院長の気ままブログ

2019.11.26更新


辛い腰痛や肩こりは、マッサージを受けたり痛み止めの薬を飲む、湿布を貼るといった応急処置だけでは根本からの解決にはいたりません。しっかり原因を見極めて、腰痛、肩こりのない健康的な体を目指しましょう。

 

腰痛治療

 

<目次>

 

腰痛や肩こりの原因①体力の低下

腰痛や肩こりの原因②デスクワーク

腰痛や肩こりの原因③目の疲れ

腰痛や肩こりの治し方①姿勢を改善する

腰痛や肩こりの治し方②リラックスする時間を作る

 

 

腰痛や肩こりの原因①体力の低下


体力が低下すると、歩き方や座り方に無理が生じて、腰や肩に負担がかかるようになってしまいます。気づかない内にそのように負担のかかる姿勢を続けてしまうために、腰痛や肩こりがなかなか治らない…という事態に陥ってしまうのです。
体力の低下は、加齢によるものもありますが、若い方にも当てはまります。車を使った移動が多い、エスカレーター、エレベーターばかり使っている、便利な家電を駆使していてあまり家事をしなくなったなど、知らず知らずの内に体を動かす機会を自ら減らしているかもしれません!

腰痛や肩こりの原因②デスクワーク


腰痛や肩こりは体力仕事をしている人に当てはまる印象がありますが、デスクワークをしている人も注意が必要です。長時間同じ姿勢を続けることになるので腰への負担が大きく、パソコンを見るため前かがみ、猫背の姿勢が続いていると肩や首の負担も大きくなります。
体力仕事をしている人は適度に休憩を取ったり、よく体を動かしているので意外と腰痛や肩こりには悩んでいないという方が多いのです。
知らない内に筋肉の疲労を溜め込んでしまうデスクワークの人こそ、腰痛や肩こりに気をつける必要があります。

腰痛や肩こりの原因③目の疲れ


先程のデスクワークと少し似ていますが、目の疲れも肩こりや腰痛には影響を与えます。
パソコンやスマホを長時間見ていると視神経の機能が低下し、目の焦点を合わせにくくなります。この状態が続くことで目は焦点をあわせるためにフル稼働しなければならず、疲れが生じてしまいます。
また、仕事などで一生懸命パソコンを見ていると同じ姿勢が続き、首も前のめりになりがちに。首の血行が悪くなることで肩こりにつながります。
仕事はデスクワーク、帰ってからもスマホやテレビを長時間見ているといった生活を続けている方はとくに注意が必要です。

腰痛予防

 

腰痛や肩こりの治し方①姿勢を改善する


腰痛や肩こりを治すには、まず姿勢を意識することが大切です。正しい姿勢を心がけ、腰や肩に負担がかからないようにしましょう。
立っているときは両足にバランスよく重心をかけ、背筋を伸ばします。首の上にしっかり頭を乗せるように意識することで、首への負担も軽減できますよ。
座っているときは、足を組まないようにしましょう。足を組むと背中や腰の骨にも悪影響が出て、体全体の疲労につながります。このときも背筋と首を意識するようにしましょう。

腰痛や肩こりの治し方②リラックスする時間を作る


仕事やプライベートで目を酷使している方は、1日1時間程度、目を使わずにリラックスする時間を作りましょう。お風呂にじっくり入って体を温めるのもおすすめですよ。
適度な運動をすると副交感神経が刺激され、リラックスして安眠できるようになります。体の緊張をほぐすことは腰痛や肩こりの改善にも効果的。
階段を使うようにする、ひと駅余分に歩くなど簡単なことからで構いません。ぜひ試してみてください。

腰痛や肩こりにお悩みの方はよの中央接骨院へ
腰痛や肩こりがひどく、なにをやっても改善しない…という方は、よの中央接骨院へご相談ください。
腰痛や肩こりの原因は人それぞれ。あなたの痛みの原因を一緒に解明し、改善するお手伝いをさせていただきます。
その他骨盤のゆがみや、産前産後の腰痛、ダイエットなどのご相談も受け付けております!まずはお気軽にご来院ください。

 

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

entryの検索

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内 腰痛 産前産後 肩こり頭痛 ひざ痛 坐骨神経痛 アクセス・受付時間 院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る

googlec12817d727eeafd2.html