院長の気ままブログ

2017.04.20更新

さいたま市中央区、与野駅西口の腰痛治療専門治療院「よの中接骨院」です。

 

  「お尻から太ももの裏までシビレちゃって寝れないんです・・・」

 

 先日いらっしゃった患者さんです。

 「整形外科に行ったのですが・・・レントゲンだけ撮って異常なしって言われて」

 

坐骨神経痛 

 お尻から太もも裏そしてふくらはぎ、足の裏まで痛みを伴い、場合によってはシビレを伴う症状。

腰を曲げて、屈んだ状態でないと歩けない。場合によってはジッと安静状態でないと痛くて動けない人も。

多くの坐骨神経痛に悩まされる方は最初の段階で間違えた処置をした結果、痛みが増幅して治りにくい状況におち入り苦しんでいる方が非常に多いです。

今回は坐骨神経痛において意識していただきたい事についてかいていきます。

 

1.そもそも坐骨神経痛とはなんでしょうか?

坐骨神経痛とはよく耳にするけれど一体なんなのか、これを聞かれて答えられる人は実際に多くはないですね。今回は坐骨神経痛とは何で、どこがどうなっているのか?という部分をお伝えしたいと思います。

 n

疑問1  神経が傷んでいるの?

よく神経痛と聞くと神経自体が傷んでいると感じる人がいますが実際に神経が傷んでいるのか?というとそれは少し違います。神経痛といっても神経が傷んでいるのではなく筋肉の状態が悪くなって痛みが出ているのです。

その痛みの出現する場所が坐骨神経のある部分のちょうど下に座骨神経があるので座骨神経痛と言われています。座骨神経痛が痛んでいるのではなく座骨神経の走行に痛みが出ているという状態です。

疑問2 座骨神経痛の対処法は?

痛みの程度は人それぞれ。その時の痛みがあまりにも強い場合はまずは痛みを緩和させていく必要があります。体勢によっては痛みが緩和する体勢があると思います。その体勢をなんとか見つけ出してその体勢で体を休めてあげることが大事です。

痛みが強すぎてストレスになってしまっているのであれば、最悪痛み止め(ロキソニン)等の服用も必要かと思っています。痛みが何よりもストレスですもんね。

疑問3 自然い治る人と治らない人の違いって何?

考え方を変えられるかどうかが大きなカギです。座骨神経痛なので神経が痛んでいるのでそうしようもない・・・・そのような考え方が固まってしまっている人はなかなか症状の変化が難しいです。

しかし、そうか!筋肉が柔軟になれば痛みはなくなるんだ!そのように考え方を変えることができるのであれば体は回復の方向にシフトチェンジすることが多いです。

 

2.座骨神経痛に関わる筋肉とは?

 

座骨神経痛症状のでる方のその多くはお尻の部分から太もも裏側、ふくらはぎ、足の先端にでる方が多いようです。その時に問題になる筋肉をあげてみます。

m

 

 

大・中臀筋

お尻の筋肉!というと思い浮かぶ筋肉があると思います。その筋肉は大臀筋という大きな筋肉になります。そのそばにある筋肉が中臀筋という筋肉になります。

この中臀筋は大きな大臀筋の陰に隠れる形にはなっていますがここの筋肉が硬くなってしまうとお尻のくぼみの部分に痛みを感じることが多くなります。

ハムストリングス

太ももの裏には外側と内側に大きく分かれて付着している筋肉があります。内側を半腱・半膜様筋と言って外側を大腿二頭筋と言って座骨神経痛の方で症状を感じることが多い部分は外側の大腿二頭筋といいます。

下腿三頭筋

アキレス腱、踵の部分から膝の裏付近についている筋肉。ここが強張っていると歩くときに足がちぎれそう!という表現をする方が多いです。

 

3.座骨神経痛の治療法は?

s

・安静にする

痛みが出てしまっていたら3日くらいは安静を保ってもいいかと思います。でもそれで痛みが全くかわらなければ何らかの対処をしていく必要があると思います。

・マッサージに行く

確かに痛みを出しているのは筋肉が関わっていることが多いので有効な手段にあるとは思います。座骨神経に沿った筋肉に対して筋肉をほぐしていくと対応ができると思いますが、筋肉が硬くなる原因が変わらなかったり、原因が悪化しすぎていると筋肉に対してのマッサージでは変化しなくなっていきます。

・注射を打つ

痛みを瞬時に止める。治すというよりはその場をなんとか凌ぐ、というのが目的です。その目的を達成するにはとても効果的です。

でも注射の効果が効かなくなったらどうしようもない。それって本当に怖くて、次いつ痛みに襲われるんだろう?という不安な気持ちとの戦いになります。

座骨神経痛に必要な治療法は?

痛みという結果、その痛みを出すのは筋肉。では筋肉を悪くするのは?そのように考えると解決の糸口が見えてきますね。

そしてしっかりと原因を見つけ出してその問題を除去していく事によって長年悩まされていた頑固な座骨神経痛がスッキリしていきます!

実際に座骨神経痛を改善させて人の笑顔

z

 

痛くて寝れなかったのがスッカリ良くなりました!

 

z 

 

ココに来られて良かったです!

 

 

 


 

 よの中接骨院では地域で唯一の「骨盤矯正専用処置台」と「脊柱処置台」があります

 そのため他の病院に行ったけどどうにもならなっかった多くの患者様に支持されています。

 ・脊柱管狭窄症

 ・椎間板ヘルニア

 ・坐骨神経痛

 ・股関節痛

 ・産後の骨盤矯正

 ・後縦靭帯骨化症

 ・手のシビレ

  このような方々が多数来院しています。

 


 

 当院に来る前はこのような悩みをお持ちでした・・・

 ・足が痺れて夜も眠れない

 ・お尻あたりから足にかけて痺れて長い時間座っていられない

 ・200メートル歩くと腰が痛くて座り込んでしまう

 ・下に落ちた物が拾えない

 ・自分で普通に靴下が履けない

 ・痛みで目が覚める

 ・病院でヘルニア手術って言われたけど手術は嫌だ

 ・痛み止めの薬をずっと飲み続けているけど、そろそろ卒業したい

 

 あっ!私も当てはまるかも・・・というあなた。

 すぐにご連絡ください。

「シビレや痛みから解放された生活」

に必ず当院が導きます。

是非一度当院のホームページを覗いてみてください!

 

 

ご登録いただいた方限定!お役立ち情報やお得な情報ををお届けします。

     ↓   ↓   ↓

 

 

友だち追加

 

さいたま市中央区腰痛専門治療院「よの中央接骨院」

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2017.04.14更新

 

さいたま市中央区、与野駅西口の腰痛治療専門治療院「よの中接骨院」です。

 l

 お尻が痛くて寝返りが打てないんです

 

 先日いらっしゃった患者さんです。

 「整形外科に行ったのですが・・・異常なしって言われて」

 

最近、高機能寝具(体をいたわる寝具)が増えてます。

低反発、高反発、ウォーターベットなどなど。

たいていの方は聴いたことや、もう既に使用してるよって方が多いのではないでしょうか?

 

特に人気なのが、体の形に合わせて変化するという低反発です。実はこの低反発、体が沈みすぎて寝返りを自然に打てなくなって、体の痛みや不眠を引き起こしてしまうことがあります。

では寝返りがうまく打てないとどんな問題があるのか?

また寝返りをちゃんと打てるようにするにはどうしたらいいのか?

書いていきますね。

z 

1.寝返りの役割とは

寝返りは、長時間同じ姿勢で寝ていると起こしやすい血行不良を未然に防ぎ、体の強張りをほぐすことにより筋肉を疲労から回復させる作用があります。

そしてこの寝返りは、浅い眠りであるレム睡眠と深い眠りであるノンレム睡眠の切り替え時に起こり安定した質の良い睡眠のためには欠かせない、大切な役割も果たしています。

この寝返りをすることによって、体の下側で血液やリンパ液が滞るのを防いでもいます。

また寝返りは寝ている間に体の歪みを正すために行われているとも言われています。ちなみに良い寝返りを打つことができない人は寝ている間に50回以上も寝返りをするというデーターもあります。

 

2.寝返りが正しくおてないとどうなってしまうか?

 2−1.疲労が取れない

寝返りは寝ている間に体の筋肉をほぐすという作用があります。それができないので、いつまでも筋肉のこわばりが取れず、しっかり長時間寝ているにもかかわらず疲労が全く取れない状態になります。

寝ても寝ても朝スッキリしない、朝のだるさが取れないという人は寝返りが正しく打てていない可能性があります。

夜寝た時と朝起きた時、同じ姿勢ではないかチェックしてみましょう。

2−2.体の歪みが進行する

寝返りは日中に歪んだ体を自然に矯正する役割もあります。なので寝返りがうまくできないと体の歪みはそのままになってしまい、腰痛や坐骨神経痛などの症状が起こりやすくなります。

2ー3.寝具を変えても寝返り自体が打てなくなる

寝返りが打てない状態が続いてしまうことにより、腰痛や坐骨神経痛を引き起こし、今度はその痛みで寝返りが打てなくなってしまいます。

特にお尻の痛みを訴える方が多いです。

その痛みは差し込むような鋭い痛みで、寝返りを打つのが怖くなってしまう人も多いようです。

 

3.寝返りが打てなくなってしまう原因

j

3ー1.寝具が柔らかすぎる

低反発素材が体を包み込み安眠できる、として人気があります。しかし沈み込みすぎて逆に正しく寝返りを打つことを阻害してしまい、寝ている間に筋肉をほぐすことが出来なくなってしまいます。

同じ姿勢で長時間いると、体圧による血行不良が起こりやすくなってしまったり、体が同じ形のまま固まってしまっているので腰やお尻が痛くなったり、肩こりがひどくなったりもします。

低反発寝具に限らず、柔らかすぎる敷布団なども同じように沈み込み過ぎてしまうので正しく寝返りが打てなくなってしまいます。ある程度の硬さのある寝具の方が寝返りは打ちやすいです。

3ー2.枕が合っていない

マットレスなどの寝具に問題がなくても枕が良くないとやはり正しい寝返りが打てません。

寝返りはカラダと同時に顔も横に向ける必要があります。その時に枕が柔らかすぎることにより頭が包み込まれ固定されると、カラダ自体も動かすことができなくなり結果として寝返りが打てなくなってしまいます。

また、枕の高さも正しい寝返りを阻害します。高さが合っていないことにより寝返りが打てなくなり、首や肩のコリがひどくなるということがあります。

3ー3.痛みのために寝返りが打てなくなってしまっている

これは寝返りが打てなくなってしまっている状態が長く続いたことによる結果です。

寝ている間に改善されているはずの体の歪みや筋肉疲労が解消されていないので、腰痛や坐骨神経痛などの症状が出てきてしまう。そうなってしまうと、今度は寝返りを打つと腰が痛い、お尻が痛い、ということになり、余計に寝返りが打てなくなってしまいます。

特に冬場などの寒い時期や気温が下がる明け方に寝返りを打とうとして、痛みで目が覚めてしまい、それ以降また寝返りを打つと鋭い痛みが走るので、そこから目がすっかり冴えてしまって眠ることができず、さらに体のだるさが抜けなくなってしまいます。

 

4.寝返り打てないとお尻の辺りが一番痛くなります

突然刺すような痛みを感じて寝返りが打てなくなる。寝るとお尻が痛くなる。という症状が出てきてしまったら坐骨神経痛を疑いましょう。坐骨神経痛はお尻の痛みだけではなく足のしびれなども引き起こすので早急に治療が必要となります。

 

5.寝返りが打てないほどの坐骨神経痛の痛みに対する治療法とは

痛みが出てしまって寝返りが打てない場合は、寝具のみ変えてもなかなか改善は難しいです。

痛みの原因を探り、痛みを解消するための何かしらの治療が必要になってきます。

その方法はいくつかはあります。

一つずつみていきましょう。

5−1.整形外科に通って治療する

整形外科に「寝返りを打つと痛みがある」と相談に行くと、ほぼ高確率で湿布と痛み止めの薬を処方されます。腰痛も坐骨神経痛も同様ですが、整形外科の場合、理学療法を併用し、それでも改善していかない場合には直接痛みの出ている場所に神経ブロック注射を打つこともあります。しかしここで一つ問題が。神経ブロック注射を打つと痛み自体は解消します。一時的に。すると治ったと勘違いしていまい、その痛みのない間に動き過ぎてしまい、余計に痛みが増してしまう危険性があります。

そのような理由からあまり改善が見られない場合、手術を勧められることもあります。しかし体の歪みやそれらを引き起こしてしまった生活習慣の改善など根本的な原因は解消することはありません。

5−2.マッサージに行く

筋肉がこわばり痛みが出ている部分をマッサージでほぐすことにより一時的には痛みが和らぐかもしれません。しかし腰の痛みやお尻の痛みを引き起こしてしまっている原因は筋肉だけではありませんので、やはり効果は長続きせず、現状維持をするために長期間、定期的に通い続ける必要があります。

マッサージの弊害として考えられるのが、硬くなった筋肉をほぐすことにより次回はより強い力が必要になる。マッサージを受ける側もより強い刺激を求めてしまいます。そのため後のもみ返しが酷くなり、筋肉自体を傷めてしまう可能性が高くなってしまいます。

5−3.整体院に通う

寝返りが打てなくなってしまうほどの痛みも、最初は寝返りによる自然整体が行われなかったことが原因になります。

歪みがひどくなっているので、整体でどの部分が歪んでいるのか?をしっかり診断把握し、きちんとした処置で歪みを正しくすることにより筋肉の強張りを取っていきます。

また整体では日常生活における改善点の指導を行うところが多いので、寝具の改善に加えて、腰痛や坐骨神経痛を引き起こす可能性のある不良姿勢の指導や習慣を改善することができます。

ただし、きちんと通わないと期待したほどの効果が得られない場合があります。

 

6.まとめ

寝返りを打つときにお尻が痛い。差し込むような痛みが出てツライなどの症状がある場合は、坐骨神経痛が原因です。整形外科では痛みを取り除くことはできても、寝返りを打てなかったことによる体の歪みは解消できません。

マッサージを受けても筋肉をほぐすのみで整体はできません。

整形外科で病気などの他の原因がない場合には体の歪みを整える治療にシフトすることをお勧めします。

いつまでも痛みが続く、何度マッサージに行っても筋肉のこわばりが取れない場合には、根本的な原因である体の歪みを整体に行って整える必要がありますね。

m

 


 

 

 よの中接骨院では地域で唯一の「骨盤矯正専用処置台」と「脊柱処置台」があります

 そのため他の病院に行ったけどどうにもならなっかった多くの患者様に支持されています。

 ・脊柱管狭窄症

 ・椎間板ヘルニア

 ・坐骨神経痛

 ・股関節痛

 ・産後の骨盤矯正

 ・後縦靭帯骨化症

 ・手のシビレ

  このような方々が多数来院しています。

 


 

 当院に来る前はこのような悩みをお持ちでした・・・

 ・足が痺れて夜も眠れない

 ・お尻あたりから足にかけて痺れて長い時間座っていられない

 ・200メートル歩くと腰が痛くて座り込んでしまう

 ・下に落ちた物が拾えない

 ・自分で普通に靴下が履けない

 ・痛みで目が覚める

 ・病院でヘルニア手術って言われたけど手術は嫌だ

 ・痛み止めの薬をずっと飲み続けているけど、そろそろ卒業したい

 

 あっ!私も当てはまるかも・・・というあなた。

 すぐにご連絡ください。

「シビレや痛みから解放された生活」

に必ず当院が導きます。

是非一度当院のホームページを覗いてみてください!

 

 

ご登録いただいた方限定!お役立ち情報やお得な情報ををお届けします。

     ↓   ↓   ↓

  

友だち追加

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2017.04.11更新

こんにちは。

さいたま市中央区、与野駅西口の腰痛治療専門治療院「よの中接骨院」です。

x

 

腰痛に3年以上悩まされて、整形外科や整骨院で電気治療とマッサージ受けても全く良くならなくてお困りの方はいらっしゃいませんか?

 

日常生活で朝起き上がる際に・・仕事中長時間同じ姿勢が続くと・・・重たいものを持ち上げるときに・・・など、痛みが出るタイミングって様々ですよね?

よの中央接骨院ではこの様に長年腰痛に悩まされている方々に対して、その方にあった検査・施術法を提供させていただいています。体型や骨格、生活習慣などは本当に人それぞれです。

腰痛解消の目的で、この体操をすれば治る!なんてテレビや雑誌などでたまに見かけませんか?

年齢・性別・働き方・日常でのクセなど十人十色。全て一緒に考えてはいけません。

となるとその人の、そのタイミングに合った正しい方法で治療していかなければ腰痛は解消されるわけがありませんよね?

 

どこに行っても全く良くならない・・・自宅で腰痛体操してるけどちっとも改善しない・・・

 

そんな方は「よの中央接骨院」にご相談ください。

         

     ※完全予約制の為お待ちいただくことはありません。


 

 

 よの中接骨院では地域で唯一の「骨盤矯正専用処置台」と「脊柱処置台」があります

 そのため他の病院に行ったけどどうにもならなっかった多くの患者様に支持されています。

 ・脊柱管狭窄症

 ・椎間板ヘルニア

 ・坐骨神経痛

 ・股関節痛

 ・産後の骨盤矯正

 ・後縦靭帯骨化症

 ・手のシビレ

  このような方々が多数来院しています。

 


 

 当院に来る前はこのような悩みをお持ちでした・・・

 ・足が痺れて夜も眠れない

 ・お尻あたりから足にかけて痺れて長い時間座っていられない

 ・200メートル歩くと腰が痛くて座り込んでしまう

 ・下に落ちた物が拾えない

 ・自分で普通に靴下が履けない

 ・痛みで目が覚める

 ・病院でヘルニア手術って言われたけど手術は嫌だ

 ・痛み止めの薬をずっと飲み続けているけど、そろそろ卒業したい

 

 あっ!私も当てはまるかも・・・というあなた。

 すぐにご連絡ください。

「シビレや痛みから解放された生活」

に必ず当院が導きます。

是非一度当院のホームページを覗いてみてください!

 

 

ご登録いただいた方限定!お役立ち情報やお得な情報ををお届けします。

     ↓   ↓   ↓

 

 

 

友だち追加

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2017.04.11更新

こんにちは。

さいたま市中央区、与野駅西口の腰痛治療専門治療院「よの中接骨院」です。

x

 

腰痛に3年以上悩まされて、整形外科や整骨院で電気治療とマッサージ受けても全く良くならなくてお困りの方はいらっしゃいませんか?

 

日常生活で朝起き上がる際に・・仕事中長時間同じ姿勢が続くと・・・重たいものを持ち上げるときに・・・など、痛みが出るタイミングって様々ですよね?

よの中央接骨院ではこの様に長年腰痛に悩まされている方々に対して、その方にあった検査・施術法を提供させていただいています。体型や骨格、生活習慣などは本当に人それぞれです。

腰痛解消の目的で、この体操をすれば治る!なんてテレビや雑誌などでたまに見かけませんか?

年齢・性別・働き方・日常でのクセなど十人十色。全て一緒に考えてはいけません。

となるとその人の、そのタイミングに合った正しい方法で治療していかなければ腰痛は解消されるわけがありませんよね?

 

どこに行っても全く良くならない・・・自宅で腰痛体操してるけどちっとも改善しない・・・

 

そんな方は「よの中央接骨院」にご相談ください。

         

     ※完全予約制の為お待ちいただくことはありません。


 

 

 よの中接骨院では地域で唯一の「骨盤矯正専用処置台」と「脊柱処置台」があります

 そのため他の病院に行ったけどどうにもならなっかった多くの患者様に支持されています。

 ・脊柱管狭窄症

 ・椎間板ヘルニア

 ・坐骨神経痛

 ・股関節痛

 ・産後の骨盤矯正

 ・後縦靭帯骨化症

 ・手のシビレ

  このような方々が多数来院しています。

 


 

 当院に来る前はこのような悩みをお持ちでした・・・

 ・足が痺れて夜も眠れない

 ・お尻あたりから足にかけて痺れて長い時間座っていられない

 ・200メートル歩くと腰が痛くて座り込んでしまう

 ・下に落ちた物が拾えない

 ・自分で普通に靴下が履けない

 ・痛みで目が覚める

 ・病院でヘルニア手術って言われたけど手術は嫌だ

 ・痛み止めの薬をずっと飲み続けているけど、そろそろ卒業したい

 

 あっ!私も当てはまるかも・・・というあなた。

 すぐにご連絡ください。

「シビレや痛みから解放された生活」

に必ず当院が導きます。

是非一度当院のホームページを覗いてみてください!

 

 

ご登録いただいた方限定!お役立ち情報やお得な情報ををお届けします。

     ↓   ↓   ↓

 

 

 

友だち追加

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2017.04.03更新

こんにちは。

さいたま市中央区、与野駅西口の腰痛治療専門治療院「よの中接骨院」です。

k

 

先日お尻から足までが痺れて、座っているのが辛く、夜も眠れない、という患者さんがいらっしゃいました。

まず最初に整形外科に行ったらしいのですが、レントゲン写真上では全く異常がなかったので「特に異常は見当たりませんね。とりあえず湿布を出しておきますので様子をみてください。また2週間後に来てください」で帰らされてしまった、との事。

特に治療も何もなく、ただ様子見ましょうで終了。

とても不安になったとの事で当院に来院してくださいました。

 

当院でしっかり検査したところ、骨盤の歪みや、脊椎の歪みが見受けられ、神経痛を引き起こしてしまっていることが解りました。

その歪みを整える処置をしていく事で脚の痺れや、お尻のシビレはかなり良くなってきています。

関節の歪みや動きなどはレントゲンでは判断できません。仕方のない事です。

他の検査方法で診ていくと違った原因が見つかりますね。

症状があるってことは必ず原因もあるはず。

 

「お医者さんに行ったけど異常なしって言われたしな〜」

 

それは画像上の判断のみでの異常なしですよ!


 

 よの中接骨院では地域で唯一の「骨盤矯正専用処置台」と「脊柱処置台」があります

 そのため他の病院に行ったけどどうにもならなっかった多くの患者様に支持されています。

 ・脊柱管狭窄症

 ・椎間板ヘルニア

 ・坐骨神経痛

 ・股関節痛

 ・産後の骨盤矯正

 ・後縦靭帯骨化症

 ・手のシビレ

  このような方々が多数来院しています。


 

 当院に来る前はこのような悩みをお持ちでした・・・

 ・足が痺れて夜も眠れない

 ・お尻あたりから足にかけて痺れて長い時間座っていられない

 ・200メートル歩くと腰が痛くて座り込んでしまう

 ・下に落ちた物が拾えない

 ・自分で普通に靴下が履けない

 ・痛みで目が覚める

 ・病院でヘルニア手術って言われたけど手術は嫌だ

 ・痛み止めの薬をずっと飲み続けているけど、そろそろ卒業したい

 あっ!私も当てはまるかも・・・というあなた。

 すぐにご連絡ください。

「シビレや痛みから解放された生活」

に必ず当院が導きます。

是非一度当院のホームページを覗いてみてください!

め

 

ご登録いただいた方限定!お役立ち情報やお得な情報ををお届けします。

     ↓   ↓   ↓

 

友だち追加

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

よの中央接骨院の口コミをもっと見る