院長の気ままブログ

2018.10.23更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/7c5acdf13b8e11fc233cb4d398073168bc7a52e7.jpg

自分が今抱えている痛みは坐骨神経痛によるものではないか?とお悩みの方のために、坐骨神経痛の代表的な症状やその原因についてご紹介いたします。
坐骨神経は体を動かす指令を出す、体の中でも重要な部分です。この坐骨神経に何らかの影響で障害が起こると坐骨神経痛となって体に痛みが出るようになります。
坐骨神経痛は病名ではなく、症状の一種です。原因をしっかり理解して、治療に挑むようにしていきましょう。

 

<目次>

坐骨神経痛の症状①痺れるような痛み

坐骨神経痛の症状②常にお尻が痺れる

坐骨神経痛の症状③歩行困難

坐骨神経痛の症状④動かすと痛みが出る

坐骨神経痛の症状⑤安静にしていても痛む

坐骨神経痛の原因①症候性坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因②梨状筋性坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因③仙腸関節障害

坐骨神経痛の原因④根性坐骨神経痛・腰痛性坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因⑤精神的要因

坐骨神経痛の原因⑥妊娠

 

坐骨神経痛の症状①痺れるような痛み



坐骨神経痛の代表的な症状の一つとして痺れるような痛みがあります。
坐骨神経は太ももの裏にもつながっていますが、太ももだけでなくすね、ふくらはぎ、足全体に痛みが出ます。
一部分だけの場合、全体の場合、時々によって痛む場所が少し違うなどの症状もあります。

坐骨神経痛の症状②常にお尻が痺れる



足の付け根、尾てい骨の周辺、お尻の奥の方が痛いという場合もあります。この場合その周辺を触ると感覚がなかったり、違和感を感じることも。
お尻の筋肉をさわったりほぐしたりしてみてもいつまでも固く、冷えて固まったような感じがするのも特徴的です。

坐骨神経痛の症状③歩行困難



坐骨神経痛の症状が出ると足全体が常に痛いという方が多く、そうなると足をかばうために歩き方がおかしくなったり、ゆっくりとしか歩けなくなります。
足に力が入らないため立つことができないというケースも。
足をかばうために歩き方がおかしくなることで余計に下半身の筋肉が緊張し、さらに痛みを悪化させてしまう可能性もあります。
坐骨神経痛によって歩行が難しい場合は無理に動こうとせず、安静にすることを心がけましょう。

坐骨神経痛の症状④動かすと痛みが出る



ある一定の動きをすると痛みが出るという症状もあります。足を動かす、足首を回す、前屈や後屈をする、体をひねるなどの動きをすると痛みがひどくなったり、痛くて体が動かせないというような状態になる方も。
このような場合、痛みに慣らすため、体をほぐすためにあえて痛くなる動きをしてしまう方が多いですが、何度も体に負担をかけることで余計に痛みがひどくなり、動けなくなってしまう可能性もあります。
痛みを感じる動きは極力避けて、すぐに医師に相談するようにしましょう。

坐骨神経痛の症状⑤安静にしていても痛む



坐骨神経痛の原因である病気の症状が進行したり、痛みがあるのに無理な動きを続けていると、安静にしていても足が痛むようになります。
多くは筋肉や神経の緊張が原因。無理な動きを続けることで体が緊張し、血行が悪くなってしまい痛みが出やすくなってしまうのです。
体を温めるなどの方法で一時的に症状が改善されることがありますが、本格的な治療をしなければ日常生活にも支障が出るようになります。

坐骨神経痛の原因①症候性坐骨神経痛



坐骨神経痛の原因となる病気を見ていきましょう。
まずは症候性坐骨神経痛。坐骨神経痛が起きる場合はどこかの坐骨神経が圧迫されているはずですが、この場合はどこにも圧迫が見られず原因がハッキリしません。
そのため根本的にどこを治す、という治療法ができないため、痛みのある部分、しびれを感じている部分をマッサージ、ストレッチ、温めるなどの保存療法をとっていきます。
症候性坐骨神経痛の奥には糖尿病や動脈硬化、うつ病などの可能性が潜んでいることもありますので、整形外科で異常なしと診断されたら内科でも体に異常がないか確認してもらう必要があります。

坐骨神経痛の原因②梨状筋性坐骨神経痛



坐骨神経はお尻の深い部分にある梨状筋を通って太ももの裏に向かっています。
梨状筋性坐骨神経痛は、この梨状筋が異常に硬くなってしまうことによって引き起こされます。尻もちをついた、立ち仕事でお尻に力が入る姿勢を続けていた、ストレッチ不足や運動不足でいきなり激しい運動に挑んだという場合はこの梨状筋性坐骨神経痛になりやすいと言われています。
梨状筋性坐骨神経痛の場合は、ヘルニアのような治療では症状は改善しません。お尻の奥にある梨状筋をほぐし、血流がよくなるようなマッサージを続けることが重要です。
坐骨神経痛の中でも梨状筋性坐骨神経痛と診断されるケースは多く、治療も比較的簡単なため、改善までがスピーディーという特徴があります。

坐骨神経痛の原因③仙腸関節障害



坐骨神経痛の原因の中には仙腸関節障害というものもあります。
仙腸関節とは骨盤にある仙骨と腸骨の間にある関節のことで、これらは人体によって強力に連携されています。仙腸関節は非常に小さな関節ですが、日常生活の基盤となる動きを支えています。
しかし日常生活の中で中腰の姿勢が続いたり、繰り返し腰に負担がかかる動作を続けていると関節に微妙な負荷がかかり、痛みが生じるようになるのです。
立ち仕事などをしている方だけでなく、妊娠、出産による腰への負担が影響して仙腸関節障害を引き起こすこともあります。
鎮痛剤や骨盤ベルトなどを使って治療する方法が一般的です。骨盤の位置を正しい位置に戻し、負担をかけないように安静に過ごすことが優先されます。

坐骨神経痛の原因④根性坐骨神経痛・腰痛性坐骨神経痛



座骨神経の付け根が圧迫されることで痛みが起きるようになります。
脊髄の近くで起こる痛みが根性坐骨神経痛で、腰の骨や関節、人体、筋肉に異常があって痛みで出るものを腰痛性坐骨神経痛といいます。
坐骨神経痛の中でも明確な原因として診断されることが多いです。
治療方法としては神経ブロック注射や内服薬によって痛みを抑える方法が一般的です。
神経の活動性を高めるための薬を服用することもあります。

坐骨神経痛の原因⑤精神的要因



坐骨神経痛を引き起こす原因の一つに精神的な要因というものもあります。
人間の体には自律神経があり、交感神経を副交感神経がバランスを保ちながら日々の活動を支えています。
しかし緊張を感じると自律神経の中でも交感神経が優位になり、この状態が続くと血流の流れが悪くなってしまいます。血流が悪いと筋肉に栄養や酸素が十分に行き渡らなくなり、筋肉が硬くなる原因に。
そして神経も圧迫され、坐骨神経痛となって体に表れるようになるのです。
緊張は重いものを持つ、同じ姿勢を続けるといった身体的なものだけでなく、過度にストレスを感じている場合にも引き起こされます。
仕事、家庭環境などで日々ストレスを感じ、なかなか発散できないでいると精神的な苦痛を坐骨神経痛といった形で表に出すようになるのです。
整形外科でも内科でもとくに異常が見られなかったという場合は、精神的な要因についても考えてみましょう。そのまま放置しているとうつ病などの病気を引き起こす可能性もあります。

坐骨神経痛の原因⑥妊娠


http://www.yono-chuou-s.com/asset/590e6f638038e0363666adeb07ae2bf1bf9e3649.jpg
妊娠するとお腹を支えるために腰に大きな負担がかかります。お腹の中では赤ちゃんは日々成長していきますよね。そのスピードに追いつけず、腰の神経が圧迫されて坐骨神経痛を引き起こしてしまう妊婦さんは多いのです。
また、産後も育児のストレスなどからなかなか坐骨神経痛の症状が治まらないという可能性も。ですが無理をしないこと、骨盤ベルトで骨盤の位置を支えてあげるなどの方法で自然と改善に向かっていくケースがほとんどです。

坐骨神経痛の症状と原因を知って治療していこう


坐骨神経痛の主な症状や原因についてご紹介いたしました。
坐骨神経痛と言ってもその原因は様々。中には原因がわからず、とりあえず痛みをしのぐという方法しかない場合もあります。
それぞれに的確な治療方法をアドバイスしてくれるので、痛みを我慢することなくすぐに医師やお近くの接骨院に相談するようにしてくださいね。

 

お尻から脚の裏側までシビレにお悩みの方は早めにご連絡ください!

    ↓                                        ↓

http://www.yono-chuou-s.com/zakotsusinnkeituu/

 

 

 

banner

 

よの中央接骨院院長 蔵楽俊樹

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.10.15更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/6-1.jpg

 

年齢を重ねると、体の様々な部分に不調が出てきます。膝の痛みもその症状の一つですよね。しかし、もう歳だから…と膝の痛みを諦めていませんか?様々な方法で膝の痛みを取り除くことは可能です。諦めずに、これからご紹介する方法を試してみてください!

 

<目次>

1.どうして年齢を重ねると膝が痛む?

2.膝の痛みの改善方法①理学療法

3.膝の痛みの改善方法②投薬治療

4.膝の痛みの改善方法③食事

5.膝の痛みの改善方法④骨盤矯正

 

 

1.どうして年齢を重ねると膝が痛む?



どうして年齢を重ねると膝が痛むようになるのでしょうか。
その原因の一つに関節軟骨があります。関節と関節の間には、そのクッションの役割を果たす軟骨があります。
日々の生活の中でこの軟骨がすり減ったりこすれあうことで炎症が起こり、膝が痛むようになります。
軟骨は関節液から運ばれる栄養や酸素で健康な状態をキープできますが、加齢によtt関節液の分泌が不十分になったり、また軟骨の生成が間に合わなくなることも。
また、膝の痛みをかばうように生活することで体の筋肉が緊張し、余計に膝の痛みを増幅させているという可能性もあります。
膝の痛みは放置すればそれだけ長引いてしまいます。早めに改善策を取り、膝の痛みの悪循環を断ち切りましょう!

2.膝の痛みの改善方法①理学療法



まずは理学療法から膝の痛みを取り除く方法をご紹介します。
理学療法とは、痛む部分を温めたり運動を与えて筋力をアップさせること。
膝周辺を温めることで血行がよくなり、膝にたまった疲労物質を取り除いたり栄養を行き渡りやすくすることができます。
また、太ももの前側を鍛えることで膝にかかる負担を軽減することもできます。スクワットが一番効果的ですが、年齢的に難しいという方は座ったまま膝を曲げ伸ばしして、太ももの前側の筋肉の緊張を取り除くようにしてみましょう。
体や膝に痛みが走る、辛くて続かないという場合は他の方法からアプローチすることもおすすめします。

3.膝の痛みの改善方法②投薬治療



病院に膝の痛みを訴えると、炎症を鎮める飲み薬や湿布、塗り薬などの外用薬を処方されます。
しかし飲み薬や外用薬はその場しのぎと考えるのがおすすめ。一度膝の痛みが改善しても、大元の原因を取り除かない限りは日常生活を行ううちにまた膝に痛みが出てきてしまいます。

4.膝の痛みの改善方法③食事



食生活からも膝の痛みにアプローチすることは可能です。
年齢を重ねると筋肉が作られにくくなり、その結果関節に負担がかかるようになってしまいます。筋肉や骨を丈夫にする食生活を心がけましょう。
筋肉を補うのに効果的な食品はタンパク質が多く含まれているものです。赤みの肉、鶏肉、大豆製品などを積極的に摂取しましょう。特に年齢を重ねるとお肉を避けてしまいがちですが、筋肉を作るためには動物性のタンパク質は欠かせません!
骨にはやはりカルシウムが大切。こちらは牛乳などから気軽に摂取することができますね。朝はお茶ではなく牛乳を飲むなど、少しずつ取り入れるようにしてみてください。

5.膝の痛みの改善方法④骨盤矯正



膝の痛みの原因は骨盤の歪みにもあります。骨盤が歪むと膝に負担がかかり、また片足をかばう歩き方をすることでますます骨盤を歪めてしまいます。
骨盤矯正なら接骨院で施術を受けるだけなので、高齢で運動ができないという方でも気軽に取り入れられるのではないでしょうか。
それでいて膝の痛みを根本から解決することができるので、骨盤矯正はとくにおすすめですよ。

よの中央接骨院の骨盤矯正で膝の痛みを改善!

 

http://www.yono-chuou-s.com/asset/6-2.jpg

膝の痛みを取り除くには、食事や投薬、ストレッチの他に骨盤矯正も大切です。
よの中央接骨院では、膝の痛みの原因となる骨盤の歪みを取り除く骨盤矯正を行っています。膝関節の痛みにもアプローチしていきますので、膝の痛みにお悩みの方はお気軽にご相談ください。
高齢の方にも負担がかからないような施術をご提案しますので、諦めずに一緒に膝の痛みを治していきましょう!

banner

 

よの中央接骨院院長 蔵楽俊樹

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.10.09更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/8724eab207849023b0ffa7a96509409ab3934a0b.jpg

脊柱管が狭くなることで神経が圧迫され、足腰に痺れや痛みの症状が出てしまう脊柱管狭窄症。その治療方法には様々なものがありますが、手術をしなければ根本的な解決にはいたらないのでしょうか?

脊柱管狭窄症の手術の内容や効果、リスクなどをご紹介いたします。

<目次>

1.脊柱管狭窄症の手術とは?

2.脊柱管狭窄症の手術が必要なのはこんな人

3.脊柱管狭窄症の手術のリスクは?

4.脊柱管狭窄症の主な治療方法とは?

5.脊柱管狭窄症は手術をしなくても治せる?

 

1.脊柱管狭窄症の手術とは?



脊柱管狭窄症の手術は、狭くなってしまった脊柱管を広げるのが主な目的です。
その方法には開窓法と拡大除圧椎弓形成術があります。
開窓法は脊柱管が部分的に狭くなっているときに用いる手術の方法で、椎弓に穴を開けて神経を圧迫している骨、靭帯を切除するという方法。
拡大除圧椎弓形成術は、脊柱管の狭窄が3箇所以上に見られる場合に用いられます。他にも狭窄の部分が離れている、ひどく狭窄しているという場合もこの方法が選択されます。
椎弓を一旦切り離し、その内側を削って脊柱管を広げ、再度椎弓をもとの位置に戻すという方法です。

2.脊柱管狭窄症の手術が必要なのはこんな人



脊柱管狭窄症の手術は、強い麻痺を感じている方、排尿障害、排便障害を伴っている方、痛みや痺れによって日常生活に影響が出ている方、短時間しか歩くことができないような方、保存療法を半年以上行っても症状が改善されない方におすすめされます。
逆に言えば、これ以外の軽度の痺れや痛みの場合は保存療法を取ることが多いので、病院にいっていきなり手術!となる可能性は低いと言えます。

3.脊柱管狭窄症の手術のリスクは?


http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0046685838-1.jpg
脊柱管狭窄症は手術をすれば完全に治るというわけではありません。
実際に手術をした人の7割は症状の改善を実感できたという報告がありますが、残りの3割は症状が変わらなかったということですよね。
脊柱管狭窄症の手術を行うと、痛みを軽減することができても痺れが残るケースが多いです。
これは神経が損傷しており、脊柱管を広げても神経が回復していないこと、回復に時間がかかることが原因です。
手術をすればかならずすべての症状が改善されるというわけではないので、保存療法でなんとか痛みは痺れを軽減することができないか十分に検討、治療を進めてから手術に踏み切ることが大切と言えます。
また、近年は手術の技術も向上しているため手術中の事故も少なくなってきていますが、やはり脊髄は体を支える重要な部位ですので、手術の失敗による歩行困難などのリスクもまったくないわけではありません。
これらのリスクを背負ってでも手術をする必要があるのか、医師とよく相談していかなければなりません。

4.脊柱管狭窄症の主な治療方法とは?



では、手術以外の脊柱管狭窄症の治療方法にはどんなものがあるのでしょうか。
よく行われているのは消炎鎮痛薬の使用です。飲み薬、塗り薬などで痛みや痺れを抑えます。
他にも血管拡張薬で血行を良くしたり、ビタミン剤で神経を修復するという方法もあります。
神経ブロック注射で神経の痛みや痺れを緩和させる方法もありますが、これは一時的な解決にしかならないというデメリットも。
コルセットの装着、温熱療法、牽引療法など様々なアイテムを使った治療法もあります。
しかし長期的な目で見れば、神経を和らげて血行をよくする力のある運動や筋トレ、マッサージなどが効果的と言えるでしょう。

5.脊柱管狭窄症は手術をしなくても治せる?



脊柱管狭窄症の手術についてご紹介いたしました。
脊柱管狭窄症の手術は、症状がよっぽどひどい方にのみ行われる治療法です。
最近では保存療法がメインになってきていますので、そこまで深刻に手術について考える必要はないと言えるでしょう。
よの中央接骨院では脊柱管狭窄症の症状を和らげるマッサージやストレッチの指導も行っています。まずはお気軽にご相談ください。

 

banner

よの中央接骨院院長蔵楽

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

entryの検索

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内 腰痛 産前産後 肩こり頭痛 ひざ痛 坐骨神経痛 アクセス・受付時間 院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る

googlec12817d727eeafd2.html