院長の気ままブログ

2018.05.29更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0034645139-1.jpg

腰やお尻、足に電気が走ったような痛みを感じる坐骨神経痛。一度痛みを感じるようになるとセルフケアが難しく、歩くのすら難しいくらい症状が進行してしまいます。早めの治療が大切ですが、坐骨神経痛はどのような状態になったら完治と言えるのでしょうか。治るまでの期間についてもご紹介いたします。

目次

短期の坐骨神経痛の場合

長期の坐骨神経痛の場合

筋肉の緊張による坐骨神経痛は短期間で完治する

椎間板ヘルニアなどが原因の坐骨神経痛は時間がかかる?

年齢によっても完治にかかる時間に差が!

短期の坐骨神経痛の場合



坐骨神経痛には長期間のものと短期間のものがあります。長期間の場合は何年も痛みが続きますが、短期のタイプは最初の痛みを乗り越えれば1ヶ月から3ヶ月程度で症状が治まります。ただこれは素人では判断しにくく、生活習慣や間違ったセルフケアによって完治が遅れてしまうこともあります。坐骨神経痛を感じたら専門家に相談しましょう。1ヶ月から3ヶ月程度治療をしても改善が見られない場合は違う治療法を考えていく必要もあります。

長期の坐骨神経痛の場合



長期の坐骨神経痛とは、その症状が半年以上続いている状態のことです。もう何年も坐骨神経痛と戦い、なんとか折り合いをつけて生活してきたという方はこの長期の坐骨神経痛にあたります。しかし長期だから治らないと諦める必要はありません。何をしても治らなかった坐骨神経痛が、治療法を変えただけでみるみる回復した!というケースもよくあります。原因や正しい治療法をチェックしていきましょう。

筋肉の緊張による坐骨神経痛は短期間で完治する



梨状筋という筋肉が緊張していることで坐骨神経が圧迫されている坐骨神経痛の場合は、この筋肉をほぐすことで痛みを取り除くことが可能です。梨状筋はお尻にある筋肉で、長時間悪い姿勢を続けていること、ストレスを強く感じていることなどが原因で痛みを感じるようになります。
接骨院や整体、カイロプラクティックなどで施術を受けることで完治することが可能です。しかしまた同じような悪い姿勢が続く生活をしていると痛みが出てくることもありますので、感知したあとも十分姿勢に気をつける必要があります。

椎間板ヘルニアなどが原因の坐骨神経痛は時間がかかる



坐骨神経痛は病名ではなく、他の病気による症状の名称です。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になることで坐骨神経痛を併発することが多いです。この場合はまず椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症を治療していく必要がありますので、完治までには時間がかかってしまいます。
椎間板ヘルニアは手術をしなくても自然治癒したり、保存療法で治療することが可能ですが、坐骨神経痛が完治するまでには半年から1年くらい、今気強く治療を続ける必要があります。
また、椎間板ヘルニアなどは一度かかるとまた再発する可能性も高いため、完治したあとも定期的に病院や接骨院で治療を受けたり、自宅でできるセルフケアを続ける必要があります。

年齢によっても完治にかかる時間に差が!


http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0030341683-1.jpg
坐骨神経痛は、年齢によっても完治にかかる時間が変わります。坐骨神経痛は筋肉のはたらきを強めることで完治させることができますが、年齢があがるにつれて筋肉も衰え、回復に時間がかかるようになってしまいます。
その分まだ筋肉を鍛えやすい若い方なら、早い段階で坐骨神経痛を完治させることができます。まだ若いからと放置せず、早めに治療を行うようにしましょう。
高齢者でも、適切な治療法を行ったり、自宅で毎日ストレッチなどを行うことで回復を早めることは十分に可能です。

坐骨神経痛の痛みはよの中央接骨院へ



坐骨神経痛にお悩みなら、よの中央接骨院へご相談ください。年齢を問わず、坐骨神経痛の治療を行っています。坐骨神経痛の痛み以外にも腰痛、肩こり、頭痛など様々な体の不調を改善するお手伝いをさせていただきます。他の病院や接骨院などで解決しなかったという悩みもぜひお話ください。一緒に解決策を見つけていきましょう!

banner

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内 腰痛 産前産後 肩こり頭痛 ひざ痛 坐骨神経痛 アクセス・受付時間 院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る

googlec12817d727eeafd2.html