院長の気ままブログ

2016.02.23更新

こんにちは。さいたま市中央区で、骨盤矯正・交通事故治療・整体をおこなってます、よの中央接骨院です。

 

多くの場合、反れない腰が慢性腰痛やぎっくり腰の原因になります。

そこで、腰を反れるようにしていくことが、治療の基本になっていきます。

 

でも、そもそもなぜ腰の反りがこんなにも影響してしまうのか?

「そんなに腰を反る瞬間ってあるかなぁ?」と疑問もわいてくるかもしれません。

結論から言ってしまうと、腰を反る場面は日常的に行っている!ことが普通です。

 

立ち上がる、起き上がる、踏ん張る、方向転換をする、といった瞬間的に大きな力が必要な時に腰は反ります。

あらゆる動作の動き始めにはほぼ無意識的に腰の反りが伴うと言っても過言ではありません。

これは、ほとんどの脊椎動物にもみられる動きなので、考えてどうこうする動きではないんですね。

      q

反れない腰というのは、日常生活において普通の動きをするだけで負担が掛かってしまうのです。

それが、ぎっくり腰のように急激に痛くなるか、慢性腰痛のようにしつこく痛いかの違いでしかないないのですね。

 

当院では、反れなくなった腰は治療できます。

当院では、反れなくなったかどうかも鑑別できます。

症状の出ない体、根本改善をご希望の方はご連絡お待ちしております。

 

お問い合わせはこちら  

048−824−3075

 お電話で「ブログを見た」と言っていただけると分かりますやすいです。

 お待ちしております!

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2016.02.16更新

こんにちは。さいたま市中央区で骨盤矯正、交通事故専門治療、整体をおこなっています、よの中央接骨院です。

 

今日は、歪みと痛みの関係についてお話しさせていただきます。

 

よく患者様から、

 

足を組むと骨盤がずれるのですか?

 

骨盤が歪むと腰が痛くなるのですか?

 

歪むとどうなるのですか?

 

という風なご意見をお聞きするので、簡単に説明させていただきます。

 

骨盤や背骨が歪む=痛み、症状ではないです。

    、

そもそも歪みの原因を説明させていただきますと、各関節の動きや筋肉の柔軟性、筋力が低下し、動作に左右差や前後差が出てしまうと、結果、歪みになってしまいます。

 

ですので歪み自体を改善していくには、体の機能(動き)を改善して、歪みにくい体を作っていくしかないのです。

 

ですので、腰痛やその他の症状でお困りの方は、歪みではなく、機能(動き)を改善しないといけなくなります。

 

しかし、動きが悪い状態が続き、体に歪みが生じてしまったら、悪いサイクルに陥り、各関節の可動域が低下してしまうようになります。

 

動きが悪くなる→症状→歪み

 

歪み→動きが悪くなる→症状

 

症状→動きが悪くなる→歪み

 

のような形できっかけはそれぞれですが、このような悪循環に陥ってしまいます。

 

単に歪み→痛みではないということです。

 

さいたま市中央区のよの中央接骨院では、お困りの患者様のきっかけを探り、現在のお体の状態が、動き、歪み、症状のどの部分が正常ではなくなっているかを見極め、施術を行っていきます。

 

しっかりとした矯正を行って、再発しにくいお体を作るために、お困りの方は、さいたま市中央区 よの中央接骨院にご相談ください。

 

 

 

お問い合わせはこちら↓↓↓

  048−824−3075   

  http://www.yono-chuou-s.com

 お電話で「ブログ見た」とお伝えください!

 お待ちしております!

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

よの中央接骨院の口コミをもっと見る