院長の気ままブログ

2018.05.25更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/7-1.jpg
膝の痛みは、運動不足によって悪化しているかもしれません!膝が痛いとつい運動するのも億劫になってしまいますが、そんなときこそ膝が痛むメカニズムに着目して日々の生活に運動を取り入れていきましょう。

 

運動不足が続くと筋力が低下する

運動不足は関節の衰えも招く

軽めの運動やトレーニングを取り入れよう

関節の可動域を改善していこう

接骨院での骨盤矯正もおすすめ

 

 

運動不足が続くと筋力が低下する



膝周りにはいくつもの筋肉があります。中で大腿四頭筋、ハムストリングスは大切な筋肉。この二つが健康だと、膝周辺も安定して痛みが少なく過ごすことができます。
しかしこれらの筋肉は様々なことが原因で衰えていってしまいます。その理由の一つが運動不足。とくに筋トレをしていなくても、歩く、走るなどの動作で筋肉は日々鍛えられています。めったに外出しない、デスクワークばかりしているという方は自然と筋肉を使う機会も減り、筋力が低下してしまいます。
他にも加齢も筋力の低下の原因になります。今まで通り生活をしていても、加齢によって筋力が失われてしまうため、より一層運動は積極的に取り入れる必要があります。
また、質素な食事や栄養バランスの偏った食事を続けることも筋力低下の原因に。タンパク質を多く含む食材を食べることも大切です。

運動不足は関節の衰えも招く


http://www.yono-chuou-s.com/asset/7-2.jpg

運動不足が続くと関節を使う機会も減ってしまいます。関節は使わないでいると柔軟性が失われるようになり、ちょっとした運動でも関節がこすれあって痛みが生じるようになります。
このように関節が痛むことでさらに運動をするのが億劫になるという悪循環も招いてしまいます。
加齢や食生活の偏りの他、ケガなどで長期間膝を使えないような状態になったときも関節が衰えてしまうため、丁寧なリハビリが必要となります。

軽めの運動やトレーニングを取り入れよう



運動不足は膝の痛みにつながります。だからと言って早速運動しよう!と思っても、関節が衰えている状態で運動を始めると余計に膝が痛くなってしまいますよね。
まずは簡単なトレーニングを取り入れて、徐々に膝を強くしていきましょう。
まずは両足を揃えて床に座ります。そしたら、つま先を自分の体の方向に向けて逸らしていきましょう。5秒キープしたら力を抜いて5秒、それを数回繰り返します。膝、太ももの筋肉がしっかり動いていることを確認しながら行ってくださいね。
日々できる運動としては、やはりウォーキングが効果的です。体の左右を均等に鍛えることができますよ。辛くならない程度に、毎日お散歩がてらウォーキングを始めてみましょう。

関節の可動域を改善していこう



筋力を鍛えつつ、関節の柔軟性を高めることも忘れてはいけません。
簡単なストレッチをご紹介します。
まずは椅子に深く腰掛けましょう。そのまま片足を床と平行になるようにまっすぐあげます。足首と床が垂直になるようにピンと立てます。
この状態を数秒キープしたら、反対側も同じように続けましょう。
膝の関節を柔らかくするとともに、太ももの筋肉も鍛えることができますよ。

接骨院での骨盤矯正もおすすめ



骨盤が歪む、硬くなると、体を支える膝の関節にも影響します。長時間歩くのが辛いという方は、骨盤が歪んでいるのが原因かもしれません。
接骨院で骨盤矯正を受ければ、より動きやすく、運動も続けやすくなります。
膝の痛みの原因に根本からアプローチすることも可能ですので、ぜひ骨盤矯正も取り入れてみてくださいね。

骨盤矯正ならよの中央接骨院へ


運動不足によって膝に痛みが生じるメカニズムや、その改善方法をご紹介いたしました。
日頃から運動を取り入れる他、関節を柔らかくするストレッチも大切です。
また、膝の痛みの原因となる骨盤の歪みにもアプローチしていきましょう。
よの中央接骨院には骨盤矯正の経験と実績がたくさんあります。今まで骨盤矯正を受けたことがないという方も、お気軽にご相談ください。

banner

 

 

 

よの中央接骨院膝

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内 腰痛 産前産後 肩こり頭痛 ひざ痛 坐骨神経痛 アクセス・受付時間 院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る

googlec12817d727eeafd2.html