院長の気ままブログ

2018.08.30更新


腰や太もも、ふくらはぎがビリビリと痺れるように痛む坐骨神経痛。坐骨神経が圧迫されることによってこのような症状が現れます。坐骨神経痛を招いてしまう原因やその予防法をチェックしておきましょう。

よの中央接骨院 坐骨神経痛

<目次>

坐骨神経痛の原因①椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因②腰部脊柱管狭窄症

坐骨神経痛の原因③変形性腰椎症

坐骨神経痛の原因④腰椎すべり症

 

坐骨神経痛の予防法①血行をよくする

坐骨神経痛の予防法②ストレッチ

坐骨神経痛の予防法③姿勢を意識

 

坐骨神経痛の主な原因

 

坐骨神経痛の原因①椎間板ヘルニア



椎間板ヘルニアは腰痛の中でも代表的な症状の一つです。背骨と背骨のクッションの役割を果たす椎間板が飛び出してしまい神経を圧迫することで坐骨神経痛を引き起こします。
デスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けている、重たいものを持ち上げる機会が多いという方は椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。

坐骨神経痛の原因②腰部脊柱管狭窄症



腰部脊柱管狭窄症とは背骨の中央にある脊柱管が狭くなることです。腰に近い部分の脊柱管が狭くなると足や腰の痛みにつながります。
加齢、悪い姿勢が影響して脊柱管が細くなってしまうのが主な原因ですが、生まれつき脊柱管が細くこの症状を引き起こしやすい方もいます。

坐骨神経痛の原因③変形性腰椎症



腰椎の形が刺状に変形してしまい神経を圧迫するのが変形性腰椎症です。しびれや痛みを伴います。
こちらの多くの原因も加齢によるもの。スポーツや仕事で腰に大きな負担がかかっている、同じ姿勢を長時間続けているといった場合にも引き起こされます。

坐骨神経痛の原因④腰椎すべり症


腰椎は正常な場合きちんと上に積み重なるように並んでいますが、加齢や姿勢などが影響して下の方の腰椎が前方へずれてしまう、分離してしまうということがあります。これを腰椎すべり症といいます。
このずれが大きくなると、その近くの脊柱管も同じように曲がってしまい、神経を圧迫して坐骨神経痛の痛みが出るようになります。

 

坐骨神経痛の予防法

坐骨神経痛の予防法①血行をよくする



腰や足をあまり使わない生活をしているとその部分の筋肉が衰え、血行が悪くなります。血行が悪いと痛みやしびれの症状が出やすくなってしまうため、日頃血行をよくする工夫をする必要があります。お風呂に入って体を温める、適度な運動をする、暖かい食事を取るなど、血行の改善を目指しましょう。

坐骨神経痛の予防法②ストレッチ



坐骨神経痛の予防法として最もおすすめなのがストレッチです。普段使わない足や腰の筋肉を動かすことでその部分の柔軟性を高め、姿勢が悪くなってしまうこと、筋肉が衰えてしまうことを防ぎます。
ストレッチをして体を動かすこと、体を温めることは先程ご紹介した血行の改善にもつながりますので、ぜひチャレンジしてみましょう。
しかし、腰周りを動かすストレッチを行っていいのは初期段階か、予防したいとお考えの方のみ。本格的な痛みが出ている場合は無理に腰周りを動かすことで余計に症状が悪化してしまう可能性があるため控えましょう。

坐骨神経痛の予防法③姿勢を意識



長時間の悪い姿勢が坐骨神経痛を招きます。若いのに腰痛で悩む…なんてことがないように、普段から姿勢を意識していきましょう。
歩くときは背筋を伸ばす、座っているときに足を組まない、顎を引いて猫背にならないよう気をつけるなど、ちょっとした意識が坐骨神経痛の予防につながります。

よの中央接骨院 運動する女性

坐骨神経痛ならよの中央接骨院へ


坐骨神経痛の原因や予防法をご紹介しました。坐骨神経痛の原因はハッキリしているものが多いため、適切な治療を行えば改善することは可能です。
本格的な痛みやしびれが出ていて困っているという方は自分で解決しようとせず専門家に見てもらうのが一番。
ぜひよの中央接骨院へご相談ください。今までに様々な坐骨神経痛の症例を見てきましたので、あなたのお役にも立てることかと思います。辛い痛みから1日でも早く開放されるためにも、早期の受診をおすすめいたします!

 

banner

 

よの中央接骨院蔵楽俊樹

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.08.27更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/81de989214b3737758eac8f325d616ece7618dce.jpg

枕を使ってストレートネックを改善することは可能です。普段何気なく使っている枕をちょっと意識してみて、辛い肩こり、頭痛などの症状から開放されちゃいましょう!

<目次>

ストレートネックの人に枕がおすすめな理由

自分の理想の高さを知ろう

枕の高さを徐々に変えていこう

首枕を使うのもおすすめ

枕の使い方を変えてストレートネックを改善しよう

 

ストレートネックの人に枕がおすすめな理由



普段枕を使わないという方も多いかと思いますが、ストレートネックの改善には枕は必要不可欠です。ストレートネックの人が枕を使うべき理由をご紹介します。
まず、横を向いて眠るときをイメージしてみてください。枕がないと首が曲がり、肩や首に大きな負担がかかっているのがわかるかと思います。
寝返りは無意識の内に打つものですが、眠っているときもこの負担を感じなくするために、枕を使わない人は寝返りの回数が減ります。
寝返りは身体の負担を和らげて血行促進を促すために大切な動作です。この動作が少なくなってしまうことで、血流や睡眠の質に悪影響を及ぼしてしまいます。
さらに仰向けで眠っているときも、枕がないと首が不自然に反り返ってしまいます。ストレートネックを改善するには、立っているとき、座っているときに背筋を伸ばして首を正しい位置に持っていくことも大切ですが、眠っているときもその姿勢を維持する必要があります。
自分の首の位置に合った高さの枕を利用することで、美しい姿勢を眠っているときもキープすることができますよ。

自分の理想の高さを知ろう



まずは、自分の理想的な高さの枕を知ることから始めましょう。
仰向けに眠るときに理想と言われる首の傾斜は、肩から頭が15度、顔が5度傾いている状態と言われています。この姿勢をキープすることができると肩から首の筋肉を緊張させることなく、リラックスして眠ることができます。背骨も自然な傾斜を描くことができ、頭が心臓よりも高くなるので頭に血が上って翌朝フラフラするということもありません。
枕が高すぎて顔の傾斜が多くなると気道が悪くなり呼吸しづらくなります。呼吸がしづらいと酸素を取り入れにくくなり、リラックスできない、疲れが取れない、肩や首の筋肉が緊張するといった症状が出てしまいます。
枕の高さに合わせて、5度くらい下に傾く姿勢を見つけてみましょう。

枕の高さを徐々に変えていこう



自分の理想の枕の高さを知ることができたら、早速枕の高さを変えていきましょう。しかし毎日使い慣れた枕からいきなり変えると違和感を感じて眠りにくくなってしまうという方も多いのではないでしょうか。
そんなときは、理想の高さの枕にタオルを重ねて、枕の高さを調節していきましょう。
高すぎる枕から理想の高さの枕に変えたいときは、最初にタオルをたくさん敷きます。数日ごとに徐々にタオルを減らしていき、最終的に理想の高さになるようにしていきます。
枕が低すぎるという方、枕を使うと違和感を感じるという方は、最初はタオル数枚から始めて、徐々に枕の高さを上げていくようにしてみてください。

首枕を使うのもおすすめ



ストレートネックは首の曲線が描けていない状態のことを言います。そのため、眠っているときに首枕を利用して首を曲げてあげることで、自然なカーブを取り戻すことができるかもしれません。
首枕は専用のものではなく、タオルを巻いて固定したものでも代用可能です。丸めた形状の首枕は首のカーブにフィットしやすく、より効率的にストレートネックの改善に役立てることができますよ。

枕の使い方を変えてストレートネックを改善しよう


http://www.yono-chuou-s.com/asset/faeb09d77531505b593ce00a55aa1ccb84f7d279.jpg
枕から見るストレートネックの改善方法をご紹介いたしました。1日の内に長い時間を使う睡眠のあいだにも、辛いストレートネックを改善する方法を試していきましょう。
よの中央接骨院では、ストレートネックに関する相談も受け付けています。お気軽にご相談ください。

banner

 

よの中央接骨院院長蔵楽

 

googlec12817d727eeafd2.html

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.08.20更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0102786175-1.jpg

手足の痺れを、とくに困らないからと放置していませんか?手足の痺れが起きるのは何かの病気のサインである可能性があります。

手足の痺れの裏に隠された病気をご紹介しますので、気になる方は早めに病院へ!

<目次>

足の痺れから始まる病気①足根管症候群

足の痺れから始まる病気②椎間板ヘルニア

手の痺れから始まる病気①胸郭出口症候群

手の痺れから始まる病気②手根管症候群

手足の痺れから始まる病気①脳梗塞

手足の痺れから始まる病気②末梢神経障害

まとめ

 

足の痺れから始まる病気①足根管症候群



足根管症候群はかかとや足の裏の神経が圧迫されることによって、足首やつま先に痺れや痛みの症状が出る病気です。このとき圧迫される神経はふくらはぎからかかと、足の裏まで通っており、とくに足の下部分の痺れが気になるようになります。

足の痺れから始まる病気②椎間板ヘルニア


http://www.yono-chuou-s.com/asset/80645da785209f2c4911c78906712c7a0a1c2089.jpg
足の痺れには神経が圧迫されることで起きる神経性のものと、血管が圧迫されて神経に栄養が行き届かなくなることで起きる血管性のものがあります。
椎間板ヘルニアはこの中でも神経性のもの。背骨の椎骨と椎骨のあいだにあるクッションのような役割を果たしている椎間板が磨り減ったり変形したりすることで神経が圧迫され、足の痺れという症状が出てくるようになります。
椎間板ヘルニアと言えば腰痛が主な症状のイメージがありますが、このような足の痺れから始まることも。

手の痺れから始まる病気①胸郭出口症候群



主になで肩の人、中でも女性がなりやすいのが胸郭出口症候群です。
脊髄から手足に伸びている神経、血管は、肋骨の一番上と鎖骨のあいだを通っています。なで肩や肩が下がってしまっている場合、この部分の隙間が狭くなり、血管、神経が圧迫されてしまいます。その結果手に痺れが起きるようになるのです。
完全に治す治療方法はありませんが、悪い姿勢を改善する、重たいものを持たないなどの予防が大切です。なで肩ではなくても猫背、巻き肩になっているとこの症状が出ることもあるので、常に姿勢には気をつけましょう。

手の痺れから始まる病気②手根管症候群



手根管症候群の原因には様々なものがあります。腱鞘炎、ケガ、パソコンの使いすぎ、出産前や更年期によるホルモンバランスの乱れなどなど。
最初は指先、とくに中指に痺れの症状が起きるようになり、その後手全体が痺れるようになっていきます。
手のひら側の手首を叩いたときに指先に痺れがあるようなら手根管症候群と見ていいでしょう。

手足の痺れから始まる病気①脳梗塞



手だけでも足だけでもなく手足に痺れの症状が見られる場合は、脳梗塞など脳の病気のサインかもしれません。
脳梗塞というといきなり倒れるような重病をイメージしがちですが、最初からこのような些細なサインが出ていることもあります。少しでも異変を感じたら、病院で検査してもらうようにしましょう。
脳梗塞による手足の痺れは、左右対称ではなくどちらか一方だけが痺れるのが特徴。
鎮痛剤やマッサージ、リハビリなどでもあまり改善せず、やはり根本の原因である脳梗塞の治療が先決となります。

手足の痺れから始まる病気②末梢神経障害



手足には無数の神経が通っています。
神経は太いものだとうどんくらいの太さがありますが、手足に枝分かれしていくにつれて徐々に細くなっていきます。
血液がドロドロだったり栄養不足の状態が続いていると、この細い神経にまできちんと栄養を送り込むことができず、末梢神経の病気が引き起こされて手足が痺れるようになります。
痺れがある部分をしばらく使わず安静にしておくことで症状が改善することもありますが、血液をサラサラにする、栄養バランスのとれた食事をするという治療も必要です。

手足の痺れはまず病院に相談!


手足の痺れには様々な病気が隠れている可能性があります。
放置しておくと重病を見逃してしまうかもしれません。異変を感じたら、まずは病院に相談しましょう。

banner

 

よの中央接骨院院長 蔵楽俊樹

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.08.10更新

元気な女性よの中央接骨院
いつまでもキレイな体型を維持したい、若いころのような美しい姿勢に戻りたい…と願う女性は多いはず。そんな女性には整体がおすすめです。女性が整体を受けることのメリットをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

 

<目次>

女性スタッフが多いこと

ゆるやかな効果が得られる

骨盤矯正ができる整体院も

産後の体の疲れやゆがみを取る

生理痛にも整体は効果的

まとめ

 

女性スタッフが多いこと


整体は接骨院などと比較して女性スタッフが多い傾向にあります。
接骨院のスタッフになるには国家資格が必要ですが、整体院のスタッフになるには厳しい試験を受ける必要がないため、家事や育児に忙しい女性でも働きやすいというのがその理由の一つではないでしょうか。
女性スタッフにならなんでも話しやすい、触られるのに抵抗がないと感じる女性は多いですよね。生理の不調など、女性にしか分からない悩みも親身になって聞いてくれることでしょう。
もちろん女性スタッフがいる接骨院もたくさんあります。まずは近くにそのような接骨院がないか探してから、整体院に通うことも視野に入れてみましょう。

ゆるやかな効果が得られる


整体と聞くと、テレビで首や足をひねられて痛がっている芸能人の顔を思い出す…という方も多いのではないでしょうか。
しかし実際には整体は非常にゆるやかな効果を得られるもの。マッサージ感覚で通われる方も多いです。
体が弱い、いきなり大きな効果が出るような施術はちょっと怖い、持病が悪化したものの接骨院で本格的な治療を受けるほどではない…という方には整体はおすすめです。

骨盤矯正ができる整体院も


女性の美しいプロポーションに必要不可欠と言ってもいい骨盤。この骨盤がゆがんでいたり開いていると、無駄な脂肪がついたり痩せにくい体質になってしまいます。
整体によって骨盤を正しい位置に戻すことで、足や腰の筋肉をつけやすく、脂肪を燃焼しやすい体を目指すことが可能になります!
整体は体の血行やリンパの流れもよくしてくれるため、老廃物を排出しやすくなるという効果も期待できます。結果的に痩せやすい体になり、ダイエットにも効果的。

産後の体の疲れやゆがみを取る


産後、女性の体は思っているよりも大きなダメージを受けています。
とくに骨盤は開いていてゆがみやすい状態。そんな産後に整体を受けることで、骨盤を正しい位置に戻りやすくすることができます。
整体によって体の疲れを取り、リラックスすることも可能。ストレスは自律神経や筋肉にも影響を与え、心身ともに悪影響を及ぼします。
整体を受けることで慣れない育児の疲れも取ることができ、育児や家事にも余裕をもって挑むことができるでしょう。

産後女性 よの中央接骨院

生理痛にも整体は効果的


重い生理痛にお悩みの方にも整体はおすすめです。重い生理痛の原因には、血行不良、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、体の冷えなどが隠れている場合もあります。
婦人科を受診して子宮内膜症や子宮筋腫などといったトラブルが見つからなかった場合は、整体を受けてみましょう。整体では血行をよくし、心身ともにリラックスできるという効果が期待できます。
血行がよくなると体の冷えも改善され、重い生理痛の原因がどんどん解決されていきます。何をやっても効果がなかった…という方も、一度整体院や接骨院に相談してみましょう。

女性の体の不調ならよの中央接骨院


女性に整体をおすすめする理由をご紹介いたしました。生理痛や産後の骨盤のゆがみなどが気になる方は、ぜひ整体を受けてみてください。
今回は整体についてお話ししましたが、接骨院もおすすめです。接骨院では国家資格を持ったスタッフが施術してくれます。保険も適応されますので、近くに接骨院がある場合はまずそちらをチェックしてみましょう。
よの中央接骨院では、女性の産後の骨盤矯正や体のゆがみ、疲れなどの悩みを多く解決してきた実績があります。
ちょっと話しにくいようなことでも、なんでも気軽にご相談ください!

よの中央接骨院院長蔵楽

 

banner

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.08.06更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0103374716-1.jpg

手足の痺れを改善したい…。そんなとき、どんな治療方法があるのかは非常に気になるポイントですよね。いきなり手術になるのか、薬で治す方法はあるのかなど、手足の痺れの治療法をご紹介いたします。

<目次>

末梢神経の病気の場合は薬物療法

軽い症状の場合は保存療法

症状がひどい場合は手術になることも

その他の病気の場合は専門的な治療が必要

まとめ

 

末梢神経の病気の場合は薬物療法


http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0118729081-1.jpg
手根管症候群、肘部管症候群、足根管症候群など、手や足の末梢神経が原因で手足の痺れが起きている場合は、薬物による治療方法を選択することがあります。
神経障害によって痺れが起きるのは、神経や血管の栄養不足や、神経が傷ついているのが原因です。
そのため、栄養補給、再生促進のためにビタミンB1、ビタミンB2などを服用していきます。
がんが原因で手足に痺れが出ている場合はモルヒネなどの鎮痛剤を利用することもありますが、よっぽど重症ではない限りこのような鎮痛剤は使用しません。

軽い症状の場合は保存療法



神経や血管が圧迫されて起きている手足の痺れの場合は、手術など大きな治療法は選択せず、保存療法となるケースが多いです。
姿勢を改善する、神経をサポートするための筋肉をつける、血管が圧迫されないようにストレッチを続けるなどがメインです。
時々痺れが気になる程度で、重要な病気が隠されていない場合は整形外科だけでなく接骨院などでの治療でも改善することがあります。
しかし、それでも改善しない場合は他に原因が隠されている可能性が。症状が長引く、痛みも生じる、痺れが強くなっている気がするという場合はもう一度他の病院で診断を受ける必要があるかもしれません。

症状がひどい場合は手術になることも



痛みがひどい、明らかに血管や神経に問題があるという場合は手術となることもあります。
しかし最近では椎間板ヘルニアでも保存療法を選択することが多く、よほど重病ではない限りいきなり手術!ということはありませんのでご安心を。
排便障害や排尿障害がある場合は状況を見つつ早めに手術となることもあります。
ですが手術におけるリスクを考えると、保存療法、リハビリ、薬物療法などで様子を見てから、症状が改善しない場合のみ最終手段として手術となるようですね。

その他の病気の場合は専門的な治療が必要



その他、手足の痺れが神経や血管が原因するものではなく、脳など他の部位の病気の副症状として出ている場合は、そちらの病気を治療する必要があります。
手足の痺れが起きる病気として有名なのが脳梗塞ですよね。
脳梗塞の治療は薬物療法が一般的です。
血液の固まりを溶かす薬、脳を保護する薬、脳のむくみや腫れを取る薬などを服用し、症状が改善されるのを待ちます。
脳の症状が治まることで自然と手足の痺れといった諸症状も改善されていきます。

手足の痺れのリハビリならよの中央接骨院へ



よの中央接骨院では、神経障害などが原因で起きている手足の痺れのリハビリも受け付けています。
手足の痺れは放置しておくとどんどんひどくなることもありますし、自己流でマッサージやストレッチを行うことでかえって悪化する場合もあります。
よの中央接骨院なら症状別に、できるだけ症状が改善するようなリハビリ、予防にいいストレッチなどを受けることが可能です。
整形外科でストレッチや姿勢の改善などをおすすめされたという方は、ぜひよの中央接骨院にご相談ください。
一人一人の症状にぴったりのメニューを提案させていただきます!
その他よの中央接骨院では、腰痛改善、骨盤矯正、姿勢矯正などのサポートも行っています。腰痛や手足の痺れと聞くとご高齢の方の悩みのように思えますが、若い方、妊娠、出産を控えた方にも多く見られる症状です。体の不調にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

banner

よの中央接骨院院長 蔵楽俊樹

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

entryの検索

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内 腰痛 産前産後 肩こり頭痛 ひざ痛 坐骨神経痛 アクセス・受付時間 院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る

googlec12817d727eeafd2.html