院長の気ままブログ

2017.05.17更新

 

「ええっ?そんな動作が腰痛の原因になるの?」

  事前に対策をして腰痛を防ごう!

 

x

 

多くの日本人が一度は悩まされた経験を持つと言われる腰痛。その腰痛も慢性的なものから急性腰痛(いわゆるギックリ腰)内臓疾患が原因になるものまで様々です。しかし腰痛の原因の大半は普段から何気なく行ってしまっている動作、毎日繰り返ししてしまっている動きの中に原因があると言われています。それが腰周辺の筋肉に過剰な負担をかけたり、骨盤の歪みを引き起こしたりしているのです。

腰に負担がかからないように常日頃から気を使っているのに、なかなか腰痛が治らない。

なぜだろう?と悩んだ時には、毎日の何気ない動きの中に今からお話しすることが当てはまってしまっていないか、よく見直してみてください。

 

いつもの何気ない動きが腰痛の原因になっている5つのパターン

 

c

 

 

 

1-1.いつもどちらかの足に体重がかかっている

普段から両方の足に均等に体重がかかっていますか?気がつくといわゆる「やすめ」の姿勢になってしまっていませんか?

片足だけに体重を乗せ続けていると、どうしても片方だけに負担がかかってしまいます。身体が傾いた状態になってしまうので、骨盤より上の上半身をまっすぐにバランスを取ろうとするとどうしても腰周辺に負担がかかってしまいます。

また、不思議と同じ側ばかり常に体重をかけてしまうので、だんだんと骨盤も歪んでしまいます。

1-2.あしを組む

足を組む癖がある人は非常に多いです。確かに見た目はとてもかっこいいのですが、この足組は片方の骨盤のみが上がりっ放しになってしまいます。

左右で時々足を組み替えればいいんぢゃない?って思うかもしれませんが、それだとさらに骨盤を歪ませるだけで、全くよくはありません。

足を組まずないと落ち着かない、足を組まずにいられない、という方はすでに骨盤かなり歪んでしまっている可能性があります。腰の前の出ている部分に手を当てて、鏡の前で見て見てください。高さが違ってしまっているかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

 

1-3.女性に多い横座りや正座

女性に多い横座り。俗にいうお姉さん座りですね 。この座り方も左右でどちらかに決まった方向に足を持っていってしまっている方が多いと思います。

どうしても体が捻られるようになってしまって、骨盤の歪みを進行させるのはもちろんですが、さらに悪いことに背骨の歪みにも大きく影響を与えてしまいます。

片側の膝にも重みが集中しますので、膝の痛みも引き起こしやすくなります。

これも足を組み替えるのと同じで、左右の方向を変えれば平気か?というとそんなことはありません。気をつけましょう。また、正座については、背筋伸ばして姿勢良くできれば良いのですが、どうしても猫背の状態になってしまう方にはオススメできません。猫背は背骨を歪ませる原因のもなりやすいです。当然猫背は腰への負担も増えますので、腰痛もひどくなってしまいます。

1-4.男性に多いあぐら座り

こちらは男性に多いあぐら座り。女性も子育て中で授乳をするときなんかは、お布団の上であぐらになってする方も多いと思います。

このあぐらは、正しい姿勢であればいいのですが、ついつい背中が丸くなってしまいがちです。背中が丸くなってしまうと、背骨が歪んでしまいますし、骨盤にきちんと重さが乗らなくなりますので、腰周辺の筋肉に大きな負担がかかってしまいます。

また下が固い、例えばフローリングの上などでは、骨盤に斜めに負担がかかってしまいますので歪みやすくなってしまいます。

特に女性は冷たい床の上にそのまま座ってしまうと、冷えがひどくなり、腰痛に繋がりやすくなることもあるので気をつけたいところです。

 

1-5.おなじ側で荷物を持つ、肩にかける

気がつくと、荷物をかけている肩がいつも同じ側。荷物を持つ手がいっつも同じってことはありませんか?ショルダーバック(肩掛けバック)を持っているとき、自然と荷物が落ちないように、バックがかかっている側の肩を持ち上げてしまいます。その荷物が重ければ重いほど余計に力が必要で、さらに体はバランスをうまく取ろうとするので、上半身と下半身をつなぐ部分である腰のあたりに大きな負担がかかり、最終的には骨盤や背骨(特に腰椎)の歪みが生じてしまいます。

また、ショルダーバックでちょうど一番重い部分が骨盤周辺に来るものを毎日持つ必要がある方は、骨盤にも直接お大きな負担がかかってしまっているので注意が必要ですね。体全体の歪みの原因になります。

 

腰痛予防・対策

健康的に走れるように!

 

 

2−1. 今すぐできる!2つの腰痛対策方法

2-1-1.ストレッチを意識的に行う

腰痛を予防すいる為にはまず、腰周辺の筋肉に余計な負荷をかけすぎない、そして次に腰周辺の筋肉が固まってしまわないように予防するということです。

長い時間立ちっぱなしや座りっぱなしなどの、同じ姿勢を続けることを極力避けて、ある一定の時間を設定して、その時間が来たら一度中断し、体のストレッチをするようにしましょう。

最低でも一時間に一回は立ち上がったり動いたりする時間を設けた方が安心です。

これで筋肉が固まりすぎて痛くなってしまうという事についてはある程度予防できます。ただし急激に激しい運動をするなどは避けましょう。急激に激しく動くと逆に腰を痛めてしまいますので、なるべくゆっくりと呼吸をして、ゆったりとした動きにとどめましょう。

Ⅱ-1-2.バランスを意識する

荷重の乗り方等のバランス、左右にかかる負荷を極力均等にするように意識しましょう。やすめの姿勢をとらない、足を組まないなど、ほんの少し毎日の習慣を意識すると腰にかかる負担はかなり変わってきます。ぎっくり腰の予防に対しても効果的です。

 

2-2.継続的に腰痛を予防する2つの方法

2-2-1.基本的な筋力をつける

腰痛は筋力の低下によっても起こってしまいます。つまり腹筋背筋など腰周辺の筋肉をしっかり鍛えることにより、ある程度の腰痛は予防可能です。しかしそんなにすぐには筋肉はつきませんし、急激に筋力をつけようと激しい運動をした結果、逆に腰を痛めてしまっては本末転倒。

まず初めはウォーキングから始めるのがいいでしょう。一日40分以上、何も荷物は持たずに、スニーカーを履いてしっかりと歩く時間を作るといいでしょう。インナーマッスルを鍛えるためのエクササイズ、ピラティス等も効果的です。

2-2-2.正しい姿勢で過ごす

立ち方や座り方など、どの動作も骨盤を歪めにくい正しい姿勢というのがあります。もちろん腰痛の原因になると言われる正座にも正しい座り方があり、しっかり正しい座り方を身につければ腰には負担がかかりません。

立つ時にもしっかり両足に均等に体重を乗せて、下っ腹に力を意識して猫背にならないよう正しい立ち方を身につけることによって、腰痛の予防にもなりますし、何よりも見た目が美しくなります。スタイルも良く見えていいことばかりですね。

ただしこのあたりになると、自分流でやると間違えた方法で覚えてしまう危険もあるので、専門家の指導の元、体得することをお勧めします。

 

2-3.整体院で行う腰痛対策2つ

 

問診風景

2-3-1.生活習慣の問題点について指導

腰痛などを引き起こす原因と考えられる、日常繰り返している悪い癖などを改善するために指導を行っていきます。問診や検査をすることにより、その方にとって何が一番腰周辺の負担になっているかを導き出して、そのことについて指摘し、今後どのようにしたら良いのか?などのアドバイスを行います。日常生活での癖は十人十色なので、その人その人にあった指導を直接おこなるのは整体院ならではではないでしょうか?

 

2-3-2.歪みをなおすための骨盤矯正を行う

生活習慣指導だけでは問題を解決できない、腰痛が治らないケースもあります。その原因の一つとして、すでに骨盤が大きく歪んでしまっている、ということも考えられます。骨盤が歪むことにより、その周辺の筋肉や神経などが刺激を受けて、腰に痛みを感じてしまいます。

継続的に腰周辺に負担がかかり続けているので、ほんのちょっとした動き、例えばパッとしゃがんだ瞬間にいきなり激痛に襲われる、いわゆるぎっくり腰のような状態になることもあります。

骨盤の歪みを整えてあげることにより、周辺の筋肉や神経も正しい位置に戻るので、固まって痛みやすくなった筋肉も柔軟性を取り戻して、痛みを生じにくくなります。

 

 

日常動作が原因の腰痛に対する最終的な解決法

 

施術中

 

日常生活動作が原因の腰痛を予防する為には、一番問題となってしまっている、不正な動きを見極めることが重要になってきます。座り方、立ち方、歩き方、全ての動きをチェックする必要があります。

なかなかご自分では分かりくいと思いますので、そのことについては整体師などの専門家に力を借りることをお勧めします。

整体では、同時に骨盤矯正も行うことができます。すでに今までの日常生活動作が起因して骨盤が歪んでしまっている方もいらっしゃいます。その場合、日常生活の悪い癖を改善しただけではなかなか慢性的な腰痛からは抜け出せないかもしれません。

骨盤矯正を行うことにより、腰痛のみに限らず、膝の痛み、背中の痛み、首の痛みや肩こりなども改善することが多々ありますし、事前に予防するという意味でもオススメいたします。

生活習慣の改善と骨盤矯正を同時に行っていくことが、腰痛予防においてはベストであり、改善させる近道でもあるのです。

 

         バナー

 

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2017.05.10更新

さいたま市中央区の腰痛専門治療院「よの中央接骨院」です。

 

h 

腰痛・ひざ痛の方へ

  「しゃがんだ状態から立ち上がる時に膝が痛いんです・・・」

  「正座から立つ時に腰が痛くて大変・・・」

 

 1.腰痛・ひざ痛にはつらい、正座やしゃがむ動き

 多くの膝通や腰痛持ちの方はしゃがんだ状態からの立ち上がり動作や正座からの立ち上がり動作がなかなか出来ない。健康な人にはなんて事ない動作でも、慢性的に痛みを抱えている方には非常に難しい動きになります。

治療家の観点から言えば、骨盤を含む下半身の動き、股関節の動きなど、全ての動きの連携がうまくいってないので、しっかり検査をした上で各関節の連携がうまくいくように施術していけば症状は改善していきます。

ただ、慢性腰痛の方、ひざ痛の方をよくよく観察していると、ある共通点があります。それは身体が前かがみになり、全体の重心が前の方に行きがちだという事です。


 v

 2.各関節の連携

腰も膝もそれぞれが体重を支えつつ動く部分なので、体の重心がどこにあるかで各関節にかかる負荷が変わってきます。重心が適正な位置にあれば、荷重もしっかりかかり体重のみの負荷になりますが、重心の位置が適正なところから外れれば外れるほど、テコの原理が働き、腰や膝の各関節にかかる荷重は2〜3倍になってしまうこともあります。

なので当院ではまず、姿勢指導として「顎をしっかり引いて目線を上に向けてください」となることが多いです。

重心が前に行くのを大幅に改善できるからです。


 

 3.立ち上がる時

しかし、一度膝や腰を痛めた方は恐怖心から正座やしゃがむ動作から立ち上がる動作等の時にどうしても前かがみの姿勢になってしまいます。

理屈では前かがみにならない方がいいのは間違い無いのですが、実践がなかなか難しいです。

そこで一つコツがあります。

太ももの付け根あたりに手を置いて、腕全体を突っ張り棒のような状態にして立ち上げあってみましょう。

手が太ももに置いてあることにより、物理的に体が前かがみになることを防ぎます。また、この状態から立ち上がるには、股関節から腰にかけて後ろに引かれるように立ち上がるようになります。重心が前にいきにくくなるので腰膝に負担がかかりにくくなります。

立ち上がる際に可能な限りアゴを引いておくと尚良いですが、組み合わせてやるとなるとなかなか難しい動きになってしまうので無理はしなくていいですよ。

手を置かなくても股関節から腰を後ろに引きながら立つ癖がついたなら、手はつかなくても大丈夫です。どうしても恐怖心があるうちは手を置いて立つといいでしょう。

ぜひお試しくださいね!

 

 


 

よの中接骨院では地域で唯一の「骨盤矯正専用処置台」と「脊柱処置台」があります

 そのため他の病院に行ったけどどうにもならなっかった多くの患者様に支持されています。

 ・脊柱管狭窄症

 ・椎間板ヘルニア

 ・坐骨神経痛

 ・股関節痛

 ・産後の骨盤矯正

 ・後縦靭帯骨化症

 ・手のシビレ

  このような方々が多数来院しています。

 

 

 当院に来る前はこのような悩みをお持ちでした・・・

 ・足が痺れて夜も眠れない

 ・お尻あたりから足にかけて痺れて長い時間座っていられない

 ・200メートル歩くと腰が痛くて座り込んでしまう

 ・下に落ちた物が拾えない

 ・自分で普通に靴下が履けない

 ・痛みで目が覚める

 ・病院でヘルニア手術って言われたけど手術は嫌だ

 ・痛み止めの薬をずっと飲み続けているけど、そろそろ卒業したい

 

 あっ!私も当てはまるかも・・・というあなた。

 すぐにご連絡ください。

「シビレや痛みから解放された生活」

に必ず当院が導きます。

是非一度当院のホームページを覗いてみてください!

 

 

ご登録いただいた方限定!お役立ち情報やお得な情報ををお届けします。

     ↓   ↓   ↓

友だち追加

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

よの中央接骨院の口コミをもっと見る