院長の気ままブログ

2018.06.25更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0085038598-1.jpg

最近なんだか頭痛がひどい気がする…というそこのあなた!その原因は、スマホが原因かもしれません。スマホの使いすぎと頭痛には深い関係があります。その関係をチェックして、頭痛が置きにくい生活習慣を身につけていきましょう。

 

目次

 

スマートフォン症候群に要注意

スマホの使いすぎで起こる症状

スマートフォン症候群にならないためには

まとめ

 

スマートフォン症候群に要注意



スマホを使いすぎることによって起こる体の様々な不調のことを「スマートフォン症候群」と呼びます。
スマートフォン症候群の症状をご紹介しますので、あてはまる部分がないかチェックしてみてください。
・肩こりや首のこりを日常的に感じている。
・1日の内1時間以上はスマホを見続けている。
・目の疲れを日常的に感じている。
・猫背の姿勢が身についている。
・頭痛が日常的に起こる。
・肩を真上に上げにくい。
・首を後ろに倒すと痛みを感じる。

あなたはいくつ当てはまりましたか?これ以外にもスマホを持っていないと不安になるといった「スマートフォン依存性」になる人も増えてきており、スマホとは適切な距離をおくことが推奨されています。

スマホの使いすぎで起こる症状



スマホを使いすぎると、まず肩こりがひどくなるようになります。スマホを覗き込むときは頭を前に倒し、顎を突き出すような姿勢になってしまいますよね。この姿勢が長時間続くと首や肩に負担がかかり、それを解消できないままでいると肩こりが引き起こされます。それをそのまま放置することで首の痛みや頭痛にもつながります。
また、スマホの使いすぎによる眼精疲労も心配です。眼精疲労は、長時間集中して細かいものを見ると目の奥の神経が疲弊して疲れ、かすみの症状が出るようになることを言います。スマホのように小さい画面を長時間みたり、スマホのゲームを集中してやりすぎることによって眼精疲労、ドライアイを引き起こし、頭痛にもつながるようになります。
さらにスマホの使いすぎによる巻き肩にも注意が必要です。スマホを見るときはスマホを抱えるように前かがみになりがちですよね。そうすると肩が内側に丸まり、猫背の姿勢が身についてしまいます。この巻き肩を放置していると肩こり、偏頭痛、目の疲れの原因となります。
さらにストレートネックも問題になっています。通常人の首はゆるやかに曲線を描き重たい頭を支えやすいようになっていますが、スマホの使いすぎで首が前のめりの状態が続くと首の曲線がなくなってしまいます。この状態をストレートネックといい、頭を支えにくくなっているため偏頭痛、肩こり、吐き気、めまいなどを引き起こします。ストレートネックは一度なってしまうとリハビリなど本格的な治療が必要となり、なかなか治すことができません。
気づいたときから早めに姿勢を改善していくようにしましょう。

スマートフォン症候群にならないためには


http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0117062292-1.jpg
スマートフォン症候群にならないためには、やはりまずはスマホの使いすぎを防ぐことが先決です。長時間とくに意味もなくだらだらとスマホを見続けてしまうという方は、寝る前1時間はスマホを触らない、移動中はスマホを触らないといったルールを決めてみましょう。
どうしても仕事の都合などで長時間スマホを見る必要があるという場合は姿勢を意識して、首が前のめりになっていないか、猫背になっていないか、スマホと顔の距離が近すぎていないかなどを頻繁にチェックするようにしてください。
スマホを使ったあとは首周りや肩のストレッチを忘れずに。筋肉の緊張をほぐすことで、スマートフォン症候群を防ぐことができますよ。

頭痛にお悩みならよの中央接骨院


原因不明の頭痛にお悩みの方は、スマホの使いすぎなど意外なところに落とし穴があるのかもしれません。よの中央接骨院では、一人一人の頭痛の原因を詳しく調べ、その人に合った治療方法を提案させていただいております。
薬に頼りたくない、根本から頭痛を改善したいという方は、ぜひよの中央接骨院へご相談ください。

 

banner

 

よの中央接骨院院長 蔵楽俊樹

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.06.08更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0096962224-1.jpg

繰り返される頭痛にお悩みではありませんか?頭痛薬を飲んでいるのになかなか改善しないという方は、接骨院へ相談してみましょう。

目次

血流の悪さが頭痛の原因になっているかも

姿勢の悪さも頭痛の原因に

病院では原因がわからないこともある

接骨院での頭痛の治療方法

血流の悪さが頭痛の原因になっているかも



頭痛の原因は様々あり、一人一人によって治療方法が違います。頭痛の中でも血流の悪さが原因であることもあり、このような場合は接骨院での治療が効果的です。血流が悪いと神経が圧迫されて、頭に十分な栄養が行き届かなくなってしまいます。それが頭痛の原因となっているのかもしれません。
このような血流の悪さを改善しないと、いくら頭痛薬を飲んでも根本的な解決にはなりません。

姿勢の悪さも頭痛の原因に



猫背の姿勢が続いている、デスクワークや立ち仕事でつねに同じ姿勢を続けているという場合も頭痛を引き起こしやすくなります。姿勢が悪いと首に負担がかかり、筋肉が緊張してしまいます。筋肉の緊張が続くと血流も悪くなりますし、体もゆがんでしまいます。接骨院で姿勢を改善し、体のゆがみを取ることで長年悩んできた頭痛が解消するかもしれません。

病院では原因がわからないこともある



頭痛に悩み病院に行っても、原因が判明しないということはよくあります。病院で頭痛薬を処方してもらっても、根本的な解決にはならないため、結局同じような痛みが再発してしまいます。
血流の悪さや姿勢が原因で頭痛を引き起こしている場合は、MRIなどでは見つけることができません。異常なしと言われても、整骨院へ相談することでしっかり原因からアプローチすることができますよ。

接骨院での頭痛の治療方法



接骨院では、血流や姿勢を改善する治療を行うことで頭痛にアプローチしていきます。
血流がよくなると脳にも栄養が行き届きやすくなり、老廃物も排出されやすくなります。今まで原因がわからず悩んでいた頭痛も簡単に解消することができるかもしれません。
また、姿勢を矯正したり、体のゆがみを取る治療もあります。正しい姿勢を続けることで頭痛も起きにくくなり、他の肩こりや腰痛などの体の不調も改善することができますよ。

頭痛にお悩みの方はよの中央接骨院へ


http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0077096955-1.jpg
原因不明の頭痛にお悩みの方は、一度よの中央接骨院へご相談ください。血流や姿勢、体のゆがみに対する治療を多く行っていますので、頭痛の改善にも役立たせることができますよ。体のゆがみを取るのは、健康的な生活を続ける上でも大切です。よの中央接骨院は19:30まで開いていますので、お仕事帰りなどにも気軽に立ち寄っていただけます!ぜひご来院ください。

banner

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.06.01更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/4-1.jpeg

頭痛は様々な原因によって引き起こされますが、薬を飲んでもマッサージをしてもなかなか頭痛が治らないという場合、ストレートネックが原因かもしれません。今回は、ストレートネックによって頭痛が引き起こされるメカニズムやその改善方法をご紹介いたします。

 

目次

ストレートネックとは?

ストレートネックと頭痛の関係

ストレートネックによる頭痛を改善する方法

マッサージと接骨院の治療の違い

>まとめ

ストレートネックとは?



ストレートネックは、本来ならS字カーブを描いているはずの首の骨がまっすぐになってしまっている状態のことをいいます。
座っているとき、立っているときにあごが前に突き出しているような姿勢になってしまう方は、ストレートネックの可能性が高いです。ストレートネックは日頃の姿勢の悪さや、長時間同じ姿勢を続けていること、運動不足、加齢などが原因によって引き起こされます。

ストレートネックと頭痛の関係



ストレートネックがなぜ頭痛と関係しているのでしょうか。あごを前に突き出すような姿勢が続くと、後頭部の下にある筋肉が突っ張ったような感じになってしまいます。
この状態が続くと筋肉が緊張します。筋肉は本来なら血液を運ぶポンプのような役割をになっていますが、緊張することでこの機能がうまく働かず、新鮮な血液を送りにくく、また疲労物質を排出しにくくなります。
そのため頭に酸素を送り込むことができなくなり、頭痛を引き起こしてしまうのです。
さらに常に頭痛がすることで心身ともにストレスがかかり、自律神経にも影響を及ぼします。身体の痛みをコントロールする機能が低下し、偏頭痛を引き起こす原因にもなります。

ストレートネックによる頭痛を改善する方法



ストレートネックによる頭痛を改善するには、適度なストレッチが大切です。頭痛と言えばすぐに薬を飲んでしまう方が多いかと思いますが、ストレートネックの場合は筋肉の緊張をほぐす必要があるため薬を飲んでも治らない、また一時的に痛みが緩和されてもすぐに痛みがぶりかえすようになってしまいます。
首周辺を優しく動かし、筋肉の緊張を取り除いていきましょう。
また、首の骨は背中、腰にまでつながっています。首だけでなく、背筋を反らせたり、腰を動かす、悪い姿勢をとらないといった日々の工夫も、頭痛解消には大切ですよ。

マッサージと接骨院の治療の違い



頭痛を改善するためには頭痛薬だけではなく、ストレートネックにアプローチする治療も必要です。すぐに思いつくのはマッサージかもしれませんね。
しかしマッサージは一時的に筋肉を伸ばして痛みをマシにしてくれるもの。ストレートネックのように、複雑な要因によって引き起こされる頭痛の直接的な改善には効果はありません。また、あまり知識のないマッサージ師にあたるとかえって首の筋肉を痛めてしまい、頭痛をひどくさせてしまう可能性も考えられます。
そのため、接骨院などで筋肉や首の骨に働きかける治療を行う必要があります。
筋肉や骨の仕組みに詳しい接骨院のスタッフに相談することで、無理に首を痛めることなく治療を行うことができますよ。
ストレートネックを根本から治療して頭痛を起きにくくしたいという方は、接骨院での治療も考えてみてくださいね。

まとめ:ストレートネックによる頭痛の治療ならよの中央接骨院


http://www.yono-chuou-s.com/asset/4-jpg
よの中央接骨院では、ストレートネックの治療も行っています。ストレートネックは放置しておくと肩こりだけでなく頭痛、吐き気、めまいなどの症状も引き起こします。
薬や湿布を使っても治らない、マッサージで余計に頭痛がひどくなった、どんなストレッチがいいのか見つけられないという方は、ぜひよの中央接骨院へご相談ください。
一人一人にあった治療方法をご提案いたします。
ストレートネックの他、骨盤の歪み、肩こり、頭痛、首の痛みなど、身体の不調にお悩みの方も、まずはお気軽にご来院くださいませ。

banner

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内 腰痛 産前産後 肩こり頭痛 ひざ痛 坐骨神経痛 アクセス・受付時間 院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る

googlec12817d727eeafd2.html