院長の気ままブログ

2015.12.29更新

年の瀬も押し詰まり、ご多用のことと存じ上げます。
年末年始の診療は、下記のとおりとさせていただきます。
皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご容赦願います。
今年一年ご愛顧を賜りまして大変感謝申し上げますと伴に、皆様のご多幸をお祈りいたします 。

                         院長 蔵楽俊樹

     年内診療   平成27年12月29日 
     年始診療   平成28年1月5日   

                                    より通常診療  
                                                         

j

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

2015.12.19更新

足関節の捻挫は日常的にみられる外傷の1つであり、アメリカでは1日に23,000件の発生があるともいわれています。中でもスポーツの現場ではよくみられる外傷であり、多くの方が経験をしたことがあると思います。

足関節は上跳躍関節とも呼ばれ、脛骨、腓骨、距骨の3つより構成されており、この足関節を補強する靱帯は外側側副靱帯(前距腓靭帯、後距腓靱帯、踵腓靱帯に区別される)と内側側副靱帯(三角靱帯)に大別されます。

損傷されやすいのは外側側副靱帯で、その中でも前距腓靱帯の損傷が多くみられます。

前距腓靭帯には足関節の内がえしを抑制するだけでなく、距骨の前方移動を抑制する機能があります。したがって前距腓靭帯損傷では足関節の内反動揺性、前方引き出し症状が著明となります。

     い

 

捻挫とは関節の可動域を超えて動いてしまったことにより、関節を包む関節包や靱帯、筋肉などを損傷した状態のことをいいます。捻挫により外側側副靱帯を損傷すると、足関節の外側部に疼痛、腫脹がみられ、数日後には外果(外くるぶし)下方に皮下出血斑が出現します。受傷直後には疼痛のため起立不能となることもありますが、しばらくすると歩行可能となる場合があります。また、受傷時の肢位を強制的にとらせると疼痛が誘発されます。

 

治療法

捻挫は、「捻挫だから大丈夫だ」などと言われることも意外と多く、そのまま運動したり、放ったらかしにしたり、きちんと治さなかったりしがちですが、そうすると捻挫がクセになるために何回も繰り返したり、より大きな怪我に繋がってしまう場合もあるので適切な治療が必要です。

初期には損傷度の軽重に関係なく、RICE処置の原則に従い、安静、冷却、圧迫、挙上を行います。

急性期が過ぎれば、早期から足関節部の等尺性収縮運動や足指の運動を行います。これにより筋力低下を防ぎ、復帰しやすくします。

固定の不備や固定期間の不足は、靱帯の癒合が不備になり不安定性が残ったり、再発の原因となってしまうので注意が必要です。

 

 

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

entryの検索

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内 腰痛 産前産後 肩こり頭痛 ひざ痛 坐骨神経痛 アクセス・受付時間 院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る

googlec12817d727eeafd2.html