院長の気ままブログ

2016.01.26更新

前腕部は筋が3つの区画に分かれていて、この区画内の内圧が上昇して血行障害や神経障害をきたし、筋の機能不全を引き起こしたり場合によっては筋壊死にいたるものもあります。これをコンパートメント症候群といいます。

前腕の3つの区画には、①屈筋群コンパートメント、②伸筋群コンパートメント、③橈側伸筋群コンパートメントがありますが、コンパートメント症候群を起こすのはほとんどが屈筋群コンパートメントです。

 

発生機序

コンパートメント症候群には、

⑴骨折や打撲、組織の圧挫など外傷による筋内出血、浮腫により発生する急性型のもの。

⑵ウエイトトレーニング、オートバイレース、車椅子レース、剣道などの運動を続けたりすると発生する慢性型のもの。

⑶きつい包帯やギプスなどによる圧迫により発生するもの

があります。慢性型は、運動による筋容量の増大に対応して区画が拡大できない結果発症します。原因として筋膜の肥厚が考えられます。また、長時間のトレーニングにより筋肥大が区画内の余地をすでに少なくしてしまっている可能性もあります。

      んーーーーーー

 

症状

急性型は急速に症状が進行します。初期症状としましては、障害されたコンパートメントに一致した圧痛、自発痛、腫脹があります。

特徴は、障害されたコンパートメントの筋を他動的に伸展させると痛みが増強することです。

進行するとコンパートメントは硬く腫脹し、手指は屈曲位を取るようになって感覚障害や運動麻痺がみられます。

最終的にはフォルクマン拘縮や鷲手変形、前腕回内拘縮などをきたし、不可逆的(治らない)な変化に至ります。

慢性型は可逆性(治る)な変化で、運動中に痛みを生じるものであって、安静時には症状がありません。

 

治療法

急性型は急速に進行するので、高挙および冷却し、内圧の上昇を極力防ぎ、至急医療機関に搬送しなければなりません。包帯、ギプス装着時であればすみやかに除去します。

慢性型では冷却し、安静を保持し、スポーツ活動を休止します。

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2016.01.19更新

ハムストリングス(裏もも)の肉離れは、ハムストリングスが遠心性収縮(筋肉が収縮しようとしている状態で伸展される)をした際に発生しやすく、下腿が振り出されてから接地に至る際や、接地している状態から蹴りだされる際(短距離走のスタートダッシュなど)に起こりやすいです。

受傷時には、鋭く、力の抜けるような痛みや、場合によっては音が聞こえるような、突然の衝撃を感じることが多いです。

その他の要因として①筋疲労、②先行する筋損傷の存在、③左右のハムストリングスの筋力のアンバランス、④ハムストリングスと大腿四頭筋の筋力のアンバランスなどが考えられます。

       お

 

症状

損傷部位に圧痛があり、腫脹、皮下出血斑、筋の硬結や陥凹などが重症度に応じてみられます。

陥凹は損傷後数時間経過すると血腫が損傷部を満たし、触れにくくなります。

重症度では、膝を完全伸展(伸ばす)することができません。また成長期の重症例では坐骨結節の裂離骨折をみることもあります。MRI検査は損傷の程度を確認するのに有用です。

 

治療法

ハムストリングスの肉離れは再発の可能性が非常に高いので、しっかりとしたリハビリテーションが必要不可欠です。

他の肉離れと同様に、重度損傷では手術もあり得ますが、それ以外は保存的に十分なアスレチックリハビリテーションを行うことにより回復していきます。

損傷初期には重症度に関係なくRICE処置を行い、リハビリテーションは急性期症状が落ち着いてから開始します。(受傷後3~5日後)

ストレッチング、筋力強化、筋バランス、ハムストリングスの機能の回復などを徐々に行っていきます。

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2016.01.12更新

肘内障は2~4歳の幼小児特有の障害であって、非常に発生頻度が高いです。

多くの場合、親御さんが子供の手を引っ張った際に発生することから「肘引っ張り症候群」とも別称されます。

肘内障の多くは強い引っ張り力に前腕回内力(手のひらを下にするような力)が加わり、輪状靱帯の下を橈骨頭がくぐりぬけることによって発生します。

橈骨頭は、輪状靱帯によって橈骨切痕に固定されていて、前腕の回旋運動はこの輪状靱帯の中を橈骨頭が回転することによって起こります。

また、この年代によくみられる全身性関節弛緩や橈骨頭の大部分が軟骨成分であることが肘内障を起こす原因と考えられます。

             pokpokkp

 

症状

1:肘関節外側の運動痛

2:ある程度の角度までは肘を屈曲したり前腕を回旋したりできますが、それ以上の屈曲、回旋強制は不安感や疼痛があり、動かすことができません。

3:局所の腫脹、発赤は見られません。

 

受傷するのが幼小児なために原因がはっきりしない場合もあります。腕を押さえていても局部に変形がない場合には鎖骨が折れている可能性もあるので注意が必要です。

肘内障は、くぐり抜けてしまった橈骨頭を整復すると多くの場合ですぐに腕を動かすことができます。特別な固定などは必要なく、冷やしたり提肘程度でよいです。

ですが、肘内障の多くが親御さんの手の引っ張りによって発生しているので子供に痛い思いをさせないためにもできるだけ手を強く引っ張らないようにして肘内障の発生を防ぎましょう。

     でゃいううぇおかきくけこ

 

 

 

 

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

よの中央接骨院の口コミをもっと見る