院以外で診てもらうのも必要かもしれませんね。

もちろんお近くの方、当院にもいらっしゃってくださいね。

   ↓      ↓

バナー


 

よの中接骨院では地域で唯一の「骨盤矯正専用処置台」と「脊柱処置台」があります

 そのため他の病院に行ったけどどうにもならなっかった多くの患者様に支持されています。

 ・脊柱管狭窄症

 ・椎間板ヘルニア

 ・坐骨神経痛

 ・股関節痛

 ・産後の骨盤矯正

 ・後縦靭帯骨化症

 ・手のシビレ

  このような方々が多数来院しています。

 

 当院に来る前はこのような悩みをお持ちでした・・・

 ・足が痺れて夜も眠れない

 ・お尻あたりから足にかけて痺れて長い時間座っていられない

 ・200メートル歩くと腰が痛くて座り込んでしまう

 ・下に落ちた物が拾えない

 ・自分で普通に靴下が履けない

 ・痛みで目が覚める

 ・病院でヘルニア手術って言われたけど手術は嫌だ

 ・痛み止めの薬をずっと飲み続けているけど、そろそろ卒業したい

 あっ!私も当てはまるかも・・・というあなた。

 すぐにご連絡ください。

「シビレや痛みから解放された生活」

に必ず当院が導きます。

 

 

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2017.01.05更新

こんにちは。さいたま市中央区、与野駅前で骨盤矯正、姿勢矯正、整体治療を得意としています「よの中央接骨院」です。

新年あけましておめでとうございます!

いつもブログをご覧になっていただきありがとうございます。

SMAP 事務所サイトで最後のメッセージ公開、感謝の言葉つづる。

感動ですね!

h

今回は椎間板ヘルニアと坐骨神経痛について書かせていただきます。

椎間板ヘルニアとは脊椎と脊椎の間にある椎間板から軟部組織が外の飛び出し、近くの神経を圧迫してシビレや痛みなどの症状を引き起こす、と言われています。

ヘルニアは手術しないと治らないとありますが、手術をすると今出ている様々な症状は一時的に消失する事は多いです。

ただし、その後数ヶ月で症状が再発することも多い。

なぜでしょうか?

椎間板ヘルニア。出ている症状と画像上で通常判断します。

ではどうしてそのような状態になったのか?を考えて対処していかないと、また同じ状態になるのは当然の結果ですよね?

坐骨神経痛も同様に、なぜその状態になったのか?原因を探し出してアプローチしていかないと何度も何度も苦しんでしまうことになります。

当院では今出ている症状を『結果』と捉えて、『原因』を探し出して処置していくことにより、今出ている辛い症状「シビレ」や「痛み」に2度と苦しめられる事のない体づくりを目指す治療をおこなっております。

 

このように症状が出ている部分が絶対悪いわけではなく、その症状を出している原因を根本的なところから改善していく必要があります。

疑問・質問等ありましたら電話かメールでお問い合わせくださいね!

なるべく早く返事をさせていただきます。

 

 

椎間板ヘルニア・坐骨神経痛でぐっすり眠れないあなた!

今すぐによの中央接骨院にご連絡ください!

予約・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

  048−824−3075

  電話で「ブログ見た」とお伝え下さい!

LINEから友達追加 → トーク でも大丈夫です!

友だち追加

 

 d


与野・さいたま新都心・北浦和で整体・交通事故治療ならよの中央接骨院    

    http://www.yono-chuou-s.com

r

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2016.11.15更新

こんにちは。さいたま市中央区、与野駅前で骨盤矯正、姿勢矯正、整体治療を得意としています「よの中央接骨院」です。

z

昨日はハイパームーン(スーパームーン)!あなたは見ることが出来ましたか?

僕のいる日本では残念ながら見ることが出来ませんでした。 

 

今日はヘルニアで手術を勧められた方のお話。

先日、病院でヘルニアのため手術が必要と言われた・・・

「症状は痺れてヒドいけど、手術は怖いからどうしようか・・・」とのことでした。

整形外科クリニックで電気治療中。症状は、腰痛に加え左足にシビレがあり、それが出たり消失したりの繰り返し。

 

ヘルニアでお悩みの方、ヘルニア=手術 ではございません。

 

一度ためしにうつ伏せで寝て、両肘をつき頬杖をしてみてください。出来ますか?出来ませんか?

その姿勢自体辛いものかもしれません。これが出来ない方でも手術回避は可能ですが、できる方でしたら比較的早い段階で改善する可能性があります。

症状が弱かったり、全くなくても早めにご相談ください。

続きはまた明日・・・

 

 

整形外科でヘルニアで手術と言われどうしようか悩んでいるあなた。

 

今すぐによの中央接骨院にご連絡ください!

予約・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

  048−824−3075

  電話で「ブログ見た」とお伝え下さい!

 z

与野・さいたま新都心・北浦和で整体・交通事故治療ならよの中央接骨院             

http://www.yono-chuou-s.com

z

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

よの中央接骨院の口コミをもっと見る