院長の気ままブログ

2018.09.27更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0040504307-1.jpg

腰や足に辛い痛みが走る坐骨神経痛。痛みが出てくると立つのもやっとで、歩けないほど痛いという方もいますよね。そんなとき、患部は冷やすべきなのか、温めるべきなのか、どちらが最適なのかをご紹介いたします。

 

<目次>

坐骨神経痛は温めるのが効果的!

坐骨神経痛の温め方①カイロ

坐骨神経痛の温め方②湯船に浸かる

坐骨神経痛の温め方③下半身を厚着する

急性腰痛の場合は温めないで!

 

坐骨神経痛は温めるのが効果的!



腰痛には2種類あります。捻挫やぎっくり腰などの急性の症状と、慢性的に腰痛が引き起こされる慢性の症状。坐骨神経痛は慢性腰痛にあたります。急性腰痛の場合は冷やすのがおすすめですが、慢性腰痛の場合は温めるのが最適です。
ですので、坐骨神経痛と診断されたらできるだけ患部は温めるようにしましょう!

坐骨神経痛の温め方①カイロ



では、どのように温めていけばいいのかを紹介します。
まずは痛みがある部分をカイロなどで直接温める方法。腰やお尻など、とくに痛みがひどい部分には貼るカイロを貼って生活するようにしましょう。痛む場所が多くどこに貼っていいのかわからないという方は、まず1、2枚カイロを貼ってみて、どこに貼ったときが一番症状が和らぐのかと考えてみてください。
ポイントとしては動いたときに痛む、押すと痛むといった箇所に貼るのがおすすめです。

坐骨神経痛の温め方②湯船に浸かる



次におすすめなのが湯船に浸かって体全体をしっかり温めるという方法です。ついシャワーで済ませてしまったり短時間だけ湯船に浸かってしまうという方は、今日からじっくり湯船に浸かるようにしてください。坐骨神経痛は筋肉が緊張して引き起こされている可能性も高いです。湯船でじんわり体を温めることで筋肉の緊張をほぐすことができ、痛みでストレスを感じていた体をリラックスさせてあげることができますよ。
できることなら半身浴などでしっかり汗をかき、体の芯から温まるようにしましょう。

坐骨神経痛の温め方③下半身を厚着する



下半身を温めることは坐骨神経痛の改善に大いに役立ちます。下半身は冷えやすく、冷えは坐骨神経痛を悪化させると言われています。とくに女性の場合はスカートを履いたり薄着することが多いので注意が必要です。
とくに温めてほしいのがふくらはぎ。ふくらはぎには毛細血管が多く、血液の流れも非常にゆっくりです。ふくらはぎで冷やされた血液がふともも、お尻、腰に流れてくることによってさらに坐骨神経痛の症状が顕著に出てしまいますので、ふくらはぎの冷えにはとくに注意しましょう。
自宅にいるときはレッグウォーマーなどを履き、いつも以上に足元を冷やさない工夫をしてください。分厚い素材のルームソックスを使用するのもおすすめです。室内の上部分しか温めてくれない暖房よりは、下から暖かい空気を送り込んでくれるガスファンヒーターなどを使って室内の温度管理をするのもおすすめ。寝ているときにも体が冷えないようにしてください。
外出する際も下半身の薄着は控え、パンツやソックスを着用するようにしましょう。

急性腰痛の場合は温めないで!



坐骨神経痛の痛みを取り除くためにできる体のあたため方をご紹介いたしました。しかし、ぎっくり腰などの急性腰痛の場合はこれらを行うと逆に痛みが強くなってしまいます。最近では急性腰痛も温めた方がいいのでは?という意見もありますが、専門家のもとで正しい治療方法を提案してもらうのが先決。自分の腰の痛みがどちらなのかわからない場合は整形外科や接骨院で相談しましょう。

坐骨神経痛の治療はよの中央接骨院で


http://www.yono-chuou-s.com/asset/gahag-0039423621-1.jpg
坐骨神経痛にお悩みの方は、ぜひよの中央接骨院にご相談ください。マッサージやその他の治療で、あなたの辛い腰の痛みを解決するお手伝いをさせていただきます。日常生活でできることなどもアドバイスさせていただきますので、わからないこと、不安なことがあればどんどん質問してくださいね!

 

banner

 

 よの中央接骨院院長蔵楽俊樹

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

entryの検索

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内 腰痛 産前産後 肩こり頭痛 ひざ痛 坐骨神経痛 アクセス・受付時間 院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る

googlec12817d727eeafd2.html