院長の気ままブログ

2016.12.26更新

こんにちは。さいたま市中央区、与野駅前で骨盤矯正、姿勢矯正、整体治療を得意としています「よの中央接骨院」です。

第61回有馬記念(GI)。1着はサトノ ダイヤモンド、2着キタサンブラック!

みなさんの予想は当たりましたか?僕は競馬やんないんですけどね!

m

今日はなぜぎっくり腰は再発を繰り返すのか?について書かせていただきます。

ぎっくり腰 

医学的には急性腰椎症や腰椎捻挫と言います。重さのあるものを一気に持ち上げようとした時や、何気なく腰をひねった時に何の前触れもなく急に痛みが出てしまう腰の状態の総称です。

痛みが強い場合全く動けなくなり、とりあえず対症的に痛みをとる治療を行うことが多いです。

対症的に痛みをとる方法として薬を飲んで痛みを和らげる、コルセットを巻き安静にする、などが一般的でしょうか。

ぎっくり腰になる原因はやはり姿勢バランスが崩れ、骨盤及び背骨の歪みによるもので、均衡が崩れてしまうことによる軟組織の破綻と言えます。

なので薬で痛みを止めたり、コルセットを巻いて関節の動きを止めたところで、根本的な原因は何も変わらず、原因をはっきりさせて処置しないことには、ぎっくり腰を繰り返してしまうことになります。

当院ではこのようにぎっくり腰を繰り返している患者様に対して痛みをとるだけではなく、これから先ぎっくり腰を繰り返すことのないように、根本的な原因に対しての治療を行なっています。

 

疑問・質問等ありましたら電話かメールでお問い合わせくださいね!

なるべく早く返事をさせていただきます。

 

 

腰が痛いけど薬はもう飲みたくないあなた!

今すぐによの中央接骨院にご連絡ください!

予約・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

  048−824−3075

  電話で「ブログ見た」とお伝え下さい!

LINEから友達追加 → トーク でも大丈夫です!

友だち追加

z


与野・さいたま新都心・北浦和で整体・交通事故治療ならよの中央接骨院    

    http://www.yono-chuou-s.com

v

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2016.12.21更新

こんにちは。さいたま市中央区、与野駅前で骨盤矯正、姿勢矯正、整体治療を得意としています「よの中央接骨院」です。

z

今月初めから来ている方。

2年前に「ぎっくり腰」症状になり整形外科を受診。レントゲン検査、MRI検査など一通りして特に異常は見当たらす。まあ様子を見ましょうということに。

その時に処方された薬が鎮痛剤「リリカ」。

以来腰痛は未だに改善せず、ずーっと悩んでいたそうです。ただただクスリを飲み続け。2年間も・・・

本日4回目の来院だったのですが、根本的な原因を探し出しアプローチした結果、かなり症状が緩和され喜んでいらっしゃいました。

 

 

以下http://irorio.jp/utopia/20141220/189456/より抜粋

慢性的な腰痛の治療薬として世界中で処方されているプレガバリン。

リリカという名前で日本でも使用されている薬だが、この薬には腰痛の症状を和らげる効果がないことが明らかになった。

プラシーボ効果と大差なし

米ロチェスター大学のJohn Markman博士らによって行われた研究によると、プレガバリンは世界中で腰痛の治療薬として一般的に処方されているものの、実際に痛みを和らげる効果としてはプラシーボ効果による治療と大差がないという。

Markman博士らは腰部脊柱管狭窄症をもつ人にウオーキングマシーンで歩行動作を行ってもらい、プレガバリンを処方されたグループと砂糖でできた薬の”ダミー”を与えられたプラシーボグループとの間で効果の違いを観察。

その結果、プラシーボグループとプレガバリンを与えられたグループの間では痛みの軽減度に大きな違いが見られなかったそうだ。

肝臓への重度の副作用も

プレガバリンは発売当初は帯状疱疹後神経痛のみの適応であったが、その後抹消性神経障害性疼痛、繊維筋痛に伴う疼痛に適応が拡大されている。

だが、近年になって同薬の使用過多による依存や肝臓に関連する重度の副作用の危険性が指摘されている。

 

 

疑問・質問等ありましたら電話かメールでお問い合わせくださいね!

なるべく早く返事をさせていただきます。

 

 

腰が痛いけど薬はもう飲みたくないあなた!

今すぐによの中央接骨院にご連絡ください!

予約・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

  048−824−3075

  電話で「ブログ見た」とお伝え下さい!

l


与野・さいたま新都心・北浦和で整体・交通事故治療ならよの中央接骨院    

    http://www.yono-chuou-s.com

h

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2016.12.14更新

こんにちは。さいたま市中央区、与野駅前で骨盤矯正、姿勢矯正、整体治療を得意としています「よの中央接骨院」です

【今年の漢字】2016年の世相を表す漢字が3回目の『金』に決定!

相変わらず「これじゃないだろ感」でいっぱいですね!誰が決めてんだろ?

Z

昨日の続き・・

腰部脊柱管狭窄症3つのの分類について書きますね。

 

①馬尾神経(脊柱管の中心部分)が圧迫されるタイプ。

両下肢の痺れ感、疼痛、冷感、膀胱直腸障害(排尿障害)などの症状がおきます。

②馬尾神経から分岐後の神経根が圧迫されるタイプ。

臀部(でんぶ)から足にかけての痛みが起きます。

③混合型

馬尾型及び神経根型両方の症状が起きてしまうタイプ。

 

このように3つのタイプに分類できます。しかし腰部脊柱管狭窄症の起こる原因について考えると上記でも説明したように腰椎後屈位になること。

つまりは姿勢バランスが崩れることにより引き起こされるのが腰部脊柱管狭窄症。

この姿勢バランスが崩れる原因は?

そう。

骨盤の歪みと背骨の歪みですね。

この骨盤と背骨の歪みを整えることにより、腰椎後屈位が自然な状態になり結果、痺れ等の症状は消失します。

 

 

 

 

 

 

疑問・質問等ありましたら電話かメールでお問い合わせくださいね!

なるべく早く返事をさせていただきます。

 

腰部脊柱管狭窄症による足の痺れでお困りのあなたっ!

 

今すぐによの中央接骨院にご連絡ください!

予約・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

  048−824−3075

  電話で「ブログ見た」とお伝え下さい!

g


与野・さいたま新都心・北浦和で整体・交通事故治療ならよの中央接骨院    

    http://www.yono-chuou-s.com

h

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2016.12.12更新

こんにちは。さいたま市中央区、与野駅前で骨盤矯正、姿勢矯正、整体治療を得意としています「よの中央接骨院」です。

羽生結弦GPファイナルで史上初の4連覇を達成!

凄いですね!おめでとうございます!

z

多くの方が悩む「腰痛」

今日はその中の一つ

『腰部脊柱管狭窄症』について書かせていただきますね。

腰部脊柱管狭窄症とは加齢など様々な原因で骨や関節・椎間板や靭帯などが肥厚し、結果脊柱管が狭くなることにより神経を圧迫して、血行を阻害し症状が出てくる、とされています。

腰部椎間板ヘルニアと同様に坐骨神経痛症状を引き起こします。

通常、椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は腰椎前屈位によって坐骨神経が引っ張られ症状が悪化する傾向があります。

これに対して脊柱管狭窄症では、腰椎後屈位で狭窄が悪化する。

他の特徴としては、間欠跛行という歩き方をします。

この歩き方は下肢に負荷をかけると次第に下肢の疼痛・痺れ・冷えを感じ、一時休息することにより症状が軽減し、再度運動が可能となること。

 

明日は腰部脊柱管狭窄症の分類について書きますね。

 

 

疑問・質問等ありましたら電話かメールでお問い合わせくださいね!

なるべく早く返事をさせていただきます。

 

腰痛が辛いけど薬に頼りたくない・・・とお悩みのあなた!

 

今すぐによの中央接骨院にご連絡ください!

予約・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

  048−824−3075

  電話で「ブログ見た」とお伝え下さい!

z


与野・さいたま新都心・北浦和で整体・交通事故治療ならよの中央接骨院    

    http://www.yono-chuou-s.com

b

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2016.12.10更新

こんにちは。さいたま市中央区、与野駅前で骨盤矯正、姿勢矯正、整体治療を得意としています「よの中央接骨院」です。

今話題 テレビ朝日の 「相棒」 。

皆さんは見たことがありますか?僕は見たことないのですが。

z

多くの方が悩む「腰痛」

そのためか「こういう体操が腰痛に良い」とか「このステレッチで腰痛が治る!」とか・・・

探すといろいろ出てきますね。腰痛を何とかしたい、その思いはわかります。

しかし、ちょっと待ってください。

「腰痛」と 一言でいってもいろんな種類・原因があります。

・腰椎椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・腰椎分離すべり症

代表的なこれらの他にもまだまだたくさんあります。同じ疾患名でも、その状態になった原因はまったく違うことが多い。例えば「椎間板ヘルニア」になる原因も姿勢バランスの崩れから来ていることが多いですが、なぜ姿勢バランスが崩れたか?はそのひとによって様々。

10代の学生さんと、30〜40代の働き盛りの方、同じ椎間板ヘルニア椎間板ヘルニアという疾患名でも生活習慣がまるっきり違うと、施術の方法もまったく違ってきます。

もちろん、日常生活でのアドバイスや体操等のご指導内容も変わってきます。

それは実際に施術をした上で判断できることでもあります。

 

これらのことから言えることは

実際にあなたに合う腰痛体操やステレッチはあなたの体の状態次第ということです。

「試してガッテ◯!」やネットの情報を鵜呑みにして、腰痛体操やステレッチで何とかしようとした結果、症状をさらに悪化させている方。非常に多いです。

下手な鉄砲数打ちゃ当たるとは言いますが、もっと的確に安全な腰痛対策をされたい方は、一度プロによる判断を仰がれてはいかがでしょうか?

疑問・質問等ありましたら電話かメールでお問い合わせくださいね!

なるべく早く返事をさせていただきます。

 

腰痛が辛いけど薬に頼りたくない・・・とお悩みのあなた!

 

今すぐによの中央接骨院にご連絡ください!

予約・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

  048−824−3075

  電話で「ブログ見た」とお伝え下さい!

z


与野・さいたま新都心・北浦和で整体・交通事故治療ならよの中央接骨院    

    http://www.yono-chuou-s.com

c

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

よの中央接骨院の口コミをもっと見る