院長の気ままブログ

2018.11.05更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/7.jpg

腰や足全体にビリビリとした嫌な痛みを伴う坐骨神経痛。症状がひどくなると日常生活にも影響を与え、不快な日々が続いてしまいますよね。今回は、そんな坐骨人圭痛の痛みを少しでも和らげるための姿勢をご紹介いたします。

<目次>

体のS字カーブを意識して!

立っているときに注意するポイント

座っているときに注意するポイント

眠っているときに注意するポイント

まとめ

 

体のS字カーブを意識して!



立っているとき、座っているときのどちらにも共通して言えるのが、体のS字カーブを意識することです。
背中の上の方から腰にかけて自然に反り、お尻が少しだけ突き出ているような姿勢が理想的です。
壁に背中をくっつけて立ったとき、腰にこぶし一つ分くらいスペースがあくのが正しい姿勢。意識しすぎて反り腰にならないように注意してくださいね。
S字カーブを意識しつつお腹を引っ込めお尻をキュっと引き締めるようにすると、腰への負担も少なくなり、痛みを和らげることができますよ。

立っているときに注意するポイント



立っているときは、先ほどご紹介したS字カーブを意識する他に体の重心を体の真ん中にかけること、足の裏全体でしっかり地面をふむように心がけることが大切です。
腰が痛くても猫背になることで背中に負担がかかりさらに腰痛を悪化させてしまう恐れがありますので、できるだけ背筋はきちんと伸ばした状態で立つようにしましょう。
だからと言って無理は禁物ですので、長時間立つのが辛いというときは無理をせずにこまめに休憩を挟むようにしてくださいね。

座っているときに注意するポイント


http://www.yono-chuou-s.com/asset/8.jpg

座っているときは、体の左右のバランスに注意する必要があります。足を組んだり、ひじをついたり、体のどちらかに負担がかかるような姿勢をする癖がついている方はとくに注意してください。左右の筋肉のバランスが崩れて、筋肉に負担がかかり、坐骨神経痛を悪化させる原因になってしまいます。
また、骨盤が傾くと坐骨神経痛の痛みが大きくなってしまいます。背もたれに背中をあずけるような座り方をすると骨盤が前に傾いてしまうので、できるだけ背もたれは使わず、先ほどご紹介したS字カーブを意識して骨盤を立てるように座ってみてください。
足を閉じて座るとどうしても猫背がちになってしまいますので、股関節を60度から90度ほど開いて座り、骨盤の位置を安定させることもおすすめですよ。

眠っているときに注意するポイント



眠っているときは、仰向けよりは横向きになって眠るのがおすすめです。背骨は自然に曲げ、ひざも軽く曲げるようにしましょう。背骨が一直線になるように、枕の高さをしっかり首に合わせることも大切です。
低反発や柔らかい素材のマットレスは一見優しい使い心地に思えますが、体が沈み込んでしまうため坐骨神経痛の改善には逆効果。固めのマットレスなどを敷くなど、寝具にも工夫をしてみてください。
仰向けになると腰が反ってしまい腰痛を悪化させてしまいますが、仰向けが楽だと感じる方はひざの下にクッションを敷いてみると、腰への負担を軽減することができますよ。
うつぶせは体をひねってしまい、腰痛を悪化させる原因となるので控えるようにしてください。

辛い坐骨神経痛はよの中央接骨院にご相談を



坐骨神経痛の痛みを和らげる立ち方、座り方、眠り方をご紹介いたしました。少しでも痛みを和らげるために、ぜひ今から実践してみてくださいね。
今回ご紹介したのはあくまで痛みを和らげるための方法です。きちんと治療しないことには坐骨神経痛の痛みはそのまま続いてしまいます。やはり、症状がひどくなる前に整形外科や接骨院で診てもらうことをおすすめします。

さいたま市中央区にお住まいの方は、ぜひよの中央接骨院へご相談ください。坐骨神経痛の治療も積極的に行っております。
その他腰痛や肩こり、頭痛など体の不調もお気軽にご相談ください。

 

banner

 

よの中央接骨院院長 蔵楽俊樹

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

entryの検索

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内 腰痛 産前産後 肩こり頭痛 ひざ痛 坐骨神経痛 アクセス・受付時間 院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る

googlec12817d727eeafd2.html