院長の気ままブログ

2017.10.30更新

さいたま市の腰痛専門治療院「よの中央接骨院」です。

 

 「美脚」とか「美尻」とかって言葉を最近よく聞きますね。

 

今回は「脚をもっと細くしたい」というお悩みの方が多いので、効率的に脚やせをしていくための方法を「骨盤矯正専門家」の視点からレクチャーさせていただきます。

 美脚

1.腰(ウエスト)部分までが脚!と考えると

 大体の方は、「脚」と言えば付け根の部分から下の方、股関節より下と、それより上はまた別物、として分けて考えがち。しかし美脚を目標としたなら腰部(ウエスト)より下を全部脚として捉えて考えましょう。

「下半身を全て脚部」と捉えると、美脚ケアは腰部(ウエスト部分)から下の部分は全てやることになりますね。その方が全体的にみたとき、脚のラインも整えやすく、かつ上半身とのバランスも自然と良くなってきます。

2.カラダの中心は…

 

2-1.重要なのは骨盤!

 その中でも何より重要なのは骨盤。なるべく楽に美脚を目指すのであれば、骨盤の存在は絶対に無視できませんよね?上半身と下半身を繋ぐ、カラダの中心にある骨盤。この骨盤が少しでも歪んでいると、下半身の循環も悪くなり、全身の代謝も落ちてしまいます。そうするとなかなか脚ヤセしていきません。当然お腹周りも代謝が落ちることによってサイズアップ!なんてことにも…

 

2-2.骨盤の歪みは

 カラダの中心である骨盤部分の歪みが整ってバランスが良くなり、正常に動き始めるとどんなことが起きるのか?上半身の体重がしっかり骨盤部分に乗っかり、腹筋が鍛えられます。理想的にいい姿勢で過ごすことがとても楽になります。そうすると次の段階で、歩き方や座り方が綺麗になってどんどん良い方向に!

骨盤の歪みを整えるだけで脚やせの効率がグンと上がってスピードアップ。

 

3.まずは自己チェック

 

3-1.まず最初に

 まずはご自身の足を。内股になっていませんか?街中を見渡すと内股になってしまっている方が非常に多い。自然に立った状態、例えば駅のホームやエスカレーターなど。スッと立った時につま先が両方もしくは片方、内側に向いてしまっている方をいっぱい見ます。大体が骨盤が開いてしまってるとそうなります。スマホやパソコンを長時間やる影響から、骨盤が歪み猫背やストレートネックになっている方が多く、そういった方はほぼ必ずといってイイほど骨盤が歪んでいます。

今度、エスカレーターなど、自然にパっと立った時、つま先の方向チェックしてみてください。両足、もしくは片足のつま先が内側を向いていませんか?

もし内側を向いていたら…骨盤が歪んでいるでしょう。意識していない時が自己チェックのチャンスなので、気が付いた時に見てみてください。

3-2.つぎは

 内股チェックの次は、当然ですがガニ股。たまに、というかこのガニ股女性、割と多いんです。日常的にはく靴の影響などもありますが、当然ガニ股も骨盤の歪みサイン。女性の場合は見た目的にも良くはないですもんね。どちらにせよ骨盤の歪みがセットになっているので、チェックしてみてくださいね。

 

4.骨盤の歪みをなおすには!

4-1.骨盤の歪みを軽減するには

骨盤の歪みをなおす時、まず最初にやるべきことは座り方えを変えること。これをまず一番最初に見直してください。これだけでもかなり変わってきます。足を組む、椅子の上で胡座をかくなんてのは以ての外。

正しい座り方

4-2.骨盤を整える座り方

イスに座った時に股関節(脚の付け根部分)の真上に上半身の体重がうまく乗るようにイメージをして座るようにすると、きちんと骨盤がまっすぐに立った状態で座ることができると思います。背中を丸めて猫背で背もたれにもたれかかって座っている方が非常に多いのですが、オススメできません。すぐにやめましょう。内臓にも負担がかかるし、骨盤が寝てしまう状態を長く続けることにより、どんどん骨盤の歪みが酷くなって、さらに姿勢も悪くなり、全体的なバランスを崩してしまいます。

 

5.骨盤を整えるエクササイズ

座り方をまずは見直して、次にできることは。骨盤引き締めエクササイズ。やり方はとても簡単です。

まず肩幅より少し広めに足を広げます。その時必ず守ってほしいのは足をつく位置。両方のつま先がまっすぐ前の方向を向いて、足部の内側が左右平行になるように足を着く事。ここが内側に入ってしまったり外側に向いてしまっていると、骨盤の引き締め効果がかなり低くなってしまいます。

スクワット

その体勢から腕を前にまっすぐ出して、息を吐きながら、可能な限りゆっくりとしゃがんでいきます。その際上半身はまっすぐの状態を保ちつつ、視線を決して下げない。 胸を張った状態ですね。ゆっくり息を吐き出しながら、理想としては8秒くらいかけてしゃがみきります。初めてそこで息を吸う。一呼吸置いたところで再び息を吐きながらゆっくり(8秒かけて)立ち上がる。もちろん背筋は真っ直ぐ伸ばしたままで。

この一連の動作をできるだけゆっくりと、10回繰り返す。

そうすることによって、骨盤の歪みも整い、骨盤周りの筋肉にも作用してウエスト〜ヒップ周りの引き締めにもなります。結果的には美脚、脚やせにもつながり、全身の代謝もアップして良いことずくめ。

いかがですか?

これは試してみる価値ありでしょ?

 

解らないことやスクワット方法などご不明な点はご連絡くださいね!

お友達登録後お問い合わせください。

 ↓          ↓

 

友だち追加

 

よの中央接骨院

投稿者: よの中央接骨院 院長|蔵楽 俊樹

entryの検索

よの中央接骨院 TEL048-824-3075

inq_sp.png

メールでのお問い合わせ

よの中央接骨院の口コミをもっと見る