院長の気ままブログ

2016.05.24更新

こんにちは。さいたま市中央区、与野駅近くで骨盤矯正、整体治療、交通事故治療を得意としています「よの中央接骨院」です。 

産後の骨盤矯正は、女性ならば気になる話題ではないでしょうか?

 

             z
 

3kgの胎児が常に骨盤に負担をかけていること、また産道を広げるために骨盤周辺の関節の結合が緩くなること、そして出産時の負担で骨盤に歪みが生じます。

 
また妊娠中は、骨盤が後ろに傾いた体勢が多いです。
 
なので出産後も、後ろに傾いたまま戻らないことも珍しくありません。
 

そのまま放っておくと姿勢が崩れます。
 
背骨が悪い意味で真っ直ぐになるストレートネックなどで首・肩の症状が出ます。
 
また、膝がどうしても前に出ようとするので膝痛にもなり、膝痛を庇ううちに腰痛とどんどん派生していきます。
 

産後の骨盤矯正を怠って育児・仕事に取り掛かると、生理不順などの女性器症状に悩まされることもあります。
 
 


骨盤矯正に限った話ではありませんが、矯正治療は早めに行えば確実に不快症状がなくなってきます。
 

それに早ければ、大半は1ヶ月ちょっとの短い期間で済みます。
 


さいたま市で産後の骨盤矯正治療をお考えの方は、一度当院までお問い合わせください。
 

お問い合わせはこちら↓↓↓

  048−824−3075

  電話で「ブログ見た」とお伝え下さい!

 与野・さいたま新都心・北浦和で整体・交通事故治療ならよの中央接骨院

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2016.05.17更新

こんにちは。さいたま市中央区、与野駅近くで骨盤矯正、整体治療、交通事故治療を得意としています「よの中央接骨院」です。

筋肉の柔軟性...

結構誤解されている方がいらっしゃいます。

筋肉の柔軟性は、普段動かない人の方が圧倒的に悪いです。
「なにもしていないのに、痛くなった」と、
よく聞きますが、それは当然のことなんですよね。
 
乳酸などの老廃物が筋肉に溜まることが
柔軟性を低下させる大きな要因です。
なぜ、溜まるかといえば
筋肉を動かさないからです。
筋肉のポンプのような動きで、老廃物は筋肉から排泄されます。
 
        z
 
筋肉の柔軟性を戻すために、
ストレッチなりマッサージなりをすればいいんですが、
すぐ固くなることが多いです。
原因は簡単なもので、
筋肉が動かせない状況があるからです。
 
筋肉は関節を動かすものですが、
関節が固くなっていると
どうあがいても動かせません。
動かないので筋肉はまた固くなります。
 
 
関節が動かないって、イメージしづらいかもしれませんね。
腰痛を例にとると、
大半の方は腰を反る動きができなくなっています。
腰が丸くなったまま固まっているとでも、言えばいいでしょうか?
筋肉が固いせいで腰が反れないと思うかもしれませんが、
実際は、腰椎や仙腸関節が反る方向に
動けなくなっていることが原因です。
 
 
 
どれだけ、腰回りの筋肉の柔軟性を良くしても
関節が動かないので
日常的に腰の筋肉が動かず、痛みをぶり返す結果になります。
 
また、やっかいなことに動かなくなった関節を
自力で動くようにすることは困難です。
いや、ほぼ無理と言ってもいいかもしれません。
それくらい、難しいということです。
 
 
 
関節を動くようにする方法、それが矯正です。
骨盤矯正は、骨盤回りの関節の動きを取り戻す治療になります。
動かない方向を見つけて、動くようにするものです。
関節が動く→筋肉が動く→老廃物が排泄される→痛みが取れる
こんな流れで治療は進んでいきます。

 

姿勢が悪いとまわりの人から言われて気になっている方は今すぐお問い合わせください!

お問い合わせはこちら↓↓↓

  048−824−3075

  電話で「ブログ見た」とお伝え下さい!

 与野・さいたま新都心・北浦和で整体・交通事故治療ならよの中央接骨院

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2016.05.09更新

 

こんにちは。さいたま市中央区、与野駅近くで骨盤矯正、整体治療、交通事故治療を得意としています「よの中央接骨院」です。

姿勢をよくするために、筋トレ・ヨガなどに取り組まれる方は多いと思います。
筋肉をつけたり、柔らかくしたりして身体のバランスを取ろうと、必死に努力されているのでしょう。
あなたも、姿勢をよくするために何かされていますか?

      1

↓↓↓ここで、タイトルの答えです。↓↓↓


姿勢が良い人は例外なく、きっちりアゴを引けます。
アゴが引けないと、頭が胴体より前に出てきます。

デスクワークされている方だと、6センチくらい頭が前に出ていることもあります。


頭が2.5センチ前に出ると、肩・首には4キロほどの負荷が余計に掛かると言われています。
6センチともなると、肩・首に10キロくらい負荷が掛かるでしょう。
実際には、それプラス頭の重さも掛かります。

それを、24時間365日繰り返したら、身体が壊れちゃいますね。

 

筋肉をつけること柔らかくすることが、無駄というわけではありません。
でも、それは傾いた建物に対して、「壁や柱を補強しよう」と言っているのと変わりません。
普通、「壁や柱の補強も大事だけど、傾きをなおそう」という考えになるはずです。

 

アゴの引き方ですが、二重アゴを作るようにしてアゴを引きます。
注意点は、アゴを引いたときに下を向かないこと、肩に力を入れないことです。
アゴだけ引いて首から下は力を抜くようにすると、上手くいきやすいです。

習慣化するには最低でも3週間は必要です。
一度身につけば、ちょっとやそっとでは姿勢が崩れることはないです。
慢性的な痛みにはとても効果的です。
スタイルも崩れにくくなり、
もちろん、疲れにくいです。

姿勢が悪いとまわりの人から言われて気になっている方は今すぐお問い合わせください!

お問い合わせはこちら↓↓↓

  048−824−3075

  電話で「ブログ見た」とお伝え下さい!

 与野・さいたま新都心・北浦和で整体・交通事故治療ならよの中央接骨院

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

よの中央接骨院の口コミをもっと見る