院長の気ままブログ

2018.04.27更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/2509cfdac5bd64d11128b0686d2b5954_s.jpg

出産は女性の人生の中でも大きな節目です。体にも様々な変化が起こり、なかなかついていくことができないと感じる方も多いですよね。とくに産後の骨盤矯正を気にされている方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな産後の骨盤矯正についてお話しいたします。 

 

産後の母体はどうなっている?

産後の骨盤矯正はいつ行うべき?

産後の骨盤矯正はどこで受けられる?

女性の骨盤矯正に特化して接骨院を選ぼう

 

産後の母体はどうなっている?



妊娠中は赤ちゃんが生まれやすくするために、リラキシンというホルモンが分泌されています。これは骨盤まわりの筋肉を緩める力があります。出産後は徐々に分泌もなくなり骨盤ももとの位置に戻ろうと働きますが、出産後数ヶ月は骨盤周りも不安定な状態が続きます。

この時期に適切なケアを行わないと、下半身太りだけでなく尿漏れや腰痛など、様々な不調を起こしやすくなってしまうのです。

産後の骨盤矯正はいつ行うべき?



産後の骨盤矯正を行う時期についてですが、まず、産後すぐに通うのは控えましょう。出産後の母体は自分が思っているよりもかなりのダメージを受けています。無理に骨盤を刺激すると、余計に痛みが出たりする可能性もあるため、産後1ヶ月くらいは安静にするようにしましょう。その後、2ヶ月から半年くらいのあいだで骨盤矯正をスタートさせるのがおすすめです。あまり遅すぎると骨盤がゆがんだ状態で元に戻りにくくなってしまうこともあるため、時間を見つけて骨盤矯正を始めるようにしていきましょう。

産後の骨盤矯正はどこで受けられる?



整形外科やクリニックでは骨盤矯正自体を取り扱っていません。骨盤のゆがみに関する正式な病名はなく、病院では骨盤にアプローチする治療はできないのです。骨盤のゆがみによって腰痛がある場合は腰痛の治療はしてくれますが、骨盤矯正目的で整形外科に行くと少しがっかりしてしまうかもしれません。
骨盤矯正でおすすめなのが接骨院です。接骨院では国家資格を持った専門家が、骨や筋肉の状態を見つつ施術を行ってくれます。しっかりと骨盤のゆがみと向き合いたいという方には、接骨院での治療がおすすめです。
他に似たようなもので整体やカイロプラクティックがありますが、これらは開業するのに特別な資格は必要ありません。そのため施術の技術ややり方もそれぞれで大きく異なり、産後のデリケートな体をかえって痛めてしまう可能性も。不安な方は整体やカイロプラクティックは避けたほうがいいかもしれません。

女性の骨盤矯正に特化して接骨院を選ぼう


 

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0098985458-1.jpg
産後の骨盤矯正には接骨院がおすすめとご紹介しましたが、接骨院ならどこでもいいというわけではありません。接骨院には腰痛や肩こりの改善、交通事故後の治療をメインとしているところもあり、産後の骨盤矯正の知識があまりないという場合もあります。骨盤矯正も得意としている接骨院を選ぶようにしましょう。また、若い女性や妊婦さん、小さなお子様をつれたお母さんでも通いやすいような雰囲気、施術内容であることもチェックしておきたいですね。産前産後はとくにデリケートな時期のため、すでに様々な経験や実績を持っている接骨院を探すようにしましょう。

さいたま市中央区のよの中央接骨院


 


さいたま市中央区にお住まいの方は、ぜひよの中央接骨院へご来院ください。腰痛や肩こり、頭痛といった症状の改善から、骨盤矯正、妊娠中の腰痛の改善、産後の体の不調など、女性の体のことを考えた施術メニューも豊富に取り揃えております。
一人一人の症状や状態をよくカウンセリングし、その人にぴったりなメニューを提案させていただきます。自宅でセルフケアしたり、骨盤矯正体操をしているけどいまいち効果が出ているのかわからない…という方も、ぜひ一度ご相談ください。専門家がしっかりあなたの骨盤の状態をチェックいたします!

banner

 

よの中央接骨院産後骨盤バナー 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.04.13更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/3.jpg

産後は骨盤矯正が大切…という話を聞いたことはありませんか?産後の骨盤矯正はダイエットや腰痛改善など様々なメリットがあります。しかし、接骨院で骨盤矯正を受ける以外にも日常生活で心がけることができるポイントもいくつかあります。今回は、骨盤のためにできる産後の過ごし方についてご紹介いたします。

まずは安静第一!無理に体を動かさない


産後は骨盤が開いて緩んでいる状態です。骨盤だけでなく、体の様々な部分にも大きなダメージを受けています。そんな状態のときに無理に運動や家事を行うのは厳禁!骨盤を歪めたり、開いたままの状態から戻らなくなってしまう可能性があります。
安静にしていれば、骨盤はある程度はもとの位置に戻る力がありますので、産後1ヶ月くらいはそこまで気にやまずに安静に過ごすようにしましょう。
家事や育児も、家族に手伝ってもらうよう声をかけることも大切ですよ。

時間があるなら横になっていよう


骨盤の中には内蔵がたくさん収まっています。立っている状態が続くと重力に従って内蔵が下に降りてきて、骨盤を広げてしまう原因に。
育児や家事の合間に時間があるなら、できるだけ横になっておくことをおすすめします。
仕事などでどうしても日中出歩かなくてはいけない場合は睡眠時間を多めにとるようにするなど、立っている時間を少なくする工夫をしてみてください。

座り方・立ち方にも注意!


デスクワークや立ち仕事を再開するときや、座り方や立ち方にも注意しましょう。
座っているとき足を組む癖がついている方は要注意。骨盤のゆがみを引き起こします。また、足を組んでしまうということは足や腰周りの筋力が落ちているということ。自宅で簡単なストレッチやトレーニングを行い、インナーマッスルを鍛えてあげることもおすすめですよ。
両足をしっかり床につけ、背骨は骨盤の上に乗せるようなイメージで、美しい姿勢で座るようにしましょう。
長時間座りっぱなしだと骨盤に負担を与えてしまうので、定期的に立ち上がって腰周りや背中の筋肉をほぐすこともお忘れなく。
立ち仕事をしている方は、片足に重心をかけないように意識しましょう。猫背や反り腰も骨盤を歪める原因になります。立っているとき、歩いているときも、常に正しい姿勢を意識してください。
また、産後は体の筋力も落ちていて疲れやすい時期です。無理をせず、つらくなったら座る、休むなど体をいたわるようにしてください。

骨盤ベルトの使用は医師に相談しよう!


産後1ヶ月後くらいから骨盤矯正のためのベルトを使用する方が多いかと思いますが、念のため一度医師に相談することをおすすめします。使っていい時期かどうか、正しい使い方などを教えてくれますよ。
骨盤矯正のためのヨガ、体操なども、無理に行う必要はありません。骨盤のためには産後半年以内に始めるのがいいと言われていますが、自分の体調と相談しながらゆっくり始めるようにしてくださいね。
また、接骨院や整体などでの骨盤矯正は、産後の女性の施術も得意としているところに相談することをおすすめします。デリケートな女性の体の扱い方を熟知している先生を選んでくださいね。

女性の骨盤矯正はよの中央接骨院で!

http://www.yono-chuou-s.com/asset/4.jpg

産後の過ごし方は骨盤に大きな影響を与えます。自分の体調を考えながら、無理せずに過ごすよう心がけてくださいね。
よの中央接骨院では、産前産後の女性の骨盤矯正を得意としています。患者さんも女性が多く、小さなお子様を連れてでもご来院いただけるようキッズスペースなども用意しています。
産後の骨盤矯正についてわからないことがあれば、お気軽に相談にいらしてくださいね。

 

banner

 

よの中央接骨院産後骨盤バナー

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.03.31更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/5.jpg

 

骨盤矯正にはダイエット、姿勢の改善、冷え、むくみの改善、産後の体の引き締めなど様々なメリットがあります。接骨院や整体に通わなくても簡単に骨盤矯正ができるアイテムとして人気なのが骨盤矯正ベルト。今回は、そんな骨盤矯正ベルトの正しい使い方や使う時間帯についてご紹介します。

寝ている状態で骨盤矯正ベルトをつけよう


産後は骨盤が開いている状態です。その開いた骨盤の中にたくさんの内蔵が収まっています。立っている状態だと重力に従って内蔵が降りてきてしまいます。その状態で骨盤矯正ベルトをつけると内蔵が締め付けられてしまい体に負担になります。また、子宮に負担を与えてしまう可能性も。
骨盤矯正ベルトをつけるときは、横になった姿勢でつけるようにしましょう。さらに腰にクッションなどを敷いて、骨盤が胸よりも高い位置になるようにしてからつけるのがおすすめです。

締めつけ過ぎには要注意!


早く骨盤をもとの位置に戻したいからと言ってきつく締め付けるのは危険です!骨盤は生理周期や体の状態によって日々微妙に動いています。その動きを骨盤矯正ベルトによってストップさせてしまうことにより、生理周期に乱れが出たり、生理痛や生理前にPMSがひどくなってしまう可能性もあります。
また、骨盤周りの血流が悪くなって冷えやむくみの原因になることも。
とくに産後すぐの体がデリケートな状態のときは、あくまで骨盤の動きをサポートするくらいの力で優しく固定してあげるのがおすすめですよ。

骨盤矯正ベルトを巻く位置に注意


骨盤矯正ベルトは、その位置も重要です。おへその真下、少し出っ張っている恥骨と、足の付け根にある大転子という骨を一直線に結び、その部分を包みこむように巻いていきましょう。
骨盤矯正ベルトはお腹に巻くのではなく、お尻に巻くようなイメージの方が正しいかもしれません。
正しい巻き方がわからない、自分の使い方が合っているか不安という方は、産婦人科の先生や接骨院などで聞いてみましょう。正しい位置や巻き加減などを指導してくれますよ。

自分に合った骨盤矯正ベルトを見つけよう


骨盤矯正ベルトには様々な種類があります。まずは一般的なベルトタイプ。自分で巻き加減を調整でき、妊娠中のお腹を支えるのにも役立ちます。ダイエット目的に効果的なクロス型のベルトなどもあります。
次にガードルタイプ。下着の上から履くだけで骨盤をサポートしてくれるので、巻き方がわからない、難しいのはちょっと…という方にもおすすめです。しかしサイズが合わないとゆるすぎたりきつすぎたりしますので、試着はしっかり行いましょう。
腰痛がひどい、骨盤の開きがとくに気になるという方におすすめなのが仙腸関節ベルトです。骨盤をしっかり固定し、腰痛など体の不調もサポートしてくれます。

骨盤矯正ベルトをつける時間帯は?
骨盤矯正ベルトは1日中つけている必要はありません。日中動き回る方は眠っているあいだだけ、日中安静にしつつも家事などを行う場合は日中だけと使い分けるようにしましょう。1日中骨盤を締めつけすぎているのも、筋力の低下などを招いてしまいますので気をつけてくださいね。

骨盤矯正のご相談はよの中央接骨院へ!

http://www.yono-chuou-s.com/asset/6.jpg

骨盤矯正ベルトの正しい使い方については理解していただけましたか?色々とややこしい印象もありますが、正しい使い方さえマスターすれば骨盤矯正ベルトを使って骨盤を正しい位置に戻すことは可能です。
もし不明点がある、専門家にしっかり骨盤矯正をしてもらいたいという場合は、ぜひよの中央接骨院へご相談ください。産前産後のみならず、ダイエット目的での骨盤矯正のご相談も受け付けております!

banner

 

よの中央接骨院産後骨盤バナー

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.03.02更新

産前産後は骨盤矯正だったり、腰痛や肩こりの改善のためなど、なにかと接骨院に通う必要があります。妊婦さんやお母さんでも通いやすい接骨院の特徴をチェックしておきましょう!

女性のお客さんが多いこと


まずは客層から。女性のお客さんが多いか男性の方が多いのか、ネットの口コミなどからチェックしてみましょう。ネットに口コミがあまり載っていない接骨院の場合は、院の前の雰囲気を確認してみてください。
女性のお客さんが多いということはそれだけスタッフも女性への施術に慣れているはず。接骨院の施術は痛そう、男性に触られるのは抵抗があるという人でも、これなら通いやすいのではないでしょうか。

骨盤矯正のメニューがある


接骨院や様々な場所で骨盤矯正を受けられるようになりましたが、すべての接骨院が骨盤矯正を行ってくれるというわけではありません。事前に行きたい接骨院が骨盤矯正を行っているのか確認してから向かうようにしましょう。
骨盤矯正にどれくらい力を入れているのかも確認しておきたいですね。交通事故治療などをメインに扱っている接骨院よりは、骨盤矯正や女性のダイエット、健康などをサポートしてくれる接骨院を選ぶ方がおすすめです。

産前産後でも施術を受けられる

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0119333222-1.jpg
お腹の大きい妊娠中は腰痛に悩まされる妊婦さんが多いですよね。産後は骨盤矯正や、育児による肩こり、腰痛なども気になります。そんな産前産後の女性のためのメニューがある接骨院を選びましょう!
産前産後の女性の体は大変デリケートなため、施術を断られる可能性もあります。産前産後でも施術してくれるかどうか、事前に一度連絡しておくと安心ですね。

キッズスペースがある


さらに、小さなお子様をお連れの方にはキッズスペースがある接骨院がおすすめです。子供が遊べるような場所があれば、長い待ち時間でも子供が飽きたりぐずったりすることもありません。育児に疲れてしまったお母さんもゆっくり施術を受けることができますね。

産前産後はよの中央接骨院へ!

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0099812509-1.jpg
産前産後の接骨院選びにお悩みの方はよの中央接骨院へ起こしください。女性のためのメニューはもちろん、産前産後の妊婦さん、お母さんのためのメニューも提案させていただきます。キッズスペースが充実しているのもよの中央接骨院の自慢です!
女性のお客様も多く、女性特有の様々なお悩みをサポートしてきました。骨盤矯正、腰痛、肩こり、生理痛など、体の不調がある方はぜひ一度、よの中央接骨院へご相談にいらしてください。

banner

 

よの中央接骨院産後

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.01.06更新

妊娠中体重が増えるのは仕方のないことですが、出産後のダイエットに苦労する女性は多いですよね。なかなか体重や体型がもとに戻らず、妊娠前の服が着れない!とお悩みではありませんか?

実は、産後ダイエットには骨盤矯正が重要な役割を担っている可能性があるのです。今回は、産後ダイエットに骨盤矯正が効果的な理由などをご紹介いたします。

産後のダイエットは成功しにくい

よの中央接骨院
妊娠すると10キロ程度体重が増えるのはよくあること。しかし、出産するとすぐにその体重が落ちるというわけではありません。赤ちゃんの重さや羊水などの重さが減っても、その数値はせいぜい4、5キロ。残りの半分は、自力でダイエットするしかないのです。
しかし産後は育児に追われ、なかなかダイエットをしている時間もありませんよね。妊娠中に食べ過ぎていた方は痩せにくく、また育児の合間に手軽に食べられるパンなどの炭水化物を多く摂取してしまうと、体重が増えてしまうこともあります。
産後は母体に疲労がたまり、筋力も低下している状態。体の筋肉を上手に使うことができず、脂肪となってぷよぷよのお腹になってしまうのです。

産後の骨盤矯正の効果とは

よの中央接骨院
難しいと言われている産後ダイエットですが、骨盤矯正を行うことでスムーズに体重を落とせるかもしれません。
産後開いてしまった骨盤を元の位置に戻すことで内蔵の位置も正しい位置に戻り、ぽっこりお腹を解消することができます。
さらに正しい位置で内蔵がきちんとはたらくことによって基礎代謝も上がり、日常生活やちょっとした運動でも痩せやすい体になります。
骨盤矯正をして正しい姿勢を維持できるようになれば背中や足、お尻の筋肉も上手に使えるようになり、下半身太りの予防にも。筋肉をつけることで脂肪も燃焼しやすくなります。妊娠前の服もするっと着られるようになるかもしれません。
骨盤矯正で行うストレッチではインナーマッスルを鍛えることができます。インナーマッスルを鍛えると健康的な体作りも目指すことができ、運動しやすく、太りにくい体質になることができますよ。

産後の骨盤矯正ダイエットの方法

産後の骨盤矯正ダイエットの方法についてご紹介します。
産後は、母体はかなりダメージを受けており、安静にしている必要があります。そのため、いきなり無理な運動をしたり骨盤矯正ベルトで締め付けたりするのは控えましょう。
産後1ヶ月くらいから、接骨院などで専門家と相談しながら行うことをおすすめします。
自宅では骨盤矯正のためのストレッチが効果的。ストレッチなら自宅で行うことができますし、体に負担もかかりにくいです。普段使わない筋肉も使って、衰えがちな筋力をケアしていくようにしましょう。
また、寝ている時間などを有効活用するために骨盤矯正ベルトを使用するのもおすすめです。産後ダイエット用のものも販売されていますので、体に負担がかかりにくい優しい使い心地のものを選ぶようにしてくださいね。

産後の骨盤矯正ダイエットならよの中央接骨院


産後ダイエットに骨盤矯正を取り入れて、理想のボディラインをゲットしましょう。
自宅でのストレッチや骨盤矯正ベルトで限界を感じる、専門家にしっかり骨盤の状態を見て欲しいという方には、よの中央接骨院への来院をおすすめします。
女性のダイエットや腰痛、産前産後の骨盤矯正などに特化しており、今までに多くの女性から喜びの声をいただいています。
地域密着型で、安心して施術を受けられるように心がけています。接骨院が初めてでどんな治療を受けるのか分からない、他の接骨院や整体で効果を感じられなかったという方でも、お気軽にご相談ください。あなたのお悩みに合わせて、適切な施術を提案させていただきます。

バナー 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2017.12.20更新

産前産後に腰痛でお悩みになる女性は多いです。自分だけかも…と恥ずかしがらずに、適切な治し方をチェックしておきましょう。

妊娠中は腰痛がひどくなる

よの中央接骨院
産前産後の腰痛に悩む女性の多くは、妊娠中から腰痛を患っていたというケースも。
妊娠中はリラキシンというホルモンが分泌され、骨盤や体の靭帯に影響を与えます。
また、子宮が大きくなりお腹も赤ちゃんの成長に合わせて大きくなることで腰椎という腰の骨が反るようになり、背中やお腹、腰周りの筋肉に負荷がかかります。この状態が長時間続き筋肉が疲労、緊張することで、腰痛が起きやすくなってしまうのです。
さらに妊娠中は体重の増加も著しくなります。激しい運動もできないため、筋肉も衰えがちに。そうすると筋肉が急に増加する体重を支えきることができず、腰に強い影響が出て痛みになります。

妊娠中の腰痛の治し方


妊娠中は薬を飲むこともできず、腰痛を治すことを諦めてしまっている女性も多いのではないでしょうか。しかし、妊娠中でも腰痛を改善することは可能です。
妊婦さんでもできるストレッチがありますので、腰周りに効きそうなものをいくつかピックアップして試してみましょう。ヨガのポーズなどは体に負担がかかりにくく、妊婦さんでもできるものが多いですよ。
妊婦さん向けのスイミングやピラティスなどもおすすめです。母体に悪影響が出ないように考えられたメニューが用意されていますので、無理なく続けることができるでしょう。
さらに接骨院、整体院でのケアもできます。マタニティ整体などを受け付けているところへ、気軽に相談してみましょう。普通の整体やマッサージしか行っていないところだと、母体や赤ちゃんに影響が出ることもありますので注意してくださいね。

産後の腰痛の原因

よの中央接骨院
産後の腰痛には様々な原因がありますが、同じくリラキシンというホルモンの影響がまだ出ている可能性があります。
また、産後は骨盤が開き、その後の生活習慣などによってはもとに戻りにくくなったり歪んだ状態になってしまうことも。骨盤が開き、歪んだ状態が続くと腰にも強い影響が出ます。背中や体をしっかり支えることができなくなり、痛みの原因となるのです。
産後は赤ちゃんを抱いたまま生活することも多くなり、実際の体重以上に体に負荷がかかります。夜中の授乳など、精神的、肉体的なストレスも非常に大きいもの。自律神経が乱れると筋肉にも影響が起き、腰痛がひどくなってしまいます。

産後の腰痛の治し方


産後の腰痛は、骨盤矯正を行うことで改善できると考えられています。
開いたり歪んでしまった骨盤を正しい位置に戻すことで、体のバランスを保ちやすくなり、筋肉の緊張や疲れを軽減することができます。
骨盤がきちんとした位置に収まっていると姿勢も美しくなり、腰に余計な負担がかかるのを防いでくれます。
産後の骨盤矯正はストレッチや骨盤矯正ベルトなどの使用がおすすめですが、さらに整体院などでサポートを受けることで、よりスムーズに改善につなげることができますよ。

産前産後の腰痛にはよの中央接骨院!


産前産後の腰痛の原因や治し方についてご紹介いたしました。
さいたま市中央区で腰痛にお悩みの女性は、ぜひよの中央接骨院へお越しください。
一般的な腰痛改善や骨盤矯正の他、マタニティ向けのメニューもご用意しています。産後のデリケートな母体に対応する骨盤矯正も行っていますので、不安な方はぜひご相談ください。
小さなお子様が一緒でも気軽に来院できるような雰囲気や環境作りも心がけていますので、子供を連れて行くのは不安…という方でも安心してご利用していただけますよ。
よの中央接骨院は産前産後の腰痛に悩む女性に寄り添い、少しでも早く解決できるようにサポートしていきたいと考えています。

よの中央接骨院院長

ご質問・お問合せは登録後お願いします!

↓       ↓

友だち追加

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2017.12.12更新

よの中央接骨院

広告やメディア、街中でも、骨盤矯正という単語をよく見かけるようになりました。でも、骨盤矯正って一体何にどんな効果があるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
骨盤矯正にはメリットがたくさんあります。今回は、そんな骨盤矯正をして得られるメリットを5つご紹介いたします。

1.体の冷えを解消して不調を改善


骨盤の位置が正しくないと、血管やリンパが影響を受けて血流が悪くなります。血流が悪いと体の冷えを引き起こします。体の冷えは便秘や下痢、むくみなど、体の様々な不調の原因になります。とくに骨盤には子宮や卵巣など、女性にとって大切な器官が収まっている場所。ひどい生理痛の原因も、体の冷え、骨盤の歪みが影響しているかもしれません。
体が冷えていると妊娠しにくいとも言われていますので、妊活の一環として骨盤矯正を始める女性も多いんですよ。

2.正しい姿勢をキープできる


骨盤が歪んでいると正しい姿勢を維持できなくなり、猫背になってしまいます。さらに猫背を意識して治そうとして無理に胸を張ると腰に負担がかかり、腰痛の原因に。猫背を直し美しい姿勢をゲットしたいなら、骨盤の位置を正しい位置に戻す必要があるのです。
骨盤矯正によって骨盤が正しい位置に収まるようになると、意識しなくても自然と背筋が伸び、正しい姿勢をキープできるようになりますよ。

3.痩せにくい足や背中のダイエットに

よの中央接骨院
ダイエットにも骨盤矯正は効果的です。足や背中の肉がなかなか落ちずにお悩みではありませんか?いくら運動やストレッチをしても、骨盤が歪んでいるとなかなか痩せにくくなってしまいます。
骨盤が歪むと足や背中に負担がかかり、余計な筋肉や脂肪がたくさんついてしまいます。お腹がぽっこり出ているのも、骨盤の歪みによる悪い姿勢が原因だったり、便秘のせいである可能性も。
また、骨盤の歪みによって座り方が崩れると、平らで見栄えの悪いお尻になってしまいます。
骨盤矯正を受ければ姿勢も改善し、足や背中についた余分なお肉もスムーズに落とすことができるでしょう。

4.美肌効果もゲットできる!


さらに骨盤矯正で美肌効果を得ることもできちゃいます!骨盤が歪むと体の一部に負荷がかかり、血流が滞ります。肌表面付近の血管は細く、体内の血液の循環の中でもどうしてもあと周しにされてしまいがち。このように血流が悪いままだと、顔色も悪く、ガサガサで老けた印象のお肌になってしまいます。
骨盤矯正をして血行をよくすることで、体のすみずみまで新鮮な血液を送ることができ、肌色もよくなることでしょう。ツヤツヤの若々しいお肌になれちゃうかもしれませんよ!
また、血行は髪の成長にも影響します。血行をよくして、いつまでも若々しくハリとツヤのある髪もゲットしちゃいましょう!

5.生き生きと活動できるようになる


さらに、生き生きと健康的な生活を送る上でも骨盤が正しい位置にあることは大切です。
余計な場所に負担がかかり筋肉が緊張しているようでは、思うように体を動かすことができません。立ち上がったり、家事をしたりといった一般的な動きはもちろん、とっさのときにも素早く体を動かすときにも、少しの出遅れが命取りになる可能性もあります。
最近なんだか体を動かしにくい、パフォーマンスが悪くなったと感じている方、年齢や体調不良のせいではなく、骨盤の歪みが原因かもしれませんよ。骨盤矯正を受けて、はつらつとした毎日を過ごせるようにしてみましょう。

 

よの中央接骨院院長

 

 


骨盤矯正ならよの中央接骨院
さいたま市中央区で骨盤矯正を受けれる場所をお探しなら、ぜひ中央接骨院へお越し下さい。腰痛、ダイエット、産前産後の不調など、女性の様々な体の不調の原因と向き合い、根本からのケアを目指します。

よの中接骨院では地域で唯一の「骨盤矯正専用処置台」と「脊柱処置台」があります

 そのため他の病院に行ったけどどうにもならなっかった多くの患者様に支持されています。

 ・脊柱管狭窄症

 ・椎間板ヘルニア

 ・坐骨神経痛

 ・股関節痛

 ・産後の骨盤矯正

 ・後縦靭帯骨化症

 ・手のシビレ

  このような方々が多数来院しています。

 

 

 当院に来る前はこのような悩みをお持ちでした・・・

 ・足が痺れて夜も眠れない

 ・お尻あたりから足にかけて痺れて長い時間座っていられない

 ・200メートル歩くと腰が痛くて座り込んでしまう

 ・下に落ちた物が拾えない

 ・自分で普通に靴下が履けない

 ・痛みで目が覚める

 ・病院でヘルニア手術って言われたけど手術は嫌だ

 ・痛み止めの薬をずっと飲み続けているけど、そろそろ卒業したい

 あっ!私も当てはまるかも・・・というあなた。

 すぐにご連絡ください。

「シビレや痛みから解放された生活」

に必ず当院が導きます。

 

ご質問やお問い合わせは友達登録からお願いします!

↓            ↓

 

友だち追加

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2017.12.09更新

妊娠、出産を経験すると女性の骨盤は大きく開き、その後適切なケアをしないと骨盤は開きっぱなしになったり歪んたりしてしまいます。産後の骨盤矯正はメジャーな存在になってきましたが、いつから始めるのがいいのでしょうか?

いつからはじめるべきか、どのような治療法があるのかをまとめてみました。

 

「産後に骨盤矯正をしないとどうなる?」

よの中央接骨院


妊娠、出産で女性の骨盤は大きく開いてしまいます。通常であれば、骨盤はゆっくりと元の位置に戻っていきますが、座り方や姿勢、日常生活など様々な要因が重なり、そのままにしているとなかなか正常な位置に戻ってくれません。
産後に開いた骨盤をそのままにしていると、体のバランスが取りにくくなり足や腰に余計な負荷がかかり、体のラインが崩れる原因になります。
産後は筋力も低下し、脂肪も燃焼しにくくなっているため、そのまま元の体型に戻ることができなくなったり、ダイエットしにくくなるということも。
体重は戻ったものの、妊娠前に着ていた服が入らなくなったとお悩みの女性も多いようです。

1.産後の骨盤矯正にはどのような種類がある?


産後の骨盤矯正は、主に接骨院や整体院で行います。他にも自宅でできる骨盤矯正ストレッチや骨盤ベルト、ガードルなどを利用する方法もあります。
接骨院や整体で治療を受けてもその後何もしていないと効果は一時的なものになってしまいますので、骨盤ベルトなど自宅でてきるケアも合わせて行うことが大切です。

2.産後の骨盤矯正によって得られるメリット


産後に骨盤矯正をすると、体を動かしやすくなり、毎日のパフォーマンスの向上につながります。動きやすくなり適切な運動が行えるようになると筋肉も正しい位置につき、美しいプロポーションを目指すことができます。
さらに血行もよくなりますので基礎代謝アップにつながり、ダイエットしやすい体に。
体の冷えも改善されて女性特有の悩みの解決のサポートにもなります。

3.産後の骨盤矯正はいつから?

よの中央接骨院
では、産後の骨盤矯正はいつから行うのが効果的なのでしょうか。
骨盤の歪みや開きによりデメリットは多く、できるだけ早くケアをしたいとお考えの女性は多いかもしれませんが、産後の体は思っている以上に疲労しているもの。いきなり整体に通ったりベルトで締め付けると余計に負担になってしまいます。
産後1ヶ月くらいは安静にして、その後骨盤矯正をゆっくり始めるようにしていきましょう。
また、産後は初めての育児に戸惑うことも多く、時間があっという間に過ぎ去ってしまいます。しかし骨盤の開きを放置していると、気づいたときにはなかなかもとに戻らない状況になっているかもしれません。出産後、半年以内には骨盤矯正を始めることをおすすめします。
この場合も、自分の体調や体と相談しながらゆっくり進めるようにしてくださいね。
自宅でのストレッチや矯正ベルトで効果があるのか分からないという方は、接骨院などへ相談して専門家に見てもらうことをおすすめします。

産後の骨盤矯正ならよの中央接骨院
さいたま市中央区で産後の骨盤矯正をしている接骨院をお探しなら、ぜひよの中央接骨院をご利用ください。
産前産後の骨盤の開きや、日常生活による骨盤の歪みなどに着目し、丁寧なケアを行っています。
骨盤の開きや歪みをそのままにしていると、若い女性でも腰痛などの症状が出ることも。このような悩みにも対応しているので、多くの女性から人気を集めています。
また、お子様連れでも安心できる配慮をしていますので、産後まもない方の来院も大歓迎。迷惑かも…お年寄りしかいないかも…と気後れせずに、お気軽にお悩みをご相談ください。
産前産後の骨盤のお悩みを解決するお手伝いをいたします。

よの中央接骨院院長

ご質問お問い合わせはお友達登録後に!

↓         ↓

 

友だち追加

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2017.09.29更新

さいたま市の腰痛専門治療院「よの中央接骨院」です。

 

よくあるお問い合わせ

 「産後の骨盤矯正をしたいいんですが、腰痛だけじゃなくて肩こりにも効くんですか?」

 のご質問について書いていきますね!

妊婦さん 

1.産後の骨盤状態は?


  まずは産後の骨盤の状態について。よく聞く産後の骨盤矯正。そもそも本当に産後の骨盤は歪んでいるのか?って話からです。妊娠中10月10日お腹の中に赤ちゃんがいます。当然ながら子宮内の赤ちゃんが大きくなればなるほど、お腹は膨らんでいきますよね?最初は前にせり出ていく訳ですが、やはり前だけでは限界があるので、そのお腹を受けている骨盤は開いていきます。そうすることによって赤ちゃんの成長とともに大きくなっていく子宮のスペースを確保するんですね。大きくなっていく子宮に胃が圧迫されて、いっぺんに食べられる量が減ったり、膀胱が圧迫されておしっこが近くなったりする訳です。

 

2. 開いた骨盤が問題なの?


 

  子宮が大きくなっていくにつれて開いた骨盤が必ずしもいけないか?というとそうではなく、正常な状態で均等に開いていくぶんには全く問題はないのです。赤ちゃんの成長と供に大きくなった子宮を支えている骨盤が開いていく過程で左右の差が生じでしまうことがあります。それが場合によっては色々な問題を引き起こすことがあるのです。

妊娠骨盤矯正 

3.骨盤の左右差?


 そこで、何故正常に骨盤が開いていくママさんとそうではなく、左右差が生じてしまうママさんがいるのかというと、そこには様々な原因が考えられます。妊娠前のクセから足を組んでしまうとか、立って何か家事をしている時、例えばキッチンに立って料理をしている時や洗濯物を干している時など、片足側に体重を載せるクセが極端にある、またはいつも同じ側の肩にバックをかける、いつも同じ側の手で荷物を持つ等、考えられる原因は本当にたくさんあります。大半が妊娠前からの日常生活におけるクセがそのまま出ている感じでしょう。

4.産後骨盤の変化


 産後の骨盤矯正というと、妊娠から出産で崩れてしまった体形を元に戻すというイメージが強いかもしれません。実際に産後骨盤矯正をしている整骨院や整体院などではスタイルアップ、ダイエットなどを売りにしているところが多いですね。

しかし産後のトラブルはスタイルの崩れだけではないのが現状です。腰痛、背中の痛み、股関節の痛み、恥骨痛、首の痛み、肩こりなどなど多岐に渡ります。こうなってくるとスタイル改善だけでは対応できませんよね。

産後の不調というのは産後特有ではありますが妊娠前から元々あった体の歪みなどの異常が妊娠をきっかけに表面化して症状として現れたものもあります。

普段は症状として出ていなくても、妊娠後の女性はホルモンの変化等で体質が変わることもあります。元々持っていた異常に体が耐えられなくなることも考えられます。

妊娠ママ

5.まとめ


 

妊娠出産を契機に歪んでしまった骨盤は早い段階で処置をしておく必要があります。放っておくと慢性的な腰痛や肩こり、股関節痛などを引き起こすことも!ただでさえ産後は子育てに追われてご自身の体のために使える時間がなくなることも考えられます。 ですので妊娠前、妊娠後も骨盤矯正などを専門にやっている整骨院・整体院などでしっかりケアをしておくと何かと安心ですね!楽しい子育てライフを送るためにも是非早めの対応をお勧めします!

 

「よの中央接骨院」では腰痛や肩こりで悩む、妊娠中、出産後のママさんなど多くの方々の症状を骨盤矯正により改善しています。

 

 

よの中央接骨院では地域で唯一の「骨盤矯正専用処置台」と「脊柱処置台」があります

 そのため他の病院に行ったけどどうにもならなっかった多くの患者様に支持されています。

 ・脊柱管狭窄症

 ・椎間板ヘルニア

 ・坐骨神経痛

 ・股関節痛

 ・産後の骨盤矯正

 ・後縦靭帯骨化症

 ・手のシビレ

  このような方々が多数来院しています。

 

 

 当院に来る前はこのような悩みをお持ちでした・・・

 ・足が痺れて夜も眠れない

 ・お尻あたりから足にかけて痺れて長い時間座っていられない

 ・200メートル歩くと腰が痛くて座り込んでしまう

 ・下に落ちた物が拾えない

 ・自分で普通に靴下が履けない

 ・痛みで目が覚める

 ・病院でヘルニア手術って言われたけど手術は嫌だ

 ・痛み止めの薬をずっと飲み続けているけど、そろそろ卒業したい

 

 あっ!私も当てはまるかも・・・というあなた。

 すぐにご連絡ください。

「シビレや痛みから解放された生活」

に必ず当院が導きます。

よの中央接骨院院長

 

LINE登録からお問い合わせもどうぞ!

 ↓       ↓

 友だち追加

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2017.08.26更新

妊婦さん受け入れ

「 妊娠初期から腰が痛くて痛くて…。でもうつ伏せにならなきゃいけないと治療は受けられないと思い込んでいて。相談したら妊娠中でも安心な施術方法だとわかって通いました。おかげさまで腰痛もすっかり良くなり、幸せな妊娠生活を過ごすことが出来ました(^○^)」

 

よの中央接骨院の施術は出産直前まで大丈夫って知ってましたか?

 


 

 

なぜなら、さいたま市で唯一「妊婦さん専用の治療台」を完備していてます。

絶対にお腹の子供に負担がかからない様、万全の体制で施術をしますので、出産予定日前日まで、施術に来ている方も少なくありません。

妊娠中は骨盤などの状態によって腰痛になりがち。

でも「妊娠中は施術を受けられない」と思い込んでいるママさんが非常に多いのが現状です。

しかし当院では、その様なママさんを救ってあげたい!との思いから「妊婦さん専用治療台」を地域で唯一導入し、たくさんのママさん達を腰痛から解放し、楽しい妊娠生活のサポートをさせていただいてます。

 

導入後累計323人のママさんに施術をし、全てのママさんから「喜びの声」を頂いております。

 

よの中央接骨院バナー

 

こちらから登録後お問い合わせください!

 ↓     ↓

  友だち追加

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

前へ

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

よの中央接骨院の口コミをもっと見る