院長の気ままブログ

2018.07.09更新

http://www.yono-chuou-s.com/asset/1.jpg

産後、妊娠前の体型に戻らず苦労している女性は多いですよね。産後のダイエットには、骨盤の位置を意識することが大切です。産後ダイエットに効果的な骨盤スクワットをご紹介いたします。

目次

産後の骨盤はどうなっている?

骨盤スクワットのメリット

骨盤スクワットはいつから行うのが効果的?

骨盤スクワットのやり方

産後の骨盤矯正ってどうなの?

 

産後の骨盤はどうなっている?



妊娠中、女性の体からは子宮周りの靭帯を緩めるリラキシンというホルモンが分泌されます。このおかげで出産がしやすくなるのですが、骨盤の状態が不安定になってしまいます。
妊娠後、骨盤が緩んだ状態を放置していると骨盤が開いた状態になったり歪んだりします。骨盤のゆがみは筋肉に負担を与え、血流も悪くさせてしまうため、ダイエットしにくくなったり、体重は減らせてももとの体型に戻れない!という事態に陥ってしまうのです。
出産後、妊娠前のような体型に戻るためには、骨盤の位置を整えるとともに骨盤周りや足の筋肉を鍛えて、血流もよくすることが大切です。

骨盤スクワットのメリット



産後のダイエットにもおすすめな骨盤スクワット。骨盤スクワットとは、妊娠や出産によって開いたりゆがんでしまった骨盤をもとの位置に戻す働きを担っています。
また、インナーマッスルを鍛えることができ、基礎代謝をアップする働きも!基礎代謝がアップすると日常生活を送っているだけでも消費されるカロリーが増えるため、痩せやすい体質を目指すことが可能になります。
正しい姿勢で行えば姿勢の改善や肩こり、腰痛の予防、改善にもつながります。
他にも骨盤スクワットをすることで血流がよくなるので冷えやむくみを解消できたり、生理痛の緩和にも役立ちます。

骨盤スクワットはいつから行うのが効果的?



早く妊娠前の体型に戻りたい!と焦る気持ちも十分わかりますが、産後のデリケートな体で無理をするのは禁物です。
骨盤スクワットを始めるのは産後1ヶ月くらいがおすすめです。それでもまた人によっては体調がすぐれない場合もありますので、くれぐれも無理はしないようにしてくださいね。
産後すぐや1ヶ月経ってもまた体調が戻らないという方は、骨盤矯正ベルトなどを利用して骨盤の位置を整えていくことをおすすめします。産後すぐでも使えるような優しい使い心地のものを選び、無理にきつく締め付けないようにしてください。

骨盤スクワットのやり方



では、骨盤スクワットの正しいやり方をチェックしていきましょう。
まず、肩幅くらいに足を開いて立ちます。つま先はできるだけ体の外に向けてください。
上半身はまっすぐのまま、前後に揺れないように意識しながらゆっくりひざを落としていきます。30秒から45秒程度、時間をかけて落としていくようにしてください。
このとき重心がひざにならず、お尻をしっかり落とすように意識してください。
その後、15秒かけてゆっくりもとの姿勢に戻ります。
今後はつま先をできるだけ体の内側に向けて、同じようにゆっくりひざを落としていきます。
30秒から45秒かけてひざを落としたら、上半身を前に倒して15秒キープ。背中がが曲がらないように注意してください。
その後、ゆっくりと最初の姿勢に戻していきます。
このセットを1日1回、続けてみてください。だいたい3分くらいで行うことができるので、忙しい育児のあいだでも時間を見つけてチャレンジすることができそうですね!
7日間続けて3日休む、というサイクルで行うと筋肉への負担も少なく、スムーズに骨盤を矯正しながらインナーマッスルを鍛えることができますよ。

産後の骨盤矯正はよの中央接骨院へ!


http://www.yono-chuou-s.com/asset/2.jpg


産後の骨盤スクワットについてご紹介いたしました。自宅でのケアだけでは不安、自分の骨盤がどんな状態か知りたいという方は、よの中央接骨院へご相談ください。産後のダイエットや骨盤矯正についでも詳しくアドバイスさせていただきます!

banner

 

よの中央接骨院院長 蔵楽俊樹

 

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

entryの検索

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

交通事故に遭われてお困りの方へ料金案内アクセス・受付時間院長の気ままブログ患者様の声推薦者の声Facebook LINE@バナー

よの中央接骨院の口コミをもっと見る