院長の気ままブログ

2017.12.15更新

一度肩がこるとなかなか痛みが取れず、すぐに肩こりが再発してしまうようになります。肩を揉むなどその場しのぎの方法もありますが、しっかり原因を解明して根本から治し方を見直すようにしてみましょう。

 

1.肩こりの原因

 

1-1.肩こりの原因 筋肉の疲れ

よの中央接骨院
肩こりの原因として考えられるものに、筋肉の疲れがあります。
長時間立ちっぱなしや座りっぱなしなど、肩周りを動かさない姿勢が続くと筋肉が疲労し、凝り固まってしまいます。その結果肩こりの症状が出てしまうのです。

1-2.肩こりの原因  目の疲れ


目の疲れも肩こりの原因になります。パソコンを長時間見続けるお仕事をしているような人は、とくに肩こりになりやすいと言われています。
最近では仕事でパソコンを見続け、プライベートでもスマホを同じ姿勢で長時間見続けている方も多いのではないでしょうか。どんどん肩こりの原因が積み重なってしまうので注意しましょう。

1-3.肩こりの原因  運動不足


筋肉の疲れと似ていますが、運動不足も肩こりの原因になります。肩は重たい頭を支える重要な筋肉や骨がたくさんありますが、使わないでいるとどんどん筋力が衰えて負担が大きくなってしまいます。日頃から適度な運動を行い、肩こりを予防、改善していきましょう。

1-4.肩こりの原因  寒さによるもの


寒いと、体が縮こまって肩をすくめた姿勢になってしまいますよね。肩周りの筋肉が疲れて、肩こりの原因になってしまいます。
また、長時間寒い場所にいると血行も悪くなり、肩周りや首に充分な血液を送ることができなくなります。冷えや血行不良も肩こりの原因となりますので、充分注意しましょう。

1-5.肩こりの原因 自律神経の乱れ


自律神経の乱れも肩こりに影響します。自律神経とは、心や体の健康を維持するために欠かせないもの。活発に活動するときに必要な交感神経、リラックスするときに必要な副交感神経がバランスよくはたらくことで健康な心身でい続けることができますが、ストレスが原因でこのバランスは簡単に崩れてしまいます。
仕事や家事など、現代人はストレスを抱え込みがち。知らず知らずの内に肩こりの原因が積み重なっているかもしれません。

 

2.肩こりセルフケア

 

2-1.肩こりの治し方  適度な運動


肩こりの治し方でもっとも手っ取り早いのは、日常生活に適度な運動を取り入れることです。
いきなり習い事やジム通いなどハードな運動を始める必要はありませんが、ウォーキング、寝る前のストレッチなどで、肩周りの筋肉をほぐすようにしてあげましょう。
両手を組んでまっすぐ上に伸ばしたり、背中で両手を組んで背中をぐっと反らせたりするだけでも肩周りの普段動かさない筋肉を動かすことができます。お仕事の合間にもできるので、日頃から疲れたと感じたらストレッチを行うようにしましょう。

2-2.肩こりの治し方  温める

よの中央接骨院
体の冷えは肩こりの原因になります。冷やさず、温める工夫をしましょう。外出するときは厚手のコートを着たり、マフラーではなく大きめのストールで肩周りもしっかり温めるようにしてください。
自宅でも暖かい格好をして、お風呂にもしっかり浸かり、体の芯から温まることを忘れずに。

2-3.肩こりの治し方  ストレスを溜めない


自律神経の乱れを正すにはストレスを溜めないことが一番です。趣味に没頭したり自宅でリラックスできる環境を作り、しっかり眠るようにしましょう。
適度な運動もストレス発散になりますので、合わせて行うようにしてくださいね。

ひどい肩こりでお悩みならよの中央接骨院


肩こりの原因は様々。一つだけでなく多くの要因が重なって肩こりがひどくなっているケースも考えられます。何が原因で肩こりが治らないのか分からないという方は、ぜひよの中央接骨院へお越し下さい。
肩こりの原因を根本から見つめ、正しい治し方を伝授いたします。

よの中央接骨院院長

 

 ご質問お問い合わせはこちらに登録後お願いします!

↓       ↓

友だち追加

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内アクセス・受付時間院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る