院長の気ままブログ

2018.05.11更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0021808144-1.jpg

腰痛と一口に言っても、その痛みの症状は様々。それぞれに合った改善方法を知ることが大切です。今回は、腰痛を4つのタイプの分類い、それぞれに合ったストレッチをご紹介いたします。腰痛がなかなか治らずにお困りの方はぜひ自分の腰痛のタイプと照らし合わせながら読んでみてください。

 

前かがみになると腰痛が起きるタイプ

腰を反らすと腰痛が起きるタイプ

なにもしていなくても腰痛が起きるタイプ

 

1.前かがみになると腰痛が起きるタイプ



体を前に倒すと腰痛が起きるタイプの方は椎間板ヘルニアの可能性があります。足や腰に痺れるような痛みがある、前かがみになると痛みがあるものの腰を曲げた姿勢でないと痛みがひどくて立っていられない、咳やくしゃみをしたときに腰に痛みが走るというような方も要注意です。
腰痛は高齢者の悩みと考えられがちですが、椎間板ヘルニアは年齢を問わず様々な方に見られる症状です。無理な姿勢を長時間続けている、背骨や骨盤など体が歪んでいる、カルシウムが不足しているといった生活を続けている方は椎間板ヘルニアを引き起こしやすくなっています。

このタイプの改善方法は、ストレッチなどで無理に体を動かさないことが大切。腰にかえって負担がかかり、腰痛をひどくしてしまう可能性が高まります。
まずはいい姿勢を続けられるように意識することから始めましょう。頭は首の真上に、首は背骨の真上に、背骨は骨盤の真上に、と、上から釣り上げられるような感覚を意識することで姿勢を改善することができます。
また、日頃ウォーキングなど軽い運動をして血行を促進させるのも効果的。腰の調子がいい日に、無理せず行うようにしてください。

2.腰を反らすと腰痛が起きるタイプ



背中や腰をぐっと後ろにそらしたときに痛みが起きるタイプの方は、脊柱管狭窄症の可能性があります。
長時間歩くと足、腰が痺れる、痛みが出る。自転車に乗ったり前かがみで歩いたりすると痛みがましになる、尿が出にくかったり我慢しにくくなるという症状が出ることもあります。
脊柱管狭窄症は高齢者によく見られる症状ですが、椎間板ヘルニアが原因で引き起こされることも。また、生まれつき脊柱管が狭い方もこの症状を引き起こしやすくなります。
場合によっては手術になる可能性もあるので、早めに改善できる方法を知っておきましょう。

脊柱管狭窄症の場合は背中を無理にそらさないことが大切です。長時間歩く場合は、反り腰になっていないか確認しつつ、正しい姿勢を心がけるようにしていきましょう。
慢性的に腰痛がある場合は、患部を温めて筋肉の疲れを取ることもおすすめです。その際一緒に簡単なストレッチをするといいですよ。床に座って上半身を前に倒す前屈は脊柱管狭窄症の方におすすめのストレッチ。無理せず、ゆっくり筋を伸ばすような感覚で行いましょう。

3.なにもしていなくても腰痛が起きるタイプ



腰を動かしていなくても慢性的に腰痛があるという方は筋筋膜性腰痛症の可能性があります。だるくて重いような腰痛を常に感じている方、長時間座りっぱなしの姿勢が続いているという方はとくに注意。ぎっくり腰から筋筋膜性腰痛症を引き起こすこともあり、腰痛の中でも多い症状でもあります。

筋筋膜性腰痛症の改善方法としては同じ姿勢を長時間続けないこと、ストレッチで筋肉の疲れや緊張をほぐすことがおすすめです。
仕事中でも1時間に1回は席を立って休むようにしましょう。
ストレッチでは、仰向けに寝転がって両膝を抱えて前後に体を揺らしたり、軽い腹筋運動を行うのも効果的。痛みがひどいときは無理しないようにしてくださいね。

腰痛の改善ならよの中央接骨院


http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0025154975-1.jpg
腰痛のタイプを3種類ご紹介いたしました。自分がどのタイプか分かりましたか?どのタイプなのか分からない、痛みにどんなストレッチが効果的なのか分からないという方はぜひよの中央接骨院へご相談ください。
あなたの腰痛のタイプ別に、しっかり治療を行います!

banner

 

よの中央接骨院腰痛バナー

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内 腰痛 産前産後 肩こり頭痛 ひざ痛 坐骨神経痛 アクセス・受付時間 院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る

googlec12817d727eeafd2.html