院長の気ままブログ

2018.03.31更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/5.jpg

 

骨盤矯正にはダイエット、姿勢の改善、冷え、むくみの改善、産後の体の引き締めなど様々なメリットがあります。接骨院や整体に通わなくても簡単に骨盤矯正ができるアイテムとして人気なのが骨盤矯正ベルト。今回は、そんな骨盤矯正ベルトの正しい使い方や使う時間帯についてご紹介します。

寝ている状態で骨盤矯正ベルトをつけよう


産後は骨盤が開いている状態です。その開いた骨盤の中にたくさんの内蔵が収まっています。立っている状態だと重力に従って内蔵が降りてきてしまいます。その状態で骨盤矯正ベルトをつけると内蔵が締め付けられてしまい体に負担になります。また、子宮に負担を与えてしまう可能性も。
骨盤矯正ベルトをつけるときは、横になった姿勢でつけるようにしましょう。さらに腰にクッションなどを敷いて、骨盤が胸よりも高い位置になるようにしてからつけるのがおすすめです。

締めつけ過ぎには要注意!


早く骨盤をもとの位置に戻したいからと言ってきつく締め付けるのは危険です!骨盤は生理周期や体の状態によって日々微妙に動いています。その動きを骨盤矯正ベルトによってストップさせてしまうことにより、生理周期に乱れが出たり、生理痛や生理前にPMSがひどくなってしまう可能性もあります。
また、骨盤周りの血流が悪くなって冷えやむくみの原因になることも。
とくに産後すぐの体がデリケートな状態のときは、あくまで骨盤の動きをサポートするくらいの力で優しく固定してあげるのがおすすめですよ。

骨盤矯正ベルトを巻く位置に注意


骨盤矯正ベルトは、その位置も重要です。おへその真下、少し出っ張っている恥骨と、足の付け根にある大転子という骨を一直線に結び、その部分を包みこむように巻いていきましょう。
骨盤矯正ベルトはお腹に巻くのではなく、お尻に巻くようなイメージの方が正しいかもしれません。
正しい巻き方がわからない、自分の使い方が合っているか不安という方は、産婦人科の先生や接骨院などで聞いてみましょう。正しい位置や巻き加減などを指導してくれますよ。

自分に合った骨盤矯正ベルトを見つけよう


骨盤矯正ベルトには様々な種類があります。まずは一般的なベルトタイプ。自分で巻き加減を調整でき、妊娠中のお腹を支えるのにも役立ちます。ダイエット目的に効果的なクロス型のベルトなどもあります。
次にガードルタイプ。下着の上から履くだけで骨盤をサポートしてくれるので、巻き方がわからない、難しいのはちょっと…という方にもおすすめです。しかしサイズが合わないとゆるすぎたりきつすぎたりしますので、試着はしっかり行いましょう。
腰痛がひどい、骨盤の開きがとくに気になるという方におすすめなのが仙腸関節ベルトです。骨盤をしっかり固定し、腰痛など体の不調もサポートしてくれます。

骨盤矯正ベルトをつける時間帯は?
骨盤矯正ベルトは1日中つけている必要はありません。日中動き回る方は眠っているあいだだけ、日中安静にしつつも家事などを行う場合は日中だけと使い分けるようにしましょう。1日中骨盤を締めつけすぎているのも、筋力の低下などを招いてしまいますので気をつけてくださいね。

骨盤矯正のご相談はよの中央接骨院へ!

http://www.yono-chuou-s.com/asset/6.jpg

骨盤矯正ベルトの正しい使い方については理解していただけましたか?色々とややこしい印象もありますが、正しい使い方さえマスターすれば骨盤矯正ベルトを使って骨盤を正しい位置に戻すことは可能です。
もし不明点がある、専門家にしっかり骨盤矯正をしてもらいたいという場合は、ぜひよの中央接骨院へご相談ください。産前産後のみならず、ダイエット目的での骨盤矯正のご相談も受け付けております!

banner

 

よの中央接骨院産後骨盤バナー

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.03.28更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/5-1.jpeg

「スマホ首」とも呼ばれるストレートネック。スマホの見すぎや長時間の悪い姿勢が原因で引き起こされる症状ですが、このストレートネックを治すためのストレッチはたくさんあります。今回はそのほんの一部をご紹介いたします。

ストレートネックのストレッチのポイント


ストレートネックを改善するためのストレッチのポイントは、可動域を広げるということです。
首が本来のS字カーブを描かずまっすぐになっているストレートネックは、首の可動域が狭くなっています。これによって首を動かすときに筋肉が緊張してしまい、ストレートネックによる肩こりや頭痛などの不調を悪化させてしまうことも。
ふとしたときの衝撃で首に痛みが走ることもあり、思わぬけがや事故につながる可能性もあります。
ストレートネックを改善するためのストレッチでは、首の可動域を広げて柔らかくし、筋肉が必要以上に緊張しなくてもいいような状態を目指すことを目的としています。

ストレートネックに効くストレッチ①前屈、後屈


まずは首の前後の可動域を広げるストレッチをしていきましょう。
いすに座った状態で、両手を頭の後ろで組みます。あごを胸につけるような感覚で、手で頭を押しながらゆっくり前に倒してください。
背中が丸まったり、腰が後ろにいってしまうと意味がありません。身体はしっかり固定した状態でゆっくり行ってくださいね。
5秒キープして、ゆっくり元の体制に戻る。この動作を3回行いましょう。
次に後屈です。両手を握り、親指を立ててください。その親指をあごにつけて、優しく押し上げていきます。ストレートネックになっている方は首を後ろに倒すと痛みを感じることがあるので、無理に倒す必要はありません。
腰や背中を逸らさず自然に上げられるところでキープ。同じく5秒待ち、ゆっくり元の位置に戻るのを3回行ってください。

ストレートネックに効くストレッチ②肩周りのストレッチ


スマホを長時間見ていると、首だけでなく肩にも負担がかかっています。肩、背中を伸ばすストレッチで、全体の筋肉をほぐしていきましょう。
まっすぐ立って、両手を腰で組みます。胸を反らせながら、両手も後ろにぐっと伸ばしましょう。
胸を開いて肩ごと後ろに持っていくように意識するのがポイントです。
凝り固まった首、肩、背中の筋肉を一気に伸ばしてほぐすことができるストレッチです。休憩時間にさっと試すことができるので、身体が疲れてしまう前に取り入れていきましょう。

ストレートネックに効くストレッチ③パームトゥフェイス


最後にパームトゥフェイスというストレッチをご紹介いたします。
まず、壁に腰、背中をつけた状態で立ちます。ストレートネックの進行が進んでいる方は、このとき後頭部を壁につけるのが難しいかもしれません。
手のひらを顔面の20センチ前くらいにかざしてください。そして手のひらを顔に近づけていきます。その手のひらと顔面の距離が一定になるように、首も後ろに引き続けましょう。
後頭部が壁にあたるかと思いますが、それでもそのまま壁に頭を押し付けるようにしてください。
何度かすると、まっすぐな姿勢を意識しやすくなりますよ。

ストレッチでストレートネックを改善しよう

http://www.yono-chuou-s.com/asset/6104c1664b97af1deacc6a3f320bb1d2f55cbbd6.jpg
ストレートネックを改善するためのストレッチ方法を3つご紹介いたしました。これらはちょっとした隙間の時間に簡単に試せるようなものばかり。普段から肩こりや頭痛など、ストレートネックによる身体の不調が気になるという方はぜひ試してみてください。
それでもよくならない、もっと効率的に治療したいという方は、よの中央接骨院へご相談を。一人一人の悩みに寄り添い、しっかりと無理のない治療方法を提案させていただきます。

 

banner

 

 

よの中央接骨院ストレートネック

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.03.24更新

足や腰に痛みを感じる坐骨神経痛。痛みがひどいと眠れなくてとっても辛いですよね。そんな坐骨神経痛の痛みを和らげ、体を楽にしてくれる寝方があるのをご存知ですか?その詳細をご紹介いたします。

1.坐骨神経痛は横向きに寝るのがおすすめ

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0026353831-1.jpg
坐骨神経痛にお悩みの方は、横向きに寝るのがおすすめです。なぜ横向きがおすすめなのかというと、痛みのある方の腰や足を上にすることで圧迫感を感じることなく眠りにつけるということ、腰を動かしやすいということの2点がポイントです。腰の曲げ伸ばしが自然にできれば、眠っているときに痛みを感じても痛みが少ない体制に調整しやすいですよね。

2.坐骨神経痛の方におすすめの寝方

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0110220437-1.jpg
では、横向きといってもどのようにして眠るのがいいのか、さらに詳しくご紹介いたします。
まずは痛みがある方を上向きにすること。上半身は軽く丸めましょう。膝も楽な体制に自然に丸めてください。このとき、膝と膝の間に枕やクッションなどをはさんでおくとより楽に過ごすことができますよ。
赤ちゃんがお腹の中で丸まっているようなイメージで、体が楽な位置を探してみてくださいね。

3.仰向け、うつ伏せはNG


坐骨神経痛の方に仰向けやうつぶせで眠るのはおすすめしません。仰向けになると、腰が伸びきった状態になってしまいます。腰を曲げたり伸ばしたりすることができず、長時間同じ体制を続けなければなりません。背筋が伸びることで坐骨神経も刺激され、痛みがひどくなってしまう可能性もあります。仰向けの方が楽と感じる方は、仰向けになった膝の下に丸めたタオルやクッションなどを敷くことで痛みが軽減されますよ。
また、うつぶせはとくにおすすめできません。うつぶせになると背骨が反るような形になり、負担が大きくなります。顔を横に向けることで背骨をひねることになり、痛みが大きくなってしまう可能性も。どうしてもうつぶせが好き!という場合でない限り、うつぶせで眠るのは控えた方がいいでしょう。

4.坐骨神経痛の治療ならよの中央接骨院へ


夜も眠れないほどの痛みを感じることもある坐骨神経痛。どうしても我慢できない!というときは、よの中央接骨院へご来院ください。一人一人の悩みとじっくり向き合い、あなたに最適な治療方法を提案させていただきます。
口コミでも高評価をいただいており、骨盤矯正や肩こり、腰痛の改善など、様々な施術を行っています。もちろん坐骨神経痛に対する治療も行っておりますので、まずはお気軽にご相談にいらしてくださいね。

banner

 

よの中央接骨院ヘルニア

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.03.22更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0054918756-1.jpg

薬を飲んでもストレッチをしてもなかなか改善しない腰痛にお困りではありませんか?腰痛は、寝ているあいだの姿勢にも注意する必要があります。1日の内に長時間同じ姿勢を続ける寝方ですから、腰痛の改善に効果的な寝方を知っておきたいですよね。腰痛にいい寝方、逆に悪い寝方もご紹介いたします。

1.腰痛には横向きに寝るのがおすすめ
腰痛を改善するには横向きで寝るのが一番おすすめです。横向きは腰への負担が少なく、寝ているときに痛みが出て起きてしまったり、逆に朝痛みがひどくて起き上がれないということを少なくしてくれます。
横向きで眠るときは腰を背中を自然に丸めるようにして膝も軽く曲げましょう。右の腰に痛みがある場合は、左向きに眠るとより効果的です。
体の筋をまっすぐに保つために抱き枕を使用するのもおすすめ。膝と膝のあいだに挟めるクッションで代用しても構いません。
また、ときおり寝返りを打つのも腰への負担を和らげるのに効果的です。自分がリラックスできる姿勢を見つけられるようにしておきましょう。

2.仰向けで眠るときのポイント
次に腰への負担が少ないのが仰向けです。仰向けで眠るときは、足をまっすぐ伸ばさないようにすること。足を伸ばすことで腰が反るようになり、負担が大きくなってしまいます。膝の下にクッションを敷いて、膝を軽く曲げられるようにしましょう。
背中が丸まっている、猫背が気になるという方は背中にバスタオルなどを敷いて仰向けに眠るのもおすすめです。しかし反り腰になると腰痛を感じる場合もありますので、自分はそのタイプではないかどうかを事前に確認しておく必要があります。

3.うつぶせで眠るのは要注意!
腰痛を患っている人に一番おすすめしないのがうつぶせです。うつぶせは自然と反り腰になってしまうだけでなく、頭を左右どちらかに向けることによって背骨から腰をねじるようになってしまいます。
この体制は腰にとって負担が大きく、就寝中に腰痛を感じたり朝腰が痛くて起き上がれないといった症状を引き起こします。
最初は仰向けか横向きになっていても寝ている内にうつぶせになってしまうという方も多いですが、気づいたときに改善するように心がけましょう。

4.寝具が体に合っていない可能性も
寝方だけでなく、寝具にも気を配ることでより腰痛を改善することは可能です。
低反発のマットレスは一見寝心地がよく、快適に思えますが、しっかりと腰がマットレスに沈み込むような形になるため腰への負担が大きくなります。仰向けでは反り腰の原因に、横向きでは体の歪みの原因に。
体が沈み込むので寝返りも打ちにくく、さらに長時間同じ姿勢が続く原因になってしまいます。
体が沈みこまない、寝返りが打ちやすい固めくらいのマットレスがちょうどいいですよ。
また、枕の高さも気をつけましょう。高すぎる枕は首や背中への負担を大きくし、腰痛だけでなく肩こりや頭痛などの原因にもなってしまいます。
低めの枕にタオルを重ねていき、自分の方と首が一番楽な高さを見つけましょう。
最近ではオーダーメイドであなたにぴったりの枕を作ってくれるサービスもあります。腰痛がひどくなかなか改善しないという方は、このような枕を使うことも視野に入れてみてください。

5.腰痛にいい寝方を探してみよう

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0037278028-1.jpg
腰痛にいい寝方、悪い寝方は理解していただけましたか?腰が痛くて眠れない、朝腰が痛くて起き上がれないという方は、寝ている姿勢にこそ腰痛の原因が隠れているのかもしれません。早速今日から寝方を意識して、腰痛を改善していきましょう。
また、よの中央接骨院では、腰痛に対する治療も積極的に行っています。日常生活の過ごし方や寝方についてのアドバイスもさせていただきますので、腰痛にお困りの方は気軽に相談してみてくださいね。

banner

 

よの中央接骨院ヘルニア

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.03.19更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/475688ed5fbe7a254642973c3c60334fdaf74c21.jpg

首の骨がキレイにS字カーブを描いていないことで身体に様々な不調を及ぼすストレートネック。本やスマホの見すぎなど様々な後天的な原因によってストレートネックは引き起こされると言われていますが、生まれつきストレートネックの方はいるのでしょうか。

1.生まれつきストレートネックは考えにくい


お母さんのお腹にいるとき、産まれてすぐのときは、赤ちゃんはまだ首が座っていない状態です。また、二足歩行もできないですよね。
ストレートネックは主にその人の生活習慣や姿勢などが原因で引き起こされる症状です。二足歩行による首への負担も関係しており、長年習慣づいた歩き方、動作というものがない赤ちゃんの時期にストレートネックになるということは考えにくいでしょう。

2.アジア人はストレートネックになりやすい?

http://www.yono-chuou-s.com/asset/10-2.jpg

アジア人はストレートネックになりやすいと言われています。
これは、アジア人の骨格が原因です。アジア人は背骨の湾曲が浅め。そのため首もまっすぐになってしまいがちで、どうしてもストレートネックになりやすいのです。
しかしこれは骨格の問題で、親から遺伝するものではありません。長年正しい姿勢、生活習慣を行っていた方はストレートネックにはなりません。

3.医師に生まれつきストレートネックと言われた


病院でストレートネックを診てもらうと、「生まれつきのストレートネックだから治療できない」と言われたという方がいます。
しかしご紹介したような理由から、生まれつきストレートネックという可能性は極めて低いと言えるでしょう。ストレートネックは最近話題になり始めた言葉ですので、まだ知識を持っていない医師の場合はあなたの骨格を診て生まれつきと誤診してしまう可能性があります。
また、生まれつきだと治療は難しいと言われていますが、ストレートネックは後天的な姿勢などが原因の症状です。適切な治療を行えばかならず症状を改善することができますよ!

4.猫背を改善することから始めてみよう


生まれつきストレートネックかもしれないと感じる方の多くは、小さいころから猫背だったのではないでしょうか。
物心ついたときから猫背だと、大人になってからストレートネックになったときに「自分の骨格の問題だ」と感じてしまうかもしれません。ですがお話ししたようにストレートネックは後天的な原因で引き起こされることがほとんど!
まずは、猫背を改善することから始めてみましょう。
長年染み付いた猫背を改善するのはかなり難しいかと思いますが、まずは意識したときだけ背筋を伸ばす、ストレッチを行う、姿勢矯正に通う、姿勢矯正をしてくれるアイテムを着けて生活するといった工夫をすることで、徐々にではありますが猫背を改善することは可能です。
猫背を改善することで首や肩への血流がよくなり、ストレートネックによる肩こり、頭痛などを解消できるかもしれません。
当ブログでもストレートネックの改善方法を多数ご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ.ストレートネックの治療ならよの中央接骨院へ

生まれつきストレートネックということはありえるのかというお話をさせていただきました。
ストレートネックは後天的な理由で引き起こされる症状のため、なんらかの原因を改善すればストレートネックにアプローチすることは可能です。
しかし一人では姿勢の矯正や正しいストレッチ方法などを知ることはできません。
お困りの方は、ぜひよの中央接骨院へご相談ください。ストレートネックに関する知識の豊富なスタッフが、あなたの肩、首のこり、頭痛の原因などにアプローチし、ストレートネックによる辛い症状の改善をサポートします!

 

banner

 

よの中央接骨院ストレートネック

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.03.16更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/9.jpg
坐骨神経痛とは、坐骨神経が圧迫されることによって腰や足に痛みが生じるというものです。この坐骨神経痛に悩まされている方の中には、原因がわからずお困りの方も多いのではないでしょうか。実は、坐骨神経痛はストレスが原因で引き起こされたり症状がひどくなることもあるんです。坐骨神経痛とストレスの関係性についてチェックしていきましょう。

1.自律神経と坐骨神経痛の関係


坐骨神経痛には自律神経も関係しています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、自分が意識しなくても常に働いています。この自律神経には気分を高めたりリラックスさせたりという働きがあり、バランスが整っていることで健康的な生活を送ることができます。
ストレスを感じるとこの自律神経が乱れ、血流が悪くなったり筋肉が緊張したりといった状態になり、頭痛や肩こり、坐骨神経痛といった症状となって現れるようになります。

2.ストレスで坐骨神経痛が悪化する


ストレスは坐骨神経痛の原因となりますが、自分ではストレスを感じていないと思っている方も多いようです。
しかしストレスを感じるような生活を続けていると、より坐骨神経痛を悪化させてしまう原因になります。
坐骨神経痛は悪化すると歩くのさえ難しいような状態になり、日常生活でもうまく体を動かせないことでストレスを抱えるように。この悪循環も、坐骨神経痛をひどくさせる原因となってしまいます。
坐骨神経痛になってしまっても、焦らずじっくり症状と向き合うことが大切です。

3.ストレスを解消するには?


ストレスによって症状が現れたり悪化してしまう坐骨神経痛。ストレスを解消するためにできることをご紹介します。
まずはゆっくり湯船に浸かること。毎日シャワーだけで済ませているという方は、体がしっかり温まらず筋肉の緊張をほぐすことができません。
湯船に浸かって体をしっかり温めることから始めましょう。筋肉の緊張をほぐす他、血行をよくして辛い腰痛の症状を改善することができます。
好きな香りや目的にあった効能の入浴剤を使用することで、肉体的だけでなく精神的にもリラックスでき、毎日のストレス解消にも役立ちます。
また、人間の体は眠っているときに成長ホルモンを分泌します。成長ホルモンは日中の疲れをとる力もありますので、日頃家事や仕事、人間関係などで疲れているという方はしっかり眠るというのもストレス解消に繋がりますよ。
質のいい眠りのためには薄着をしない、寝心地のいい寝具を用意する、ベッドに入る前に温かい飲み物を飲む、パソコンやスマホをできるだけ触らないようにするなどの工夫もおすすめです。

4.カルシウム不足はストレスの原因に

http://www.yono-chuou-s.com/asset/10.jpg
カルシウムが不足するとイライラしやすくなります。怒りを感じると体は血中のカルシウムを消費しますが、不足している分は骨から補われます。
骨が弱くなるとそれをカバーするために筋肉が余分に働かなくてはならなくなり、筋肉の緊張の原因に。
カルシウムはストレスを緩和させるだけでなく筋肉にも影響を与える大切な成分です。乳製品から摂取したり、苦手な方はサプリメントからもカルシウムを摂取するようにしていきましょう。

まとめ.坐骨神経痛の改善ならよの中央接骨院へ


坐骨神経痛とストレスの関係についてご紹介いたしました。
肉体的な疲労だけが坐骨神経痛の原因ではありません。常日頃ストレスと戦いながらがんばっているという方は、たまには自分の体を労わる工夫もしてみてくださいね。
また、坐骨神経痛の治療には接骨院や整形外科での治療が大切です。さいたま市中央区にお住まいの方は、ぜひよの中央接骨院へご相談ください。坐骨神経痛の治療の他、腰痛などの治療も行っています。

 

 

banner

 

よの中央接骨院ヘルニア

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.03.09更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0111948724-1.jpg

頭痛の中でもとくに多いのが緊張型頭痛と言われています。慢性的に頭痛の症状が出る方はこの緊張型頭痛に対するアプローチを行うことが大切です。今回は、緊張型頭痛を引き起こす原因やその対策方法についてご紹介いたします。

緊張型頭痛の特徴


緊張型頭痛は頭を締め付けられるような痛みが10分から30分程度続くような症状があります。
そのまま放置していると肩こりや首のこりも引き起こし。吐き気、めまい、ふらつきなどの症状が起こることも。
同じような痛みがときおり、または毎日続くのも緊張型頭痛の特徴です。なにもしていなくても頭痛が起きる、ちょっと動くと頭痛の症状がましになるといった方は、緊張型頭痛の可能性が高いです。

緊張型頭痛の原因は?


緊張型頭痛の主な原因は身体的ストレスと精神的ストレスによるものが大きいとされています。
身体的ストレスは、体に無理のある姿勢を長時間続けることで感じるようになります。車の運転を長時間していた、パソコン作業が多い仕事をしている、立ち仕事でずっと同じ姿勢をしている、スマホを長時間眺めている、寝方が悪い、枕が合っていないなど、身体的ストレスは様々なことで引き起こされます。
また、体の冷えも身体的ストレスの原因になります。とくに冬は、寒くて自然と肩をちぢこめるようになり長時間緊張した状態に。筋肉が硬くなり、血行が悪くなってしまいます。
精神的ストレスも神経や筋肉を緊張させてしまい、緊張型頭痛の原因となります。家庭や学校、職場でのストレスやプレッシャー、人間関係、生活習慣の変化など、精神的ストレスは様々な要因で引き起こされ、どの感じる度合いも人それぞれ。自分ではなんとも思っていなくても、実は体や心には負担となっていたということも考えられます。

緊張型頭痛が起きる仕組み


緊張型頭痛は首周りや肩、背中の筋肉が緊張することで引き起こされます。
筋肉は血液を運ぶポンプのような役割をになっていますが、ストレスによって筋肉が緊張するとうまく血液を運ぶことができなくなります。新鮮な血液を脳に送ることができず、また、老廃物や頭痛の原因となる物質を排出することもできなくなるため、頭痛が起こってしまうのです。
また、精神的なストレスを長期間感じていると脳の痛みを調節する機能が働かなくなり、筋肉の緊張がなくても頭痛を引き起こすようになります。

緊張型頭痛の改善方法


緊張型頭痛は筋肉の緊張をほぐすことが第一の改善方法です。
まずは首や体を冷やさない工夫をしていきましょう。どの季節でも、しっかり湯船に浸かって体を温めることはおすすめです。お風呂に入れないときに頭痛がするようなら、蒸しタオルを首の後ろに当ててみるのもいいでしょう。
また、同じ姿勢を長時間続けないことも大切です。デスクワークや立ち仕事をされている方は、こまめに休憩をとり肩や首をほぐすストレッチを行うようにしてください。
ストレッチの方法としては、首をゆっくり前後左右に回す、肩を大きく回す、腕を背中で組んで後ろに引っ張るようにするなど様々な方法があります。肩や首の筋肉が緊張していると最初は少しのストレッチでも疲れるかもしれませんが、無理のないペースで毎日続けるようにしてくださいね。
頭痛がひどい場合や頭痛薬を服用するという方法もありますが、緊張型頭痛の場合は筋肉や神経の緊張をほぐさないかぎりはまた症状が再発してしまいます。頭痛薬に頼りきらず、血行を促進する工夫も続けましょう。

緊張型頭痛の改善ならよの中央接骨院へ

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0091025833-1.jpg
緊張型頭痛の症状にお悩みの方は、ぜひよの中央接骨院へご相談ください。頭痛と接骨院は一見無関係のように見えますが、肩や首の筋肉の緊張をほぐすという意味では接骨院は頭痛の改善に大きく役立ちます。
自力で行うストレッチでは限界を感じる、もっと効率的に頭痛を解消したいという方はぜひ接骨院での治療を検討してみてください。

 

banner

 

よの中央接骨院頭痛

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.03.06更新

よの中央接骨院膝


整形外科などに膝の痛みを治療しにいくと、電気治療を薦められたことがあるという方は多いかと思います。しかし、せっかく電気治療を受けたのに膝の痛みが治らずガッカリしたことはありませんか?今回は、膝の痛みに電気治療が効果がない症例をご紹介いたします。

1.電気治療とはどんな効果がある?


そもそもこの電気治療にはどんな効果があるのでしょうか。
電気治療は、患部に電気を当てて筋肉の緊張を緩めるというものです。痛む部分は筋肉が緊張している状態で、血液が流れ難く、新鮮な栄養が届きにくい状態です。また、疲労物質などもたまりやすく、疲れや痛みがなかなか取れないという状態。
そこに電気を流すと筋肉が緩み、血の巡りがよくなる、代謝が促進されるなどの効果を得ることができるのです。
つまり電気治療は症状を治すというよりは、体の自然治癒力を高めるといった意味合いが強い治療方法です。

2.電気治療には強弱がある


電気治療に使用される電気には強弱があります。この強弱で効果を弱めたり高めたりすることはできますが、強ければその分よくなるというわけではありません。
一般的に弱い電気は、皮膚の3mmから5mmくらい下に浸透していき、家庭用の電気治療器具にも用いられます。低下してしまった神経機能を呼び起こして回復を早めると言われています。血流をよくし、炎症によって起きる痛みを緩和してくれます。
中程度の強さの電気は皮膚の下3cmから4cmにまで浸透します。生理的機能を更新させると言われており、筋肉の緊張をほぐす、血流をよくして炎症による痛みを緩和させる、さらにはインナーマッスルを刺激するといった効果があります。
さらに強い刺激になると生理的機能を抑制させ、もっと強くなると生理的機能を停止させてしまいます。
電気治療で用いられる電気は弱めから中程度のものが一般的。物足りないと感じるかもしれませんが、強すぎる電気は痛みには逆効果だということも覚えておきましょう。

3.電気治療の前に根本的な原因を見つけよう


電気治療は筋肉の緊張をほぐして血流をよくするというのが一番の狙いです。しかし、筋肉が緊張してしまうのには何か他に理由があるはず。この筋肉の緊張の原因をいつまでも治せないでいると、電気治療を受けてもすぐに症状が再発したり、治療に効果を感じられなくなってしまいます。
膝周りの筋肉が緊張するのは、間違った歩き方や立ち方、座り方、生活習慣によって骨盤が歪むことが原因である可能性が高いです。
骨盤が歪むと体のバランスを保つために膝や腰周りに余計に負担がかかり、それをカバーするために筋肉が緊張するようになってしまいます。
骨盤の歪みを取り除かない限り膝の筋肉の緊張がほぐれることはありません。結果、電気治療を受けても効果を感じられないということになってしまうのです。
膝の痛みに電気治療を考える前に、今一度骨盤の歪みにも注目してみましょう。
骨盤の歪みは、接骨院の骨盤矯正で改善することができます。こちらも通院する必要がありますが、根本から膝の痛みの原因を取り除くことができれば以前よりずっと快適な生活を送ることができますよ。

膝の痛みならよの中央接骨院にご相談を

 

http://www.yono-chuou-s.com/asset/3-2.jpg
電気治療をしたのに膝の痛みが取れなかった…という方には骨盤矯正で根本にアプローチすることをおすすめします。
よの中央接骨院では、このような骨盤の歪みによって起こる様々な体の不調の治療にも対応しています。
骨盤が歪むと膝の痛みだけでなく頭痛、肩こり、腰痛、などの症状が起こります。反対にいえば骨盤矯正をすることでこれらの悩みが一気に解決するかもしれません!
膝の痛み、体の不調を改善したいという方は、ぜひ【さいたま市中央区】よの中央接骨院へご相談ください。

 

banner

 

よの中央接骨院膝

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2018.03.02更新

産前産後は骨盤矯正だったり、腰痛や肩こりの改善のためなど、なにかと接骨院に通う必要があります。妊婦さんやお母さんでも通いやすい接骨院の特徴をチェックしておきましょう!

女性のお客さんが多いこと


まずは客層から。女性のお客さんが多いか男性の方が多いのか、ネットの口コミなどからチェックしてみましょう。ネットに口コミがあまり載っていない接骨院の場合は、院の前の雰囲気を確認してみてください。
女性のお客さんが多いということはそれだけスタッフも女性への施術に慣れているはず。接骨院の施術は痛そう、男性に触られるのは抵抗があるという人でも、これなら通いやすいのではないでしょうか。

骨盤矯正のメニューがある


接骨院や様々な場所で骨盤矯正を受けられるようになりましたが、すべての接骨院が骨盤矯正を行ってくれるというわけではありません。事前に行きたい接骨院が骨盤矯正を行っているのか確認してから向かうようにしましょう。
骨盤矯正にどれくらい力を入れているのかも確認しておきたいですね。交通事故治療などをメインに扱っている接骨院よりは、骨盤矯正や女性のダイエット、健康などをサポートしてくれる接骨院を選ぶ方がおすすめです。

産前産後でも施術を受けられる

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0119333222-1.jpg
お腹の大きい妊娠中は腰痛に悩まされる妊婦さんが多いですよね。産後は骨盤矯正や、育児による肩こり、腰痛なども気になります。そんな産前産後の女性のためのメニューがある接骨院を選びましょう!
産前産後の女性の体は大変デリケートなため、施術を断られる可能性もあります。産前産後でも施術してくれるかどうか、事前に一度連絡しておくと安心ですね。

キッズスペースがある


さらに、小さなお子様をお連れの方にはキッズスペースがある接骨院がおすすめです。子供が遊べるような場所があれば、長い待ち時間でも子供が飽きたりぐずったりすることもありません。育児に疲れてしまったお母さんもゆっくり施術を受けることができますね。

産前産後はよの中央接骨院へ!

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0099812509-1.jpg
産前産後の接骨院選びにお悩みの方はよの中央接骨院へ起こしください。女性のためのメニューはもちろん、産前産後の妊婦さん、お母さんのためのメニューも提案させていただきます。キッズスペースが充実しているのもよの中央接骨院の自慢です!
女性のお客様も多く、女性特有の様々なお悩みをサポートしてきました。骨盤矯正、腰痛、肩こり、生理痛など、体の不調がある方はぜひ一度、よの中央接骨院へご相談にいらしてください。

banner

 

よの中央接骨院産後

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

entryの検索

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内アクセス・受付時間院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る