院長の気ままブログ

2018.08.10更新

元気な女性よの中央接骨院
いつまでもキレイな体型を維持したい、若いころのような美しい姿勢に戻りたい…と願う女性は多いはず。そんな女性には整体がおすすめです。女性が整体を受けることのメリットをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

 

<目次>

女性スタッフが多いこと

ゆるやかな効果が得られる

骨盤矯正ができる整体院も

産後の体の疲れやゆがみを取る

生理痛にも整体は効果的

まとめ

 

女性スタッフが多いこと


整体は接骨院などと比較して女性スタッフが多い傾向にあります。
接骨院のスタッフになるには国家資格が必要ですが、整体院のスタッフになるには厳しい試験を受ける必要がないため、家事や育児に忙しい女性でも働きやすいというのがその理由の一つではないでしょうか。
女性スタッフにならなんでも話しやすい、触られるのに抵抗がないと感じる女性は多いですよね。生理の不調など、女性にしか分からない悩みも親身になって聞いてくれることでしょう。
もちろん女性スタッフがいる接骨院もたくさんあります。まずは近くにそのような接骨院がないか探してから、整体院に通うことも視野に入れてみましょう。

ゆるやかな効果が得られる


整体と聞くと、テレビで首や足をひねられて痛がっている芸能人の顔を思い出す…という方も多いのではないでしょうか。
しかし実際には整体は非常にゆるやかな効果を得られるもの。マッサージ感覚で通われる方も多いです。
体が弱い、いきなり大きな効果が出るような施術はちょっと怖い、持病が悪化したものの接骨院で本格的な治療を受けるほどではない…という方には整体はおすすめです。

骨盤矯正ができる整体院も


女性の美しいプロポーションに必要不可欠と言ってもいい骨盤。この骨盤がゆがんでいたり開いていると、無駄な脂肪がついたり痩せにくい体質になってしまいます。
整体によって骨盤を正しい位置に戻すことで、足や腰の筋肉をつけやすく、脂肪を燃焼しやすい体を目指すことが可能になります!
整体は体の血行やリンパの流れもよくしてくれるため、老廃物を排出しやすくなるという効果も期待できます。結果的に痩せやすい体になり、ダイエットにも効果的。

産後の体の疲れやゆがみを取る


産後、女性の体は思っているよりも大きなダメージを受けています。
とくに骨盤は開いていてゆがみやすい状態。そんな産後に整体を受けることで、骨盤を正しい位置に戻りやすくすることができます。
整体によって体の疲れを取り、リラックスすることも可能。ストレスは自律神経や筋肉にも影響を与え、心身ともに悪影響を及ぼします。
整体を受けることで慣れない育児の疲れも取ることができ、育児や家事にも余裕をもって挑むことができるでしょう。

産後女性 よの中央接骨院

生理痛にも整体は効果的


重い生理痛にお悩みの方にも整体はおすすめです。重い生理痛の原因には、血行不良、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、体の冷えなどが隠れている場合もあります。
婦人科を受診して子宮内膜症や子宮筋腫などといったトラブルが見つからなかった場合は、整体を受けてみましょう。整体では血行をよくし、心身ともにリラックスできるという効果が期待できます。
血行がよくなると体の冷えも改善され、重い生理痛の原因がどんどん解決されていきます。何をやっても効果がなかった…という方も、一度整体院や接骨院に相談してみましょう。

女性の体の不調ならよの中央接骨院


女性に整体をおすすめする理由をご紹介いたしました。生理痛や産後の骨盤のゆがみなどが気になる方は、ぜひ整体を受けてみてください。
今回は整体についてお話ししましたが、接骨院もおすすめです。接骨院では国家資格を持ったスタッフが施術してくれます。保険も適応されますので、近くに接骨院がある場合はまずそちらをチェックしてみましょう。
よの中央接骨院では、女性の産後の骨盤矯正や体のゆがみ、疲れなどの悩みを多く解決してきた実績があります。
ちょっと話しにくいようなことでも、なんでも気軽にご相談ください!

よの中央接骨院院長蔵楽

 

banner

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.07.30更新

よの中央接骨院子供
妊娠、出産の際に開いてしまった骨盤を矯正してもとの位置に戻すことは、お母さんの健康のためだけでなく美容のためにもおすすめです。そこで、産後の骨盤矯正はどこへお願いするべきなのかをまとめてみました!

<目次>

 

産後の骨盤矯正を受けるのはいつから?

整形外科での骨盤矯正は可能?

整体院での骨盤矯正は可能?

接骨院での骨盤矯正は可能?

まとめ

 

産後の骨盤矯正を受けるのはいつから?



産後は骨盤が開いている状態です。徐々に元に戻るような力は働くものの、姿勢が悪かったり無理な生活を続けていると治りが遅くなったり、ゆがんだ状態になってしまいます。
そのため、産後はできるだけ早く骨盤矯正を受けたい!とお考えの女性も多いかと思います。
しかし産後の女性の体はかなりダメージを受けている状態。産後1ヶ月くらいは、安静にしておく必要があります。そこから、産後半年以内にかけて骨盤矯正をスタートさせることで、より効率よく骨盤を元の位置に戻すことができるでしょう。
もちろん半年を過ぎてしまったから効果がない、なんてことはありません。産後は育児で忙しく自分のケアができなかったという方も、落ち着いてきたら骨盤矯正をして自分を勞ってあげてくださいね。

整形外科での骨盤矯正は可能?



とりあえず病院にお願いすれば手っ取り早いし安心!とお考えの方が多いかと思いますが、整形外科では骨盤矯正という施術はありません。あくまでも妊娠中や産後に腰痛があるといった場合のみ、整形外科を受診することになります。
整形外科では湿布や痛み止めなどを処方されることになり、骨盤矯正とは関係ないのでご注意ください。
かかりつけの婦人科に腰痛があることを伝えれば、整形外科への紹介状を書いてくれる場合もあります。

整体院での骨盤矯正は可能?



次に整体院での骨盤矯正。整体は体のゆがみを整えてくれるものですので、産後の骨盤矯正には効果的です。
整体で骨盤のゆがみを取ることができれば産後のダイエットもしやすくなり、腰痛などのトラブルも回避することができます。
しかし、整体士は国家資格がありません。その人がどのようにして整体を学び、どのような悩みに対応してくれるのかをしっかり確認してから来院することをおすすめします。
整体院は医療機関ではありませんので、保険は適応されません。全額負担になることも忘れないようにしておきましょう。

よの中央接骨院元気な女性

接骨院での骨盤矯正は可能?



次に、接骨院での骨盤矯正。接骨院は整体院と似ている感じがしますが、よく見てみるとかなりの点で違いがあります。まずは接骨院は医業として認められているという点。整形外科と提携している接骨院も多いため、事故や病気、怪我などの治療のために訪れている人も多くいます。保険が適応されるのも接骨院の特徴です。
治療をメインとしているため、骨盤矯正においてもゆっくり慎重に、かつ的確に行ってくれます。しっかり骨盤の開きやズレを改善したいという方には接骨院がおすすめです。
しかし、事故や病気の治療をメインにしている接骨院では骨盤矯正の知識があまりない場合も。骨盤矯正ができる、産後の女性でも通いやすい接骨院を探すことをおすすめいたします。

産後の骨盤矯正ならよの中央接骨院



産後の骨盤矯正は、整体院や接骨院で受けることができます。
さいたま市中央区にお住まいの方は、ぜひよの中央接骨院へご来院ください。
産後の骨盤矯正に関して数多くの経験がありますので、知識のない接骨院へ行ってしまって失敗した!なんて思いをした方のお悩みもお聞きします。
小さなお子様を連れて来院される方も多く、安心して来院しやすい配慮を心がけています。
産後の骨盤矯正だけでなく、妊娠中の腰痛など女性特有のお悩みをお持ちの方もお気軽にご相談ください。
その他、腰痛、肩こり、坐骨神経症などの治療も行っております!

banner

 

よの中央接骨院院長 蔵楽俊樹

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.07.09更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/1.jpg

産後、妊娠前の体型に戻らず苦労している女性は多いですよね。産後のダイエットには、骨盤の位置を意識することが大切です。産後ダイエットに効果的な骨盤スクワットをご紹介いたします。

目次

産後の骨盤はどうなっている?

骨盤スクワットのメリット

骨盤スクワットはいつから行うのが効果的?

骨盤スクワットのやり方

産後の骨盤矯正ってどうなの?

 

産後の骨盤はどうなっている?



妊娠中、女性の体からは子宮周りの靭帯を緩めるリラキシンというホルモンが分泌されます。このおかげで出産がしやすくなるのですが、骨盤の状態が不安定になってしまいます。
妊娠後、骨盤が緩んだ状態を放置していると骨盤が開いた状態になったり歪んだりします。骨盤のゆがみは筋肉に負担を与え、血流も悪くさせてしまうため、ダイエットしにくくなったり、体重は減らせてももとの体型に戻れない!という事態に陥ってしまうのです。
出産後、妊娠前のような体型に戻るためには、骨盤の位置を整えるとともに骨盤周りや足の筋肉を鍛えて、血流もよくすることが大切です。

骨盤スクワットのメリット



産後のダイエットにもおすすめな骨盤スクワット。骨盤スクワットとは、妊娠や出産によって開いたりゆがんでしまった骨盤をもとの位置に戻す働きを担っています。
また、インナーマッスルを鍛えることができ、基礎代謝をアップする働きも!基礎代謝がアップすると日常生活を送っているだけでも消費されるカロリーが増えるため、痩せやすい体質を目指すことが可能になります。
正しい姿勢で行えば姿勢の改善や肩こり、腰痛の予防、改善にもつながります。
他にも骨盤スクワットをすることで血流がよくなるので冷えやむくみを解消できたり、生理痛の緩和にも役立ちます。

骨盤スクワットはいつから行うのが効果的?



早く妊娠前の体型に戻りたい!と焦る気持ちも十分わかりますが、産後のデリケートな体で無理をするのは禁物です。
骨盤スクワットを始めるのは産後1ヶ月くらいがおすすめです。それでもまた人によっては体調がすぐれない場合もありますので、くれぐれも無理はしないようにしてくださいね。
産後すぐや1ヶ月経ってもまた体調が戻らないという方は、骨盤矯正ベルトなどを利用して骨盤の位置を整えていくことをおすすめします。産後すぐでも使えるような優しい使い心地のものを選び、無理にきつく締め付けないようにしてください。

骨盤スクワットのやり方



では、骨盤スクワットの正しいやり方をチェックしていきましょう。
まず、肩幅くらいに足を開いて立ちます。つま先はできるだけ体の外に向けてください。
上半身はまっすぐのまま、前後に揺れないように意識しながらゆっくりひざを落としていきます。30秒から45秒程度、時間をかけて落としていくようにしてください。
このとき重心がひざにならず、お尻をしっかり落とすように意識してください。
その後、15秒かけてゆっくりもとの姿勢に戻ります。
今後はつま先をできるだけ体の内側に向けて、同じようにゆっくりひざを落としていきます。
30秒から45秒かけてひざを落としたら、上半身を前に倒して15秒キープ。背中がが曲がらないように注意してください。
その後、ゆっくりと最初の姿勢に戻していきます。
このセットを1日1回、続けてみてください。だいたい3分くらいで行うことができるので、忙しい育児のあいだでも時間を見つけてチャレンジすることができそうですね!
7日間続けて3日休む、というサイクルで行うと筋肉への負担も少なく、スムーズに骨盤を矯正しながらインナーマッスルを鍛えることができますよ。

産後の骨盤矯正はよの中央接骨院へ!


http://www.yono-chuou-s.com/asset/2.jpg


産後の骨盤スクワットについてご紹介いたしました。自宅でのケアだけでは不安、自分の骨盤がどんな状態か知りたいという方は、よの中央接骨院へご相談ください。産後のダイエットや骨盤矯正についでも詳しくアドバイスさせていただきます!

banner

 

よの中央接骨院院長 蔵楽俊樹

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.06.11更新

出産を経験すると女性の体は大きく変化します。中でも体型に関する変化は大きいですよね。いつまでもきれいなスタイルを維持したい女性にとって、妊娠中の体重の増加はちょっと気になるもの。産後のダイエットも大変です。産後、体を引き締めたいとお考えの方におすすめの骨盤矯正の魅力をご紹介します!

 

目次

産後に骨盤矯正が必要な理由

骨盤矯正で得られるメリット

産後の骨盤矯正の方法

まとめ

 

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0022419162-1.jpg

産後に骨盤矯正が必要な理由


産後にはどうして骨盤矯正が必要なのでしょうか。それは妊娠中の体の変化にあります。妊娠後期にもなると、体はいよいよ出産の準備を始めます。骨盤を緩めて赤ちゃんが出てきやすくなるよう、体にはリラキシンというホルモンが分泌されるようになります。このホルモンによって骨盤や骨盤周辺の筋肉がゆるみ、出産にはおおいに役立ちます。
しかし産後ゆるんだ骨盤まわりをそのままにしておくと、もとの形に戻りにくくなったり、ゆだんた状態で固まったりしてしまいます。そうすると骨盤まわりに余計な負荷がかかり筋肉が緊張し、血流が悪くなります。血流が悪いと代謝も悪くなり、全体的に痩せにくい体質へ変化してしまうのです。
また、骨盤がゆがむことで内蔵の位置も下がり、ぽっこりとお腹が出るようになってしまいます。お腹まわりに脂肪もつきやすくなると言われています。
このようなことから、出産後も美しいスタイルをキープするためには骨盤矯正は必要不可欠と言えるでしょう。

骨盤矯正で得られるメリット



産後に骨盤矯正をすると、様々なメリットを受けることができます。
まずはダイエット、引き締めの面。骨盤を正しい位置に戻すことで代謝がよくなり、痩せやすい体質になることができます。疲れにくくなるので運動も続けやすくなりますよ。下半身に余計な力がくわわることもないので下半身太りを予防することも可能。産後、下半身だけが痩せない!というお悩みを解決することができます。また、血流がよくなるのでむくみや冷えを改善することも可能。冷えは太りやすくなるだけでなくセルライトの原因にもなりますので、骨盤矯正によって冷えない体作りを心がけましょう。
ダイエット以外の面では腰痛や肩こりに効果的です。産後、慣れない育児などで体には大きな負担がかかっています。骨盤矯正をすることで、そんな蓄積された疲れを取り除いてあげましょう。

産後の骨盤矯正の方法



産後の骨盤矯正の方法としては、骨盤矯正ベルトを使った方法、自宅でのストレッチ、接骨院などでの施術といった方法があります。骨盤矯正ベルトは手軽に使用できるので、ぜひ取り入れてみてください。産後用の優しい使い心地のものから始めるのがおすすめです。
ストレッチもたくさんありますが、骨盤が不安定な時期に無理をするのは禁物です。寝転びながらできるような簡単なものから始めましょう。
接骨院では、骨や筋肉の状態からあなたに最適な骨盤矯正の方法を専門家が考え出してくれます。女性や、産後のお母さんの骨盤矯正のメニューがあるような接骨院を選ぶようにしてくださいね。

産後の骨盤矯正はよの中央接骨院へ


http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0018440319-1.jpg
産後の骨盤矯正をお考えの方はぜひよの中央接骨院へお越し下さい。産後だけでなく妊娠中から受けられる骨盤矯正のメニューもあり、お子様が楽しんでいただけるキッズスペースもご用意。接骨院を転々とする必要もなく、長く治療、施術を続けていくことができますよ。患者様も女性の方が多く、産後の骨盤矯正の経験も豊富です。
その他妊娠中の腰痛や、生理不順、生理痛などの女性の体の不調などの相談にも乗っています。もちろん交通事故治療やご高齢の方の腰痛や男性の肩こりなどの施術も行います。さいたま市中央区にお住まいの方は、是非一度よの中央接骨院へご相談にいらしてくださいね。

banner

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.05.22更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/1-1.jpg

骨盤矯正という言葉をよく見かけるようになりましたが、実際に骨盤矯正にはどのような効果があるのかご存知ですか?
骨盤矯正をすることで得られる効果はたくさんあります。あなたの抱えている悩みにも、骨盤矯正は効果的かもしれません。
早速、骨盤矯正を続けることでどんな効果があるのかを見てみましょう!

 

冷え性の改善

肩こり・腰痛の軽減

姿勢が美しくなる

尿漏れ対策

便秘解消

生理痛の改善

肌がキレイになる

妊活にも効果的!?

下半身のサイズダウン

まとめ

 

冷え性の改善



骨盤が歪んでいると体の冷えにつながります。骨盤が正しい位置にないため、周囲の血管、リンパを圧迫して血液や老廃物の循環を阻止してしまうためです。
とくに骨盤の中には子宮や卵巣といった女性ならではの臓器がたくさん収まっていますので、この周辺が冷えると体に様々な悪影響を及ぼしてしまうのです。
冷えは様々な病気、体調不良の原因となります。いくら温めても、冷えを解消する食事や生活習慣を心がけていても、常に姿勢が悪く、骨盤の歪みを解消できないでいると、なかなか冷え性を改善することはできません。
骨盤矯正をして骨盤を正しい位置に戻せば、体のめぐりもよくなり冷え性を改善していくことが期待できます。

肩こり・腰痛の軽減



骨盤が歪んでいるかどうかは自分でもなかなか判断しにくいですよね。それだけ無意識のうちに人の骨盤は歪んでしまいます。
しかし自分では分かっていなくても、体はその負担を軽減するために体のあちこちでカバーするようになります。背骨や関節が体のバランスを保つために固くなったり、頭や首を支える筋肉が常に緊張した状態になり、肩こりや腰痛の原因となります。
骨盤の歪みが原因で肩こりや腰痛の症状が出ている場合は、マッサージやストレッチをしても、根本の骨盤の歪みを取り除かない限りまた痛み、こりは出てきてしまいます。
骨盤矯正を受けることで自然と体の歪みや緊張がほぐされ、肩こりや腰痛の解消、また対策にもつながります。

姿勢が美しくなる



骨盤が歪み寝ている状態になると、それをカバーするために背中が丸まってしまいます。
気づいたらいつも猫背になっているという方は、骨盤の歪みにも着目する必要がありそうですね。
無理に背骨を伸ばそうとするとかえって腰痛を引き起こし、その痛みでまた猫背に…という悪循環の原因にもなってしまいます。
猫背は老けて見えるだけでなく肩や首の筋肉を衰えさせ、疲れやすい体になる原因に。
骨盤矯正を行うと骨盤があるべき位置に戻るので、自然と背骨もまっすぐになり、美しい姿勢を手に入れることができます。
ふと鏡を見たとき、写真を撮られたときに自分の姿勢の悪さに驚いた、姿勢矯正下着を着けているのになかなか改善する兆しが見られないという方は、一度骨盤矯正を受けてみてはいかがでしょうか。

尿漏れ対策



男性の場合、年齢を重ねるごとに前立腺が肥大化し、膀胱が圧迫されるようになります。そのため、中年以降になると尿漏れしやすくなってしまいます。
これは排尿筋が過剰に活動してしまうことが原因と言われています。日常生活にも支障をきたしますし、尿漏れしてしまったあとの不快感や、尿漏れするかも…という心配はストレスにつながりますよね。
骨盤矯正をすることで、この尿漏れ対策になるんです!
骨盤矯正をすると骨盤周辺の筋肉が鍛えられます。過活動膀胱の原因となる排尿筋や括約筋も一緒に鍛えることができるので、尿漏れを起こしにくくなると言われているのです。
骨盤矯正と聞くと女性が受けるイメージがありますが、男性でも受けるメリットはたくさんありますよ。

便秘解消



骨盤矯正には便秘解消効果があります。骨盤が歪んでいるほとんどのケースは、骨盤が後ろに傾いて寝ているような状態になっているもの。この状態が続くと、全身の筋肉が衰えやすくなってしまいます。
とくに運動不足の方、筋肉を作る力が弱い女性は筋肉が低下している可能性が高いです。
便秘になる人の多くは筋肉が少ないと言われています。そのため、骨盤矯正をしてしっかり健康的な筋肉を作れるようにしていくことが大切です。
また、骨盤矯正をすると冷えを改善することができます。冷えは便秘の原因としてよく挙げられますよね。骨盤矯正をして体をしっかり温めて、便秘になりにくい体質を目指していきましょう。

生理痛の改善



女性の骨盤は非常にデリケート。生理周期に合わせて、微妙に閉じたり開いたりを繰り返しています。
この際、骨盤が歪んでいると本来開くはずのタイミングで骨盤が上手に開かず、血行不良を起こしてしまいます。そうなると生理痛が重たくなると言われています。
また、骨盤の歪みがあると子宮内膜症を引き起こす可能性も。あまりにも毎月の生理が重い、薬を飲んでも改善されないという場合は、骨盤の歪みにも着目してみてはいかがでしょうか。
骨盤の歪みをそのまま放置していると、子宮や卵巣の機能にも影響すると言われています。
今後健康な体を維持するためにも、妊娠をするためにも骨盤の歪みを取り除くことは大切ですよ。

肌がキレイになる



便秘は美容の大敵です。体に老廃物が溜まると肌荒れ、むくみ、痩せにくいなど様々なデメリットがあります。
骨盤矯正をすることで便秘が解消されるというのは先ほどもご説明しましたが、このように老廃物を排出しやすい体作りをすることで自然と美容にいい生活を送ることができるようになるのです。
また、骨盤の歪みを取り除いて冷えを改善すると、新陳代謝もアップします。体のめぐりがよくなり、お肌の生まれ変わりであるターンオーバーのサイクルも正常な周期に戻すことができるでしょう。
朝のむくみ、お酒を飲んだときのむくみも軽減されやすくなりますよ。

妊活にも効果的!?



骨盤矯正は妊活にも効果的と言われています。骨盤の歪みは生理痛だけでなく様々な婦人科系の病気の原因に。子宮や卵巣が収まっている大切な部分ですので、一層慎重に大切に扱ってあげなければいけません。
婦人科系の病気になりにくい体で、より効果的に妊活に挑む準備を進めましょう。
また、冷えの改善も妊活には効果的。冷えが原因でなかなか妊娠しにくい体質になってしまうというケースもありますので、骨盤矯正の他にも冷え対策を行うとより効果的と言えるでしょう。

下半身のサイズダウン



骨盤が歪むと、それを支えるために体の様々な部分が緊張するようになります。
とくに毎日体を支える足は骨盤の歪みの影響を受けやすいです。太ももが張ったようになる、ふくらはぎがパンパン、いくらダイエットしても下半身だけ痩せない…という方は、そもそもの骨盤の歪みを取り除く必要があると言えるでしょう。
体の歪みをカバーするために下半身の筋肉に力が入ると血行が悪くなり、むくみの原因にもなります。
長期間放置されたむくみはやがて脂肪となってしまいます!
骨盤矯正で筋肉の働きを正常なものにし、正しく美しい筋肉をつけられるようにしてみましょう。

まとめ・骨盤矯正の効果を知って健康で美しい体に!


http://www.yono-chuou-s.com/asset/2f5045675de473cf6fee31acd6e2f277ee8bed0e.jpg
骨盤矯正ってなんとなく良さそうだけど、実際にどんな効果があるのかはわからない…という方のために、骨盤矯正によって得られる効果をご紹介いたしました。
骨盤は人間の体を支える非常に重要な部分。それでいて、現代人の生活習慣には骨盤が歪む原因がたくさん隠れています。
骨盤矯正をすれば肩こりや腰痛の解消といった基本的なことだけでなく、美容、ダイエット、女性ならではの悩みを解消することも可能!体の不調を感じている方は、一度骨盤矯正によって症状が改善されないかチェックしてみてくださいね。

banner

 

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.05.18更新


妊婦さんは坐骨神経痛になりやすいってご存知でしたか?妊婦さんでもできる坐骨神経痛の治し方をチェックしておきましょう。

よの中央接骨院子供

 

妊婦さんの坐骨神経痛

妊婦さんの坐骨神経痛の治し方①体を温める

妊婦さんの坐骨神経痛の治し方②矯正ベルトを巻く

妊婦さんの坐骨神経痛の治し方③ストレッチをする

妊婦さんの坐骨神経痛の治し方④接骨院に通う

 

妊婦さんの坐骨神経痛



妊娠すると腰痛が…という声はよく聞きますよね。そこから痛みが広がり、足や腰が痺れるように痛み出すのが坐骨神経痛です。お腹が大きくなる妊娠後期にとくに痛みがひどくなることが多く、妊婦さんを苦しめていaます。
坐骨神経痛は腰から足にある坐骨神経が圧迫されて起こる症状。妊娠してお腹が大きくなり、背中や腰の骨、筋肉が圧迫されることも影響しています。また、重たいお腹を支えるために無理な姿勢を続けてしまうのも原因の一つ。
さらに妊娠中に分泌されるリラキシンというホルモンが影響し、筋肉が緩み、骨盤の状態が不安定になることでも神経が刺激されます。
このように、妊娠中には坐骨神経痛を引き起こす原因がたくさんあります!

妊婦さんの坐骨神経痛の治し方①体を温める



坐骨神経痛による痛みがある場合は、まず体を温めてみましょう。お風呂にじっくり浸かったり、体を温める食材を使った料理をしてみたり。暖かい布団でぐっすり眠ることも大切です。眠るときは、体をリラックスできる形に曲げられる横向きがおすすめ。痛みが左右均等でない場合は、痛みがある方を上にして眠るようにしましょう。
妊娠中は心身ともに大きなストレスのかかる時期。無理をすることで余計に坐骨神経痛の症状が悪化してしまう可能性もあります。
お買い物なども家族に協力してもらい、腰に負担がかからない生活を心がけましょう。

妊婦さんの坐骨神経痛の治し方②矯正ベルトを巻く



妊娠中から骨盤の矯正ベルトを巻くのも、坐骨神経症の対処法としてはおすすめです。骨盤の位置を安定させることで腰への負担を軽減し、坐骨神経痛を予防することにもつながります。妊婦さん用の骨盤矯正ベルトを使用してくださいね。
巻き方が適切でないと効果がなかったり母体に悪影響を及ぼす可能性もありますので、きちんと医師に確認し、正しい巻き方を教わりましょう。

妊婦さんの坐骨神経痛の治し方③ストレッチをする



妊婦さんは体を動かす機会が減ってしまいますが、動かない生活が続くと腰周りの筋肉が硬くなり、坐骨神経症をひどくしてしまいます。日頃から軽いストレッチをして坐骨神経症を防ぎましょう。
激しい運動などはする必要はありません。腰周りや、太もも、ふくらはぎの緊張をほぐして、自分が気持ちいいと思えるくらいのストレッチをしましょう。妊婦さん向けのストレッチも数多くありますので、参考にしてみてくださいね。

 

妊婦さんの坐骨神経痛の治し方④接骨院に通う



ストレッチは坐骨神経痛の予防や初期症状の場合にのみ可能です。症状がひどくなってから無理にストレッチをするのは禁物。
接骨院で適切な処置を受けましょう。骨盤のゆがみや筋肉の緊張をほぐし、心身ともにリラックスすることができますよ。
妊婦さんの治療も行う整骨院や、マタニティ向け整体などを利用し、体に負担がかからないようにしてくださいね。

よの中央接骨院元気な女性

妊婦さんの坐骨神経痛ならよの中央接骨院へ



坐骨神経痛にお悩みの妊婦さんは、ぜひよの中央接骨院へご相談ください。
よの中央接骨院では、妊娠中の腰痛や肩こり、坐骨神経痛などの症状のケアを行っています。妊婦さんの体にも負担がかからないように施術いたしますので、不安な方でも大丈夫。
また、産後の骨盤矯正なども行っています。産後のダイエットや体型の維持に役立つこと間違い無しですのでぜひご相談ください。
小さなお子様連れや女性の患者さんも多く、女性特有の様々な悩みにも対応。長年通える接骨院を目指しております。

 

banner

 

よの中央接骨院産後骨盤バナー

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.05.11更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0021808144-1.jpg

腰痛と一口に言っても、その痛みの症状は様々。それぞれに合った改善方法を知ることが大切です。今回は、腰痛を4つのタイプの分類い、それぞれに合ったストレッチをご紹介いたします。腰痛がなかなか治らずにお困りの方はぜひ自分の腰痛のタイプと照らし合わせながら読んでみてください。

 

前かがみになると腰痛が起きるタイプ

腰を反らすと腰痛が起きるタイプ

なにもしていなくても腰痛が起きるタイプ

 

1.前かがみになると腰痛が起きるタイプ



体を前に倒すと腰痛が起きるタイプの方は椎間板ヘルニアの可能性があります。足や腰に痺れるような痛みがある、前かがみになると痛みがあるものの腰を曲げた姿勢でないと痛みがひどくて立っていられない、咳やくしゃみをしたときに腰に痛みが走るというような方も要注意です。
腰痛は高齢者の悩みと考えられがちですが、椎間板ヘルニアは年齢を問わず様々な方に見られる症状です。無理な姿勢を長時間続けている、背骨や骨盤など体が歪んでいる、カルシウムが不足しているといった生活を続けている方は椎間板ヘルニアを引き起こしやすくなっています。

このタイプの改善方法は、ストレッチなどで無理に体を動かさないことが大切。腰にかえって負担がかかり、腰痛をひどくしてしまう可能性が高まります。
まずはいい姿勢を続けられるように意識することから始めましょう。頭は首の真上に、首は背骨の真上に、背骨は骨盤の真上に、と、上から釣り上げられるような感覚を意識することで姿勢を改善することができます。
また、日頃ウォーキングなど軽い運動をして血行を促進させるのも効果的。腰の調子がいい日に、無理せず行うようにしてください。

2.腰を反らすと腰痛が起きるタイプ



背中や腰をぐっと後ろにそらしたときに痛みが起きるタイプの方は、脊柱管狭窄症の可能性があります。
長時間歩くと足、腰が痺れる、痛みが出る。自転車に乗ったり前かがみで歩いたりすると痛みがましになる、尿が出にくかったり我慢しにくくなるという症状が出ることもあります。
脊柱管狭窄症は高齢者によく見られる症状ですが、椎間板ヘルニアが原因で引き起こされることも。また、生まれつき脊柱管が狭い方もこの症状を引き起こしやすくなります。
場合によっては手術になる可能性もあるので、早めに改善できる方法を知っておきましょう。

脊柱管狭窄症の場合は背中を無理にそらさないことが大切です。長時間歩く場合は、反り腰になっていないか確認しつつ、正しい姿勢を心がけるようにしていきましょう。
慢性的に腰痛がある場合は、患部を温めて筋肉の疲れを取ることもおすすめです。その際一緒に簡単なストレッチをするといいですよ。床に座って上半身を前に倒す前屈は脊柱管狭窄症の方におすすめのストレッチ。無理せず、ゆっくり筋を伸ばすような感覚で行いましょう。

3.なにもしていなくても腰痛が起きるタイプ



腰を動かしていなくても慢性的に腰痛があるという方は筋筋膜性腰痛症の可能性があります。だるくて重いような腰痛を常に感じている方、長時間座りっぱなしの姿勢が続いているという方はとくに注意。ぎっくり腰から筋筋膜性腰痛症を引き起こすこともあり、腰痛の中でも多い症状でもあります。

筋筋膜性腰痛症の改善方法としては同じ姿勢を長時間続けないこと、ストレッチで筋肉の疲れや緊張をほぐすことがおすすめです。
仕事中でも1時間に1回は席を立って休むようにしましょう。
ストレッチでは、仰向けに寝転がって両膝を抱えて前後に体を揺らしたり、軽い腹筋運動を行うのも効果的。痛みがひどいときは無理しないようにしてくださいね。

腰痛の改善ならよの中央接骨院


http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0025154975-1.jpg
腰痛のタイプを3種類ご紹介いたしました。自分がどのタイプか分かりましたか?どのタイプなのか分からない、痛みにどんなストレッチが効果的なのか分からないという方はぜひよの中央接骨院へご相談ください。
あなたの腰痛のタイプ別に、しっかり治療を行います!

banner

 

よの中央接骨院腰痛バナー

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.05.02更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/ad873e3f9b3e21b44d339ada0e55e45eb99cbed0.jpg

重いものを持ち上げたときやなにかの衝撃の際にいきなり腰に鋭い痛みが走り、病院に行ったら椎間板ヘルニアと診断されたという方!椎間板ヘルニアの詳しい症状やその治療法について理解していきましょう。あなたの症状に合わせた治療法を選ぶことで、よりスムーズに症状の改善が期待できます。

その後の椎間板ヘルニアの対策についてもご紹介いたします。

症状

椎間板ヘルニアの症状①肩や首部分の痛み

椎間板ヘルニアの症状②腕部分の痛み

椎間板ヘルニアの症状③頭や顔面の痛み

椎間板ヘルニアの症状④下半身の痛み

 

治療法

椎間板ヘルニアの治療方法①神経ブロック

椎間板ヘルニアの治療方法②薬物療法

椎間板ヘルニアの治療方法③理学療法

椎間板ヘルニアの治療方法④手術療法

椎間板ヘルニアの対策は?

 

椎間板ヘルニアの症状①肩や首部分の痛み



一口に椎間板ヘルニアと言っても、その痛みが出る場所は様々です。
まずは肩や首の症状について見ていきましょう。
頚椎後方の椎間関節の動きが低下したり、変形したりすると、首や肩に痛みが出るようになります。こりがなかなか取れない、ずっとだるさがあるといった軽い症状でもやがて激痛に変わる可能性もあります。
スマホを長時間同じ姿勢で見ている、デスクワークが多い、猫背であごが前に突き出ているような状態で過ごすことが多いという方は、このような首や肩の椎間板ヘルニアを引き起こすことが多い傾向にあります。
リハビリテーションによる治療を行うことが多く、マッサージ、牽引、電気療法、針治療、ストレッチ、筋力トレーニングなどをそれぞれの症状や体質、年齢などに合わせて実施していきます。

椎間板ヘルニアの症状②腕部分の痛み



肩から腕、指先にかけて痛みやしびれが起こるという症状も。首を伸ばしたり腕をあげると激痛が走るという場合もあります。
これは7つある頚椎の4つめ以下の神経根に障害が起こることで引き起こされます。腕のしびれ、むくみ、握力の低下、背中部分の痛みなどが主な症状です。
レントゲンやMRIなどの精密検査でしっかりと現状を把握する必要があります。
腕部分に痛みがある場合もリハビリテーションによる治療が一般的ですが、痛みがひどい場合は神経ブロック注射を打つという治療方法もあります。
その他レーザーによる治療法もありますが、保険外診療となるため高額な治療費がかかってしまうのがネックです。

椎間板ヘルニアの症状③頭や顔面の痛み



頚椎の中の3つめ以上の神経根に障害が起きると、首から後頭部、側頭部にかけて痛みが走るようになります。
目の奥が疲れやすい、目の奥に痛みがあるといった症状が引き起こされることも。また、こりや痛みが慢性化することでめまいや吐き気を催したり、気分が優れなくなるということも。
リハビリテーションの他神経ブロック注射が効果的な治療方法です。
症状がひどくなると脳梗塞像がMRIで見つかることもあり、血管拡張剤で症状を緩和するという方法を取ることも。

椎間板ヘルニアの症状④下半身の痛み



警部脊髄が圧迫されると、下半身に痛みが起きます。足が突っ張るような感覚や上手に歩けない歩行障害、排尿をコントロールできなくなる、筋力の低下による日常生活への影響などなど…。
下半身は体重を支える部分であり、また腰を動かすことで痛みが生じやすいので、椎間板ヘルニアと診断された方はこの下半身や腰の痛みでお悩みの方が多いかと思われます。
リハビリテーションで体のバランスを整えることが大切です。しかし日常生活や仕事に影響がある場合は、手術が必要になることもあります。高度な技術が必要となりますので、医師選びは慎重に行うようにしましょう。

椎間板ヘルニアの治療方法①神経ブロック



椎間板ヘルニアの治療方法の中でもよく知られているのが神経ブロック注射です。激しい痛みがある際に行われる治療方法で、局所麻酔、ステロイド薬を注射して痛みを和らげていきます。
注射の部位によってはその後しばらく歩行が難しくなることもあるため、入院して様子を観察するケースも。
興奮した神経を落ち着かせてくれるので、痛みにより神経が緊張して血行が悪くなりまた痛みが悪化する…という悪循環から逃れることができます。
神経ブロック注射は一時的な効果しかないと思われがちですが、このように効果が切れても注射前と比べて症状が緩和されることが多いです。

椎間板ヘルニアの治療方法②薬物療法



被ステロイド性消炎鎮痛薬、筋弛緩薬などを使って痛みを取り除く方法です。筋肉の緊張を取り除くことで痛みをやわらげたり、鎮痛効果を与えたりするもの。
椎間板ヘルニアの治療の初期で行われることが多く、その後の経過を見て次の治療方法を考えていきます。薬物療法で痛みが収まらない場合に次の治療を行っていきます。
椎間板ヘルニアの治療に使用される薬は眠気、だるさ、ふらつきなどの副作用があるものが多いため、服用後は安静にできる環境を整えておかなければなりません。
仕事や通学などは無理のない範囲で行い、周囲に理解してもらうことも大切です。

椎間板ヘルニアの治療方法③理学療法



理学療法は椎間板ヘルニアの痛みが落ち着いてきたころに行う治療法です。また痛みが再発しないように、筋肉を緊張させないための運動や、専用の器具を使って姿勢を矯正していきます。
とは言ってもいきなり無理に体を動かしてしまうとまた症状が再発したり、ひどい痛みにつながりますので、理学療法士など専門家のもとで正しいストレッチを行う必要があります。
また、椎間板ヘルニアになる方は筋力が不足しているケースが多いので、腹筋や背筋などを鍛えて体をしっかり支えられるようにしていきます。こちらも一般的な腹筋や背筋ではなく、年齢や体力に合わせた方法を提案してくれるので気軽に相談、無理だったり痛みがあるようなら内容の見直しをお願いしてみましょう。
痛みがひどいときはコルセットなどで腰周りを固定しますが、その後も正しい姿勢をキープすることで再発を防止することができます。症状が軽度の場合はこの理学療法のみで痛みを取り除いていく場合もあります。

椎間板ヘルニアの治療方法④手術療法



薬物療法や理学療法、神経ブロックなどでも痛みが改善しない、何度も繰り返すような場合は手術が必要になります。
日常生活に支障が出ており、一刻も早く治したいという方も手術を選択することが多いです。
手術の内容は主に3つ。
1つめは後方椎間板切除術といって、背中から患部を切開し、ヘルニアを切除していきます。
次に椎間固定術。金属などで椎間板を固定します。腰痛がひどいときに行われる手術です。
そして経皮的椎間板療法。背中などを切開することなく手術する方法ですが、適応されるヘルニアの種類が限定されています。保険適応外となるので、高額な医療費が必要になるというデメリットもあります。
いずれにせよ最近では椎間板ヘルニアの治療は保存療法が一般的で、手術にまで至るケースは少ないです。

椎間板ヘルニアの対策は?



椎間板ヘルニアの治療法は保存療法が一般的で、治療後も同じような生活を続けていると再発する恐れがあります。
筋肉を緊張させない、重たいものを無理に持たない、同じ姿勢を長時間続けない、筋力を鍛えるといった対策が必要になります。
少しでも痛みが出てきたらすぐに医師に相談し、適宜最適な治療法を行っていきましょう。

椎間板ヘルニアの対策にはさいたま市中央区の【よの中央接骨院】

http://www.yono-chuou-s.com/asset/bbc68a75e3727128c3abf3ca504255c53ae592b6.jpg
よの中央接骨院では、椎間板ヘルニアが再発しない、また痛みを改善するための対策も行っています。
自己流のトレーニングやストレッチでは余計に患部を痛めてしまう可能性もありますが、病院に長時間かけて通うのが辛い、何時間も待たされたくない、時間的に通うことができないという場合は、ぜひご相談ください。
椎間板ヘルニア以外の腰痛、肩こりなどに対する治療も行っています。

banner

 

よの中央接骨院ヘルニア

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.04.27更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/2509cfdac5bd64d11128b0686d2b5954_s.jpg

出産は女性の人生の中でも大きな節目です。体にも様々な変化が起こり、なかなかついていくことができないと感じる方も多いですよね。とくに産後の骨盤矯正を気にされている方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな産後の骨盤矯正についてお話しいたします。 

 

産後の母体はどうなっている?

産後の骨盤矯正はいつ行うべき?

産後の骨盤矯正はどこで受けられる?

女性の骨盤矯正に特化して接骨院を選ぼう

 

産後の母体はどうなっている?



妊娠中は赤ちゃんが生まれやすくするために、リラキシンというホルモンが分泌されています。これは骨盤まわりの筋肉を緩める力があります。出産後は徐々に分泌もなくなり骨盤ももとの位置に戻ろうと働きますが、出産後数ヶ月は骨盤周りも不安定な状態が続きます。

この時期に適切なケアを行わないと、下半身太りだけでなく尿漏れや腰痛など、様々な不調を起こしやすくなってしまうのです。

産後の骨盤矯正はいつ行うべき?



産後の骨盤矯正を行う時期についてですが、まず、産後すぐに通うのは控えましょう。出産後の母体は自分が思っているよりもかなりのダメージを受けています。無理に骨盤を刺激すると、余計に痛みが出たりする可能性もあるため、産後1ヶ月くらいは安静にするようにしましょう。その後、2ヶ月から半年くらいのあいだで骨盤矯正をスタートさせるのがおすすめです。あまり遅すぎると骨盤がゆがんだ状態で元に戻りにくくなってしまうこともあるため、時間を見つけて骨盤矯正を始めるようにしていきましょう。

産後の骨盤矯正はどこで受けられる?



整形外科やクリニックでは骨盤矯正自体を取り扱っていません。骨盤のゆがみに関する正式な病名はなく、病院では骨盤にアプローチする治療はできないのです。骨盤のゆがみによって腰痛がある場合は腰痛の治療はしてくれますが、骨盤矯正目的で整形外科に行くと少しがっかりしてしまうかもしれません。
骨盤矯正でおすすめなのが接骨院です。接骨院では国家資格を持った専門家が、骨や筋肉の状態を見つつ施術を行ってくれます。しっかりと骨盤のゆがみと向き合いたいという方には、接骨院での治療がおすすめです。
他に似たようなもので整体やカイロプラクティックがありますが、これらは開業するのに特別な資格は必要ありません。そのため施術の技術ややり方もそれぞれで大きく異なり、産後のデリケートな体をかえって痛めてしまう可能性も。不安な方は整体やカイロプラクティックは避けたほうがいいかもしれません。

女性の骨盤矯正に特化して接骨院を選ぼう


 

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0098985458-1.jpg
産後の骨盤矯正には接骨院がおすすめとご紹介しましたが、接骨院ならどこでもいいというわけではありません。接骨院には腰痛や肩こりの改善、交通事故後の治療をメインとしているところもあり、産後の骨盤矯正の知識があまりないという場合もあります。骨盤矯正も得意としている接骨院を選ぶようにしましょう。また、若い女性や妊婦さん、小さなお子様をつれたお母さんでも通いやすいような雰囲気、施術内容であることもチェックしておきたいですね。産前産後はとくにデリケートな時期のため、すでに様々な経験や実績を持っている接骨院を探すようにしましょう。

さいたま市中央区のよの中央接骨院


 


さいたま市中央区にお住まいの方は、ぜひよの中央接骨院へご来院ください。腰痛や肩こり、頭痛といった症状の改善から、骨盤矯正、妊娠中の腰痛の改善、産後の体の不調など、女性の体のことを考えた施術メニューも豊富に取り揃えております。
一人一人の症状や状態をよくカウンセリングし、その人にぴったりなメニューを提案させていただきます。自宅でセルフケアしたり、骨盤矯正体操をしているけどいまいち効果が出ているのかわからない…という方も、ぜひ一度ご相談ください。専門家がしっかりあなたの骨盤の状態をチェックいたします!

banner

 

よの中央接骨院産後骨盤バナー 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.04.20更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/4-1.jpg
骨盤矯正を受けたあと、膝が痛むようになった、または骨盤矯正をしたのに膝の痛みが取れない!とお悩みではありませんか?どうして骨盤矯正をすると膝が痛むようになってしまうのか、その原因をご紹介いたします。

骨盤矯正をしたのに膝の痛みが改善されない原因

http://www.yono-chuou-s.com/asset/4-2.jpg

骨盤が歪むと、体のバランスを支えるために膝に必要以上に負担がかかり、筋肉や関節同士を圧迫してしまいます。これが膝の痛みにつながると言われています。
ですので、膝の痛みを取るには骨盤矯正をして根本から原因を取り除くことが大切です。
しかし、いきなり骨盤矯正をして体のバランスを整えても、以前のように片足をかばうくせが取れていないと、体はまっすぐになっているのに歩き方、立ち方だけがおかしくて膝の痛みが再発してしまうという可能性があります。
また、骨盤矯正後も骨盤が歪むような生活を続けていると、また徐々に骨盤が歪んで膝の痛みが出てくることも。
骨盤が歪む習慣としては
・片足にだけ力を入れて立っている
・反り腰、猫背で立っている
・足を組んで座ることが多い
・スマホやパソコンを長時間同じ姿勢で見ることが多い
・頬杖をついている
・テニスや野球など、体の左右で力を入れるバランスが違うスポーツをしている
などがあります。骨盤矯正後はこれらのことはできるだけ避けるようにして、正しい姿勢を意識していきましょう。

自宅でも骨盤矯正を続けることが大切


とは言っても長年のくせはなかなか抜けきらず、無意識のうちに足を組んでしまう、片足にばかり力を入れてしまう…という方も多いですよね。
そんな方は、接骨院などで行われる骨盤矯正の他に自宅でもできる骨盤矯正ストレッチを取り入れていきましょう。
簡単な骨盤矯正ストレッチを2つご紹介いたします。眠る前やちょっとした時間にできるので、普段の生活に取り入れて日常生活で起こる骨盤の歪みをリセットしてくださいね。

立った状態で行う骨盤矯正ストレッチ


足を肩幅に開いてまっすぐに立ちます。
足を動かさず、腰だけをぐるっと大きく回しましょう。
右方向に3回、左方向に3回。同じ回数ずつ交互に回すことで、骨盤の歪みを改善することができます。

寝転がって行う骨盤矯正ストレッチ


仰向けに寝転がってください。
膝と膝をくっつけた状態で膝を立て、そのまま右に倒していきます。左側の肩が床から離れないように両手を広げて上半身を支えてください。
10秒キープしたら、左側にも同じように倒していきます。
どちらかに痛みがあるという場合は無理に行わないことをおすすめしますが、だからと言って反対側ばかりストレッチをしていても歪みの改善にはつながりません。ストレッチが難しい場合は、接骨院で相談してもっとやりやすいストレッチを教えてもらうのもいいでしょう。

よの中央接骨院の骨盤矯正

よの中央接骨院では様々な体の不調の原因である骨盤の歪みを根本から取り除く骨盤矯正を行っています。
骨盤は、先ほどご説明したように一度骨盤矯正を受けても日常生活の中の動作で簡単に歪んでしまいます。この結果膝の痛みが再発してしまうという声もあります。
よの中央接骨院では、このようにまた骨盤が歪んでしまわないように、丁寧にカウンセリング、症状の説明を行い、日常生活で注意すべき点などもお教えいたします。
痛みにお悩みの方の中には一度骨盤矯正を受ければすべて解決するとお考えの方も多いですが、骨盤が歪む習慣がくせになっている場合はなかなか難しいかもしれません。
接骨院への通院と、自宅でできるストレッチも合わせて、より早く膝の痛みを取り除きましょう!
その他腰痛、肩こり、頭痛などのお悩みにも対応しています。お気軽にご相談ください。

banner

 

よの中央接骨院膝痛

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

前へ

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内アクセス・受付時間院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る